福娘童話集 きょうの百物語 童話・昔話・おとぎ話の福娘童話集
 


福娘童話集 > きょうの百物語 > 4月の百物語 > もどり五斉

4月14日の百物語

もどり五斉

もどり五斉
三重県の民話三重県情報

 むかしから旧の六月二十五日、二十六日は五斎(ごさい)の日といって、海女(あま)たちが海へ潜らない日と言われています。
 それはサメが沖にいて、海女たちを飲み込んでしまうからだとか、また城ヶ島(じょうがしま)に住んでいる大蛇が沖へ出て来て、海女を飲み込んでしまう日だと言われているからです。
 そのために村人たちは、城ヶ島を蛇ヶ島(へびがしま)だと恐れて、この付近に行こうとする者は一人もいませんでした。

 ある日の事、海女たちは一度大蛇の姿を見てみようと、大勢で島に渡りました。
 そこで一番の磯かつぎ(いそかつぎ→磯でえものをとるのが上手な)の海女が、海の底に潜って確かめる事にしました。
 海女が海底へ潜って行くと、美しく光り輝くみこし車に乗ったお姫さまが現れて、
「いつまでも海女などをせずに、この海底で暮らしませんか。そうすれば、アワビやサザエがどんなに喜ぶ事でしょう」
と、言ったのです。
 でも海女は、
「いえ、わたしが海女をやめれば村人たちは食べて行けなくなるので、海女をやめる事は出来ません」
と、答えました。
 するとお姫さまは、
「ですが、アワビやサザエがかわいそうではありませんか。自分たちの為に、他の命を奪っているのですよ」
と、言って、みこし車の中から大きな蚊帳(かや)を出して来て、いきなり海女の頭からすっぽりとかぶせたのです。
 蚊帳をかぶせられた海女は海底へと引き込まれて行きましたが、海女は持っていたカマで蚊帳を切り破ると、大急ぎで逃げ出しました。
 そしてやっとの事で、大島の近くまで逃げて来ると、
「今日は城ヶ島の神さまと、大島の神さまが夫婦になられる日だから、ここを通っちゃいかん。七本組のサメがお使いとしてついて行くぞ」
と、言う声が、どこからともなく海女の耳に聞こえて来ました。

 その頃、村ではみんなが、
「海へ潜って行った磯かつぎの海女が、まだ帰って来ないぞ。どうしたのだろうか?」
と、騒いでいました。
 すると、沖の方から来る海女があったので、さっそく漁夫が舟を近づけると磯かつぎの海女だったのです。
 漁夫は急いで海女を舟に乗せて、村に引き返しました。
 海女が村へ戻って来た日が、五斎の日よりも一日過ぎていたので、村人たちはこの日を、
《もどり五斎日(ごさいび)》
と、いう様になりました。
 それれからというもの、海女たちはこの島近くへは磯とりに行かなくなったという事です。

おしまい

前のページへ戻る


     4月14日の豆知識

366日への旅
きょうの記念日
SOSの日
きょうの誕生花
満天星(どうだんつつじ)
きょうの誕生日・出来事
1981年 小泉 進次カ (政治家)
恋の誕生日占い
着物が似合う和風美人
なぞなぞ小学校
ひもで出来てる鳥は?
あこがれの職業紹介
陶芸家
恋の魔法とおまじない 105
けんかをした友だちと仲直り出来るおまじない
  4月14日の童話・昔話

福娘童話集
きょうの日本昔話
しびれの薬
きょうの世界昔話
力比べ
きょうの日本民話
イモ掘り藤五郎
きょうのイソップ童話
カラスと水差し
きょうの江戸小話
目印(めじるし)の犬
きょうの百物語
もどり五斉
福娘のサイト
366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
福娘童話集
世界と日本の童話と昔話
女の子応援サイト -さくら-
誕生日占い、お仕事紹介、おまじない、など
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識