福娘童話集 > きょうの日本民話 福娘童話集 きょうの日本民話 童話・昔話・おとぎ話の福娘童話集
 


福娘童話集 > きょうの日本民話 > 6月の日本民話 > 立山の浦島物語

6月12日の日本民話

立山の浦島物語

立山の浦島物語
富山県の民話富山県情報

 むかしむかし、立山(たてやま→富山県の南東部)のふもとに住む木こりが山に入り、木の株(かぶ)に腰をおろしてナシを食べ始めました。
 するといつの間にか、たくさんのアリが手にはい上がって来たのです。
「なんだ、こいつら」
 木こりはアリを払い落としましたが、払っても払ってもはい上がってくるので、もうナシを食べる気がしなくなって谷底に投げ捨てました。

 それから三年後、今日も山で仕事をしていた木こりは、なにげなく谷間(たにま)を見下ろしてびっくりです。
 何と谷一面が、黄金色(こがねいろ)に光り輝いているのです。
 あまりの美しさに木こりが谷へおりていくと、目の前にキラキラしたご殿(てん)が現れました。
 ご殿には、《蟻王殿(ありおうでん)》と書かれてあります。
「蟻王殿? アリの王が住んでいるのか?」
 木こりが驚いていると、中から美しい女の人が出てきて言いました。
「ようこそ。さあ、お入りください」
「・・・・・・」
 木こりがためらっていると、
「大王さまが、お待ちかねです。さあ、どうぞこちらへ」
と、誘うので、木こりは女の人の後についていきました。

 ご殿に入ると、立派な姿をした男の人が近づいてきました。
「おほん。
 わたしは、アリの国の王です。
 三年前、アリの国が食べ物不足で困っていたとき、あなたがナシを投げてくださいました。
 おかげで、みんなの命が助かりました。
 あなたは私たちの、大恩人(だいおんじん)なのです。
 さあ、どうかゆっくりとおくつろぎください」
 アリの大王はそう言うと、見たこともないようなごちそうを次々と運ばせました。

 木こりは夢のような楽しい日々を過ごしていましたが、やがて家に帰ることにしました。
 大王から、おみやげにもらった金銀の宝物を背負って家に戻ると、十日ばかりと思っていたのに、なんと五十年もたっていたという事です。

おしまい

前のページへ戻る


     6月12日の豆知識

366日への旅
きょうの記念日
日記の日
きょうの誕生花
ユッカ(Yucca)
きょうの誕生日・出来事
1978年 釈由美子(タレント)
恋の誕生日占い
勉強好きな秀才で、夢の為に努力を惜しみません
なぞなぞ小学校
人を騙せば騙すほど、喜ばれる職業は?
あこがれの職業紹介
お笑い芸人
恋の魔法とおまじない 164
友だち運アップのおまじない
  6月12日の童話・昔話

福娘童話集
きょうの日本昔話
二人になった孫
きょうの世界昔話
アトリの鐘
きょうの日本民話
立山の浦島物語
きょうのイソップ童話
イヌとウサギ
きょうの江戸小話
泥棒のお手本
きょうの百物語
あの世で頼まれたことづけ
福娘のサイト
366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
福娘童話集
世界と日本の童話と昔話
女の子応援サイト -さくら-
誕生日占い、お仕事紹介、おまじない、など
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識