福娘童話集 > きょうの日本民話 福娘童話集 きょうの日本民話 童話・昔話・おとぎ話の福娘童話集
 


福娘童話集 > きょうの日本民話 > 8月の日本民話 >竜宮の馬

8月4日の日本民話

竜宮の馬

竜宮の馬

 むかしむかし、あるところに、魚を取って暮らしているおじいさんがいました。
 ある日の事、おじいさんが浜辺を歩いていると、子どもたちが一匹の亀をいじめていました。
「おお、かわいそうに。どれ、お前たちに小遣いをやるから、その亀を許してやってくれんかね」
 おじいさんはそう言って亀を助けてやると、
「もう、子どもたちに見つかるんじゃないよ」
と、言って、亀を海に放してやりました。

 さて、その夜の事、美しい娘がおじいさんの家を訪ねてきて、
「わたしは竜宮の使いでございます。先ほどは亀を助けてくださってありがとうございました。お礼に、この馬を差し上げましょう」
と、小犬ほどの小さな馬をくれたのです。
 その竜宮のお使いがくれた馬はとても不思議な馬で、一日にお椀一杯のごはんを食べると、豆粒ほどの黄金を一つ産み落とすのです。
 豆粒ほどでも、黄金は非常に高価な物なので、おじいさんの暮らしはとても豊かになっていきました。

 さて、この事を知った隣の欲張りじいさんは、
「三日でいいから貸せや」
と、言って、馬を無理矢理連れて行ってしまったのです。
 そして欲張りじいさんは、
「お椀一杯のごはんで黄金を一粒なら、お椀三杯なら黄金を三粒じゃ」
と、嫌がる馬の口に無理矢理ご飯を押し込んでしまい、喉にご飯を詰まらせた馬は、そのまま死んでしまったのです。
 大切な馬を殺されてしまった心優しいおじいさんは、泣きながら馬を裏庭に埋めてやりました。
 すると馬の墓から木が生えてきて、みるみるうちに大木になったのです。
 おじいさんがびっくりしていると、どこからかこんな声がしました。
「この木を切って、臼にしてください。そしてその臼で、米をついてください」
 そこでおじいさんは木を切り倒して臼を作ると、米を入れてついてみました。
 すると米は、つけばつくほどドンドン増えていくのです。
 おじいさんは、その米を売って暮らしたので、ますます暮らしが豊かになりました。
 そこへまた、隣の欲張りじいさんがやってきて、
「三日でいいから貸せや」
と、言って、臼を無理矢理持って行ってしまったのです。
 ところが、欲張りじいさんが米をつくと、米はぬかになって、家中がぬかだらけになってしまいました。
「なんじゃ、この臼は、せっかくの米がぬかになってしまったわ!」
 欲張りじいさんはカンカンに怒って、臼を叩き割ってしまいました。
 バラバラになった臼を引き取ったおじいさんは、仕方なくそれを囲炉裏の火にくべてみました。
 すると臼は燃えて灰になるどころか、光り輝く黄金の固まりに変わったのです。
 そこへまた、隣の欲張りじいさんがやってきて、
「その臼は、わしがバラバラにしてやったんだ。だからわしの物だ」
と、言うと、まだ囲炉裏にくべていない臼を全部持って帰ってしまったのです。
 そして欲張りじいさんは、持って帰ってきた臼を一度に囲炉裏にくべてしまったから大変です。
 臼は大きく燃え上がると、黄金になるどころか多くの火の粉をまき散らして、ついには欲張りじいさんの家を火事にしてしまったのでした。

おしまい

前のページへ戻る


     8月 4日の豆知識

366日への旅
きょうの記念日
箸の日
きょうの誕生花
トーチ・リリー(torch lily)
きょうの誕生日・出来事
2001年 加藤 清史郎 (俳優)
恋の誕生日占い
エネルギッシュで、人を引きつける魅力の持ち主
なぞなぞ小学校
男の子より、女の子の方が高い物は?
あこがれの職業紹介
医師
恋の魔法とおまじない 217
好きな人が夢に出てくるおまじない
  8月 4日の童話・昔話

福娘童話集
きょうの日本昔話
青海島(おうみじま)の猿亀合戦
きょうの世界昔話
白カタツムリ
きょうの日本民話
竜宮の馬
きょうのイソップ童話
セミとアリ
きょうの江戸小話
昼間の幽霊
きょうの百物語
お化けの行進
福娘のサイト
366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
福娘童話集
世界と日本の童話と昔話
女の子応援サイト -さくら-
誕生日占い、お仕事紹介、おまじない、など
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識