福娘童話集 > きょうの日本民話 福娘童話集 きょうの日本民話 童話・昔話・おとぎ話の福娘童話集
 


福娘童話集 > きょうの日本民話 > 5月の日本民話 > お姫さまと松の木

5月26日の日本民話

お姫さまと松の木

お姫さまと松の木
山形県の民話山形県情報

♪音声配信(html5)
朗読者 : エクゼムプラーロ

 むかしむかし、ある国に、あこや姫という美しいお姫さまがいました。
 月のきれいな、秋の夜の事です。
 お姫さまが一人で琴をひいていると、どこからともなくその琴の音に合わせて、ふえの音が聞こえてきました。
「まあ、美しいふえの音。誰が吹いているのかしら?」
 お姫さまが庭を見ると、お月さまの光にてらされて一人の若者が立っていました。
 若者はお姫さまを見て、にっこり笑いかけると、そのまま姿を消しました。
「なんて、すてきな殿方でしょう」
 お姫さまは若者に会いたくなり、次の晩も琴をひきました。
 やがてふえの音とともに、あの若者がやってきました。
 若者は、お姫さまに言いました。
「お姫さまの琴は、大変すばらしい。わたしは長く生きていますが、こんなすてきな琴を今まで聞いたことがありません」
 お姫さまは、はずかしそうに言いました。
「いいえ、あなたのふえほどすてきな音はありません」
 こうして毎晩会っているうちに、二人はすっかり仲良しになりました。

 ところがある晩の事、若者はお姫さまに言いました。
「せっかくお姫さまと仲良くなれたのに、今日でお別れしなくてはなりません」
「そんなの、いやです。わたしも一緒に、連れて行ってください」
 お姫さまが言うと、若者の姿がふっと消えました。
 後には松の木のかげが、残っているだけでした。
(あの人はもしかして、松の木の精かもしれない)
 お姫さまは松の木のかげを見ながら、ためいきをつきました。

 ちょうどその頃、この山に生えている一本の古い松の木を切って、橋にすることになりました。
 ところが木こりたちがこの松の木を切り倒そうとしても、松の木はびくともしません。
 いくら大勢で引っぱっても、やっぱり動きません。
 この事を聞いたお姫さまは、もしかしてその松の木があの若者ではないかと思いました。
 かけつけたお姫さまは、松の木のそばにより、
「たとえ、あなたが切られて橋になっても、わたしはあなたの事は一生忘れません」
と、言って、手をふれました。
 すると、どうでしょう。
 今までびくともしなかった松の木が、するすると動き出して自分から橋になったのです。

 その後、お姫さまは松の木の切りかぶのそばに小さな家を建てて、亡くなるまでそこをはなれなかったそうです。

おしまい

前のページへ戻る


     5月26日の豆知識

366日への旅
きょうの記念日
東名高速道路開通記念日
きょうの誕生花
山葵(わさび)
きょうの誕生日・出来事
1975年 つるの剛士 (俳優)
恋の誕生日占い
精神年齢の高い、しっかり者
なぞなぞ小学校
間違えるたびに、小さくなる物は?
あこがれの職業紹介
エスティシャン
恋の魔法とおまじない 147
ファーストキッスをしてもらうおまじい
  5月26日の童話・昔話

福娘童話集
きょうの日本昔話
白いおうぎと黒いおうぎ
きょうの世界昔話
月の見ていた話二十六夜
きょうの日本民話
お姫さまと松の木
きょうのイソップ童話
歌手
きょうの江戸小話
死んだのは病人
きょうの百物語
百物語の代金
福娘のサイト
366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
福娘童話集
世界と日本の童話と昔話
女の子応援サイト -さくら-
誕生日占い、お仕事紹介、おまじない、など
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識