福娘童話集 > きょうの江戸小話 福娘童話集 きょうの小話 童話・昔話・おとぎ話の福娘童話集
 


福娘童話集 > きょうの江戸小話 > 4月の江戸小話 > めじるしの犬

4月14日の小話

めじるしの犬

めじるしの犬

♪おはなしをよんでもらう(html5)
朗読 : 青のぷよの世界♪

 長い間、山里から出たことがないおじいさんがいました。
 ある日、おじいさんが家族に言いました。
「生きているうちに、一度、京の見物をしたいもんじゃ」
 すると、家族はお金を工面して、おじいさんを京都見物に出してやる事にしたのです。
「いいかい、おじいさん。
 京の町は、どれも家のつくりが似ていますからね。
 迷子にならないよう、宿を出る時には、ちゃんとめじるしをつけていきなされや」
「わかった、わかった。心配いらんわい」

 さて、京の町の宿についたおじいさんは、さっそく宿のおかみさんに尋ねました。
「この近くで、見物するようなところはないかのう?」
「そうどすねえ。近くに新しいきれいな橋がかかりまして、たいそうな評判でございますえ。お客さんも、ごらんになられませ」
 そこでおじいさん、橋の見物に出かける事にしました。
「そうそう、めじるしを忘れてはいかんな。えーと、何かめじるしになる物は」
 外に出てながめると、宿屋の庭先に、大きな一匹の犬が寝ています。
「よし、あの犬をめじるしにすればよい。『庭先に、大きな犬が寝そべっている宿屋』。これを覚えておけば、間違いなく帰れるだろう」
 おじいさんは、橋を見物しました。
 さすがは京の町。
 赤いらんかんの見事な橋でした。
 ついつい感心しているうちに、日が暮れてきました。
「さて、宿屋に戻って、晩ご飯をいただこう」
 おじいさんは、庭先で犬が寝そべっている宿屋を探しましたが、どこを探しても見つかりません。
 犬は、どこかへ遊びに行ってしまったのでしょう。
「おーい、どこじゃ? 犬が寝そべっている宿屋はどこじゃ?」
 おじいさんは夜通し探し続けましたが、ついに宿屋を見つける事が出来ずに山里へ帰ってしまいました。

♪ちゃんちゃん
(おしまい)

前のページへ戻る


     4月14日の豆知識

366日への旅
きょうの記念日
SOSの日
きょうの誕生花
満天星(どうだんつつじ)
きょうの誕生日・出来事
1981年 小泉 進次カ (政治家)
恋の誕生日占い
着物が似合う和風美人
なぞなぞ小学校
ひもで出来てる鳥は?
あこがれの職業紹介
陶芸家
恋の魔法とおまじない 105
けんかをした友だちと仲直り出来るおまじない
  4月14日の童話・昔話

福娘童話集
きょうの日本昔話
しびれの薬
きょうの世界昔話
力比べ
きょうの日本民話
イモ掘り藤五郎
きょうのイソップ童話
カラスと水差し
きょうの江戸小話
目印(めじるし)の犬
きょうの百物語
もどり五斉
福娘のサイト
366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
福娘童話集
世界と日本の童話と昔話
女の子応援サイト -さくら-
誕生日占い、お仕事紹介、おまじない、など
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識