福娘童話集 > きょうの日本民話 福娘童話集 きょうの日本民話 童話・昔話・おとぎ話の福娘童話集
 


福娘童話集 > きょうの日本民話 > 2月の日本民話 > 黄門さまのイジワル

2月2日の日本民話

黄門さまのイジワル

黄門さまのイジワル
茨城県の民話茨城県情報

♪音声配信(html5)
朗読者 : スタヂオせんむ

「ひかえおろう。この紋所(もんどころ)が、目に入らぬか」
と、身分を隠して日本中を巡(めぐ)り歩き、悪人をこらしめる水戸黄門(みとこうもん)は、テレビなどで有名です。
 でも実際の黄門さまは学問を続けながらひっそりと暮らし、1700年(元禄13年)12月6日、72歳で静かに世を去ったそうです。

 その黄門さまは子どもの頃、大変な悪ガキで、いつも友だちと遊んでばかりいました。
 ある時、父親の殿さまが黄門さまに尋ねました。
「もし、戦場(いくさば)でわしが深い傷(きず)を負(お)って倒れたら、お前はわしを助けるか?」
 すると黄門さまは、
「いいえ。助けません」
と、きっぱり言いました。
「何だと! なぜ、父を助けぬのだ!」
と、聞き返されて、
「わたくしは、倒れた父上を乗り越えて、敵(てき)と戦います」
と、答えたので、
「それは見事!」
と、殿さまはとても感心したそうです。

 さて、黄門さまには三木武太夫(みきたけだゆう)という、お側に仕える者がいました。
 武太夫(たけだゆう)は子どもの頃から、『カミナリ』と『アズキがゆ』が大嫌いで、それは大人になっても治りませんでした。
 ある時、黄門さまは武太夫を呼んで尋ねました。
「その方の好物(こうぶつ)は、何であったか?」
 すると武太夫は見栄(みえ)を張って、
「はい。カミナリとアズキがゆが、大好物であります」
と、答えたのです。
「そうか。カミナリは出せぬが、アズキがゆならすぐに出してやるぞ」
 黄門さまはアズキがゆを作らせると、それをイジワルそうに差し出しました。
「さあ、アズキがゆが出来た。遠慮無く、食べてよいぞ」
「はあ、・・・」
「うん? どうした? 好物であろう?」
「はい、・・・」
「食べぬのか? それとも、アズキがゆは嫌いか?」
「いえ、その・・・」
 武太夫は決心すると固く目をつぶり、アズキがゆを丸呑みする様に食べたそうです。

 さて、それからしばらくたって、黄門さまにお客が来た時の事です。
 空が急に暗くなり、ゴロゴロとカミナリが鳴り出しました。
 黄門さまは、しめたとばかりに言いました。
「お客人よ。実はな、ここにはカミナリの大好きな者がおりまして、あれが鳴ると大喜びするのです」
 そう言って武太夫を呼び寄せると、またしてもイジワルそうに言いました。
「ほれ、お前の大好物のカミナリが鳴っておるぞ。うれしいだろう。すまぬが、投網(とあみ)をうって池の魚を取ってまいれ」
「はい、その、それは・・・」
「何をしておる。カミナリは嫌いか?」
「いえ、その・・・」
 武太夫は決心すると、雷鳴(らいめい)のとどろく中、池に行って魚を取ってきました。

 それからもこんな事が何度もあり、武太夫はカミナリとアズキがゆ嫌いを克服(こくふく)していったのです。
 それから後、黄門さまが亡くなってから武太夫は、
「どんなに嫌いな物でも、努力で治せるものだ。それをわたしは、黄門さまから教えられた」
と、黄門さまの行動(イジワル?)を、とても感謝したという事です。

おしまい

前のページへ戻る


     2月 2日の豆知識

366日への旅
きょうの記念日
バスガールの日
きょうの誕生花
パンジー(pansy)
きょうの誕生日・出来事
1977年 劇団ひとり (芸人)
恋の誕生日占い
まじめだけど大のお笑い好き
なぞなぞ小学校
始めは4本足。次は2本足。最後は3本足になる生き物は?
あこがれの職業紹介
学習塾講師
恋の魔法とおまじない 033
特別編 プロローグ 始まりの物語
  2月 2日の童話・昔話

福娘童話集
きょうの日本昔話
おだんごコロコロ
きょうの世界昔話
ジャックとマメの木
きょうの日本民話
黄門さまのイジワル
きょうのイソップ童話
ハイエナ
きょうの江戸小話
聞き間違い
きょうの百物語
渡辺綱(わたなべのつな)と酒呑童子(しゅてんどうじ)
福娘のサイト
366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
福娘童話集
世界と日本の童話と昔話
女の子応援サイト -さくら-
誕生日占い、お仕事紹介、おまじない、など
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識