童話・昔話・おとぎ話の福娘童話集 福娘童話集 きょうの日本民話
 


福娘童話集 > きょうの日本民話 > 7月の日本民話 >西郷隆盛と馬

7月2日の日本民話

西郷隆盛と馬

西郷隆盛と馬
鹿児島県鹿児島市の民話鹿児島県の情報

♪音声配信(html5)
朗読者 : ☆横島小次郎☆

 近代日本を作った偉人の一人に、誰でも名前を知っている西郷隆盛がいます。
 この西郷隆盛は、ちょっと変わった行動をする事でも有名だったそうです。
 このお話しはその西郷隆盛の、ちょっと変わった笑い話です。

 ある日の事、西郷さんはお百姓の家で、ふかしたてのサツマイモをごちそうになりました。
「おおっ、うまかサツマイモだ」
 そのサツマイモを気に入った西郷さんは、ざるに盛り上げたサツマイモを一人で全部たいらげた上に、お土産として一俵もサツマイモをもらったのです。
 ですがいくら力持ちの西郷さんでも、一俵(→約50s)のサツマイモをかついで帰るのは大変です。
 そこで西郷さんはお百姓に馬を貸してもらうと、ポックリポックリと上機嫌で帰って行きました。
 ところが途中の坂で馬がよろけて、背中のイモ俵を落としてしまったのです。
 落ちたイモ俵からサツマイモが飛び出して、坂道をコロコロコロコロと転がって行きました。
「しもうた。イモが、逃げおるわい」
 ところが西郷さんは、転がって行くサツマイモを拾おうとはしません。
 それどころか馬に向かって、こう文句を言ったのです。
「イモが逃げたのは、お前の不注意だ。待ってやるから、お前が始末せい」
 そして西郷さんは、のんびりとタバコをふかし始めました。
 しかしいくら西郷さんに文句を言われても、馬がイモを拾うはずがありません。
 馬は気持ちよさそうにタバコをふかす西郷さんの隣で、じっと立っていました。

 そこへ通りかかったお百姓が、道いっぱいに散らばったサツマイモを見て西郷さんに尋ねました。
「こりゃあ、どうしたんですか?」
 すると西郷さんは、大きくタバコをふかしながら言いました。
「なあに、馬がイモをこぼしたで、『自分がした事は、自分で始末せい』と、教えとるところです」
「・・・はあ。馬にですか」
  お百姓は、あきれてしまいました。 
(この西郷さんは偉いお人だそうだが、何とも変わったお人だ)
 お百姓はサツマイモを拾い集めると、元の様に馬の背中に乗せて、そのまま行ってしまいました。

 さて、それからしばらくしてようやくタバコを吸い終えた西郷さんは、大きなあくびをすると馬の方に向き直りました。
「おおっ、ちゃんと自分で始末できたな。やれば出来るじゃないか」
 西郷さんは馬の手綱を取ると、何事もなかったかのようにポックリポックリと帰って行ったそうです。

おしまい

前のページへ戻る


     7月 2日の豆知識

366日への旅
きょうの記念日
たわしの日
きょうの誕生花
ブローディア(Brodiaea)
きょうの誕生日・出来事
1979年 三宅健(タレント)
恋の誕生日占い
子供好きな、面倒見の良い女の子
なぞなぞ小学校
足でしか、立てられない物は?
あこがれの職業紹介
英語講師
恋の魔法とおまじない 184
運命の人があなたを好きになった
  7月 2日の童話・昔話

福娘童話集
きょうの日本昔話
お月さまのお使い
きょうの世界昔話
メンドリ小麦粒
きょうの日本民話
西郷隆盛と馬
きょうのイソップ童話
シカの親子
きょうの江戸小話
その指が欲しい
きょうの百物語
歌うガイコツ
福娘のサイト
366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
福娘童話集
世界と日本の童話と昔話
女の子応援サイト -さくら-
誕生日占い、お仕事紹介、おまじない、など
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識