福娘童話集 > きょうの江戸小話 福娘童話集 きょうの小話 童話・昔話・おとぎ話の福娘童話集
 


福娘童話集 > きょうの江戸小話 > 12月の江戸小話 > 借金取りのこうでん

12月28日の小話

借金取りのこうでん

借金取りのこうでん

♪おはなしをよんでもらう(html5)
朗読 : 青のぷよの世界♪


 ある貧乏長屋(びんぼうながや)に、たくさんの借金をかかえた夫婦がいました。
  十二月も終わりになるとあちこちから借金取りがきますが、どうにもこうにも借金が返せません。
 そこで夫婦は話し合い、亭主が死んだ事にしようと決めました。
 さっそく女房がかんおけを買って来ると、亭主がその中に入りました。
 こうして準備がととのったところへ、米屋が借金取りにやってきました。
 女房は目につばをつけると、泣いたふりをして言いました。
「うちの人が、昨日、ポックリと死んでしまったんです。残されたわたしは、この先どうしたらいいかわからない。ああ、いっそわたしも死んでしまいたい」
 女房がワーッと泣き声をあげると、米屋はあわてて女房をなぐさめました。
「まあまあ、そう短気をおこさないで。それにしても、人の命はわからんなあ」
 そして米屋はふところから一両(→7万円ほど)を取り出して、女房に差し出しました。
「これは少しだが、これでせんこうでもあげてやってくれ」、
「そんな、とんでもない。借金があるのに、その上、こんなにもらうわけにはいきません」
 気がとがめた女房がもじもじしていると、米屋は無理矢理一両を女房ににぎらせました。
「まあ、取っておきなさい。あんたも、これから大変なんだから」
「はい、・・・いえ、でも。やっぱりお返しします」
「いいから、いいから」
「でも・・・」
「いいから、いいから」
 二人が言い合っていると、かんおけの中から亭主が言いました。
「えんりょするな、もらっとけ、もらっとけ」

♪ちゃんちゃん
(おしまい)

前のページへ戻る


     12月28日の豆知識

366日への旅
きょうの記念日
シネマトグラフの日
きょうの誕生花
熊笹(くまざさ)
きょうの誕生日・出来事
1991年 大家 志津香 (タレント)
恋の誕生日占い
天性のスター性で、何をやっても注目されます
なぞなぞ小学校
危険なトゲがある県は?
あこがれの職業紹介
起業家・社長
恋の魔法とおまじない 363
友情が深まる日
 12月28日の童話・昔話

福娘童話集
きょうの日本昔話
豆粒ころころ
きょうの世界昔話
プリンの塩かげん
きょうの日本民話
順庵先生とふたごのキツネ
きょうのイソップ童話
オオカミとロバ
きょうの江戸小話
借金取りのこうでん
きょうの百物語
山姥の顔をしたかんぴょう
福娘のサイト
366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
福娘童話集
世界と日本の童話と昔話
女の子応援サイト -さくら-
誕生日占い、お仕事紹介、おまじない、など
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識