福娘童話集 > きょうの日本昔話 福娘童話集 きょうの日本昔話 童話・昔話・おとぎ話の福娘童話集
 


福娘童話集 > きょうの日本昔話 > 5月の日本昔話 > 白いおうぎと黒いおうぎ

5月26日の日本の昔話

白いおうぎと黒いおうぎ

白いおうぎと黒いおうぎ
沖縄県の民話沖縄県情報

にほんご(日语)  ・ちゅうごくご(中文) ・日语&中文

♪音声配信(html5)
朗読者 ; 一宮 彩

♪音声配信(html5)
音声 おはなしや

 むかしむかし、あるところに、二人の姉妹がいました。
 お姉さんの方は色白できれいな顔をしているのに、妹の方は色黒でちっともきれいではありません。
 だからお母さんは、色白できれいな顔のお姉さんばかりを可愛がっていました。

 ある日の事、二人が一緒に道を歩いていると、向こうから馬に乗った男の人がやって来て尋ねました。
「この村のお宮へ行きたいのですが、どっちへ行けばいいのでしょうか?」
 この男の人はひげだらけの顔をしていて、汚れた着物を着ていました。
(なんて汚いんでしょう。こんな人とは、口をきくのもいやだわ)
 そう思ったお姉さんは、聞こえないふりをしました。
 でも、親切な妹は、
「それでは、わたしが案内してあげましょう」
と、村はずれにあるお宮さんまで、男の人を連れて行ってあげたのです。
 二人がお宮の前まで来ると、男の人はふところから白いおうぎを出して言いました。
「わたしは人間の姿をしているが、本当は山の神じゃ。お前はまことに親切な娘。お礼にこのおうぎであおいでやろう」
 山の神さまが、白いおうぎで娘をあおぐとどうでしょう。
 色黒だった娘の顔が、みるみる色白できれいになったのです。
「よい顔じゃ。お前のうつくしい心には、その顔が似合っておる。
 ・・・それにしても、お前の姉さんはひどい娘じゃ。
 わしの汚いかっこうを見て、口をきこうともしなかった。
 いくら色白できれいな顔をしておっても、心はまっ黒だな」
 そう言って、山の神さまはお宮の中へ消えて行きました。

 さて、妹が戻ってくると、お姉さんは目を丸くして驚きました。
 色が黒くてみっともない顔の妹が、見ちがえるほどきれいになっていたのです。
「どうして、そんなにきれいになったの?」
 美しさで負けたお姉さんは、くやしくてたまりません。
 そこで妹からわけを聞き出すと、すぐにお宮さんへ飛んで行きました。
「山の神さま、お願いです。どうかわたしも、おうぎであおいでください」
 するとお宮の中から、山の神さまが出てきて言いました。
「そんなにあおいでほしけりゃ、のぞみ通りにあおいでやろう」
 山の神さまはふところから黒いおうぎを取り出すと、お姉さんの顔をあおぎました。
 すると色白で美しかったお姉さんの顔はみるみる黒くなり、とてもひどい顔になったのです。
 でも、それを知らないお姉さんは、大喜びで妹のところへもどってきました。
「どう、わたし、すごくきれいになったでしょう?」
「・・・・・・」
 妹は何も言えなくて、首を横にふりました。
「えっ?」
 お姉さんはあわてて近くにある池に行くと、水面に自分の顔をうつしてみました。
 するとそこにうつっているのは、色黒のみにくい顔だったのです。
「どうしよう、どうしよう」
 お姉さんはすぐにお宮へ行って、元の顔にもどしてくれるように頼みました。
 でもどこへ消えたのか、山の神さまは二度と姿を現しませんでした。

 さて、妹はそれからもますますきれいになって、その国のお殿さまの奥方になり、いつまでも幸せに暮らしました。
 しかしお姉さんの方は、一生、色黒でみにくい顔だったそうです。

おしまい

前のページへ戻る


     5月26日の豆知識

366日への旅
きょうの記念日
東名高速道路開通記念日
きょうの誕生花
山葵(わさび)
きょうの誕生日・出来事
1975年 つるの剛士 (俳優)
恋の誕生日占い
精神年齢の高い、しっかり者
なぞなぞ小学校
間違えるたびに、小さくなる物は?
あこがれの職業紹介
エスティシャン
恋の魔法とおまじない 147
ファーストキッスをしてもらうおまじい
  5月26日の童話・昔話

福娘童話集
きょうの日本昔話
白いおうぎと黒いおうぎ
きょうの世界昔話
月の見ていた話二十六夜
きょうの日本民話
お姫さまと松の木
きょうのイソップ童話
歌手
きょうの江戸小話
死んだのは病人
きょうの百物語
百物語の代金
福娘のサイト
366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
福娘童話集
世界と日本の童話と昔話
女の子応援サイト -さくら-
誕生日占い、お仕事紹介、おまじない、など
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識