福娘童話集 > きょうの江戸小話 福娘童話集 きょうの小話 童話・昔話・おとぎ話の福娘童話集
 


福娘童話集 > きょうの江戸小話 > 5月の江戸小話 > いしゃちがい

5月6日の小話

いしゃちがい

いしゃちがい

♪おはなしをよんでもらう(html5)
朗読 : 悠が童話を読んでみます

 むかし、一人の医者が旅をしていました。
 ある田舎道を、歩いていると、
「もし、もし、医者どの」
と、誰から呼び止められましたが、辺りを見回しても誰もいません。
「はて、不思議な」
 しばらくキョロキョロしていましたが、再び歩き出そうとすると、
「医者どの。わしじゃ、わしじゃ」
と、近くから声がします。
「はて、近くにはお地蔵さましかおらんな」
 医者が再び歩き出そうとすると、その石のお地蔵さんが小さな口を開いてしゃべったのです。
「医者どの。わしじゃ。石の地蔵じゃ」
 医者はびっくりしながらも、お地蔵さんに尋ねました。
「はい、地蔵さま。なにか、ご用で?」
「うむ、まことにすまんが、この通りわしの鼻がかけておるだろう。どうか、直してくださらぬか」
 そう言われて見ると、確かに地蔵さんの鼻がかけています。
「なるほど。これはまた、ひどいかけようでございますな。ですがとても、わたくしの手にはおえませぬ」
「お主は、医者だろう? そう言わずに、直してくだされ」
「いやいや、たしかにわたくしは医者ですが、なおす専門が違います。
 この鼻は、わたくしの様な小さい『ゃ』よりも、大きい『や』のお人になおしてもらった方がよろしいかと」
「・・・? その、大きい『や』とは?」
「あなたさまは石ですので、『いしゃ(医者)』よりも、『いしや(石屋)』でございます」

おしまい

前のページへ戻る


     5月 6日の豆知識

366日への旅
きょうの記念日
ゴムの日
きょうの誕生花
射干(しゃが)
きょうの誕生日・出来事
1972年 高橋尚子 (マラソン)
恋の誕生日占い
おしゃれセンスが抜群で、可愛い小物が大好き
なぞなぞ小学校
どんなに濡らしても、怒られない服は?
あこがれの職業紹介
葬祭ディレクター
恋の魔法とおまじない 127
友だちと仲直り出来るおまじない
  5月 6日の童話・昔話

福娘童話集
きょうの日本昔話
米の飯
きょうの世界昔話
コウノトリ
きょうの日本民話
一日遅れのショウブ売り
きょうのイソップ童話
キツネとお面
きょうの江戸小話
いしゃちがい
きょうの百物語
人食い婆と、おつなの頭
福娘のサイト
366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
福娘童話集
世界と日本の童話と昔話
女の子応援サイト -さくら-
誕生日占い、お仕事紹介、おまじない、など
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識