福娘童話集 > きょうの日本昔話 福娘童話集 きょうの日本昔話 童話・昔話・おとぎ話の福娘童話集
 


福娘童話集 > きょうの日本昔話 > 5月の日本昔話 > 米の飯

5月6日の日本の昔話

米のめし

米の飯
吉四六(きっちょむ)さん → 吉四六さんについて

にほんご(日语)  ・ちゅうごくご(中文) ・日语&中文

♪音声配信(html5)
音声 スタヂオせんむ

 むかしむかし、吉四六さんと言う、とてもゆかいな人がいました。
 むかしは生活が貧しかったので、お米の飯などはあまり食べられません。
 お祭りとか、お祝い事でもなければ、お米を炊かなかったのです。
 それほどお米は大切な物で、そしておいしい物でした。

 さて、今の時期は畑仕事も中休みで、吉四六さんは暇でした。
 でも、何もしないでいても、お腹は空きます。
 そしてどういうわけか、その日はやたらとお米の飯が食べたくなりました。
 そこで吉四六さんは、考えました。
「何かがなければ、かみさんはお米を出してくれないだろう。何とかして米の飯を食う方法は、ねえかな? ・・・そうだ!」

 次の朝早く起き出した吉四六さんは、外へ出て空を見上げました。
 どんよりした天気で、今にも雨が降りそうです。
 吉四六さんは一人で頷くと、急に大きな声で言いました。
「おお! そうかあ! わかったぞお!」
 まるで、誰かに答える様な声です。
「それは、大変だなあ! 橋をかけるのか! よし、行くぞお!」
 それから、家の中のおかみさんにむかって言いました。
「おい、今日は代官さまの言いつけで、橋をかけに行かねばならぬ。きつい仕事で、腹が減っては働けんから、米の飯を炊いて弁当を作ってくれや」
 その頃は畑仕事がひまになると、よく村の仕事に駆り出されたのです。
 そしてそんな時に粗末な弁当では恥をかくので、みんなは見栄を張って大切なお米を炊いたのです。
 ようやく弁当が出来る頃になって、吉四六さんはふいに外へ出て行きました。
「何々? また、呼んでるな」
 実は誰も呼んでいないのですが、吉四六さんが外に出る見ると吉四六さんの予想通り、ポツポツと雨が降って来ました。
 吉四六さんはニンマリ笑うと、小さな声で人の声を真似て言いました。
「おーい、吉四六さんよーぉ。雨が降って来たから、橋かけは止めじゃあー」
 それから、わざと大声で、
「そうか、分かったぞぉー!」
と、答えると、家の中にいるおかみさんに言いました。
「聞いたか? 今日の仕事は止めじゃ。仕方ねえから、炊けた米の飯を食おうや」
 そして吉四六さんは、おいしそうにお米の飯をほおばりました。

おしまい

前のページへ戻る


     5月 6日の豆知識

366日への旅
きょうの記念日
ゴムの日
きょうの誕生花
射干(しゃが)
きょうの誕生日・出来事
1972年 高橋尚子 (マラソン)
恋の誕生日占い
おしゃれセンスが抜群で、可愛い小物が大好き
なぞなぞ小学校
どんなに濡らしても、怒られない服は?
あこがれの職業紹介
葬祭ディレクター
恋の魔法とおまじない 127
友だちと仲直り出来るおまじない
  5月 6日の童話・昔話

福娘童話集
きょうの日本昔話
米の飯
きょうの世界昔話
コウノトリ
きょうの日本民話
一日遅れのショウブ売り
きょうのイソップ童話
キツネとお面
きょうの江戸小話
いしゃちがい
きょうの百物語
人食い婆と、おつなの頭
福娘のサイト
366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
福娘童話集
世界と日本の童話と昔話
女の子応援サイト -さくら-
誕生日占い、お仕事紹介、おまじない、など
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識