福娘童話集 > きょうの百物語 福娘童話集 きょうの百物語 童話・昔話・おとぎ話の福娘童話集
 


福娘童話集 > きょうの百物語 > 11月の百物語 > 幽霊の仕返し

11月8日の百物語

ゆうれいのしかえし

幽霊の仕返し

♪音声配信(html5)
朗読者 ; ぬけさくのいちねん草紙

 むかしむかし、ある村に、みすぼらしい旅のお坊さんがやってきました。
 日が暮れてきたので、お坊さんは庄屋(しょうや)さんの門を叩いて言いました。
「旅の僧です。どうか一晩、泊めてください」
 すると庄屋さんが出てきて、怖い顔で言いました。
「気の毒だが、泊められん。
 実はこのあいだ、泊めてやった旅の男に大事な物をとられてしまった。
 たとえ坊さんでも、旅の者は泊めない事にしたんだ。
 さあ、はやく立ち去れ」
「・・・それでは、仕方がない」
 お坊さんがトボトボ歩いて行くと、墓場に出ました。
 墓場には、新しい土まんじゅうが出来ています。
 むかしは人がなくなるとお墓に棺おけを埋めて、その上に土をかぶせてお墓にしたのです。
 その形がまんじゅうに似ている事から、『土まんじゅう』と呼んだのです。
「申し訳ないが、ここで一晩、ごやっかいになりますよ」
 お坊さんは土まんじゅうをおがんでから、それをまくらに横になりました。

 その真夜中、寝ているお坊さんの前に、白い着物を着た男の幽霊が現れました。
 幽霊はお坊さんに、声を掛けます。
「もしもし、お坊さん」
 その声に、お坊さんは目を覚ましました。
 お坊さんは幽霊を見ても驚かず、幽霊にやさしく言いました。
「これはこれは。あなたはこの土まんじゅうの幽霊ですか?」
「はい。くやしい事があって、あの世へ行けないでいます」
「よろしければ、わけを話してくれませんか」
「はい、ぜひとも聞いてください。
 わたしは、この村の庄屋さんの屋敷で働いていた者です。
 その屋敷に旅の男が泊まり、屋敷の物を盗んで逃げたのです。
 庄屋さんは、その泥棒が捕まらない腹いせに、
『お前が泥棒を屋敷に引き入れたのだろう。そんなやつは許せん』
と、わたしに泥棒の罪をかぶせて、刀で切り殺したのです」
「そりゃあ、ひどい!」
「わたしは何とか仕返しをしようと、毎晩幽霊にやって屋敷に行くのですが、屋敷の入り口には幽霊よけのお札がはっている為、中に入る事が出来ません。
 なにとぞ、幽霊よけのお札をはぎ取ってはいただけないでしょうか」
 幽霊は涙を流しながら、お坊さんに手を合わせました。
 お坊さんはこれまでにも何度か幽霊に出会いましたが、お願い事をされたのは初めてです。
「うむ。罪もない人間に罪をかぶせて殺すなんて、とんでもない話だ。すぐに行って、お札をはがしてやろう」
 お坊さんは庄屋さんの屋敷に戻ると、入り口にはってある幽霊よけのお札をペッとはがしてやりました。
「ありがとうございます」
 幽霊はお坊さんにお礼を言うと、お札がなくなった入り口から屋敷に入って行きました。
 そのすぐ後、
「助けてくれえ! 幽霊だー!」
と、庄屋さんの叫び声がしたかと思うと、
「大変だー! 旦那さまが幽霊に驚いて、命を落とされたぞ!」
と、屋敷の中が大変な騒ぎになりました。
「これであの幽霊も、あの世へ行けよう」
 お坊さんは、静かにその場を立ち去りました。

おしまい

前のページへ戻る


     11月 8日の豆知識

366日への旅
きょうの記念日
レントゲンの日
きょうの誕生花
梅擬き(うめもどき)
きょうの誕生日・出来事
1975年 坂口憲二(俳優)
恋の誕生日占い
不思議大好きな、ミステリアスな女の子
なぞなぞ小学校
点を取ると、大きくなる動物は?
あこがれの職業紹介
ゲームプロデューサー
恋の魔法とおまじない 313
美乳になるおまじない
  11月 8日の童話・昔話

福娘童話集
きょうの日本昔話
しょうじょ寺のタヌキばやし
きょうの世界昔話
お墓に入った可愛そうな少年
きょうの日本民話
桂川(かつらがわ)の餅屋の娘
きょうのイソップ童話
人間が初めて見たラクダ
きょうの江戸小話
おしゃべり
きょうの百物語
幽霊の仕返し
福娘のサイト
366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
福娘童話集
世界と日本の童話と昔話
女の子応援サイト -さくら-
誕生日占い、お仕事紹介、おまじない、など
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識