福娘童話集 > きょうの日本民話 福娘童話集 きょうの日本民話 童話・昔話・おとぎ話の福娘童話集
 


福娘童話集 > きょうの日本民話 > 8月の日本民話 > スズメになった若者

8月5日の日本民話

スズメになった若者

スズメになった若者
和歌山県の民話和歌山県情報

おりがみをつくろう ( おりがみくらぶ より)
雀の折り紙すずめ

♪音声配信(html5)
朗読者 : スタヂオせんむ

 むかしむかし、あるところに、貧乏ですが正直者のおじいさんとおばあさんが住んでいました。

 ある日、おじいさんがいつものように山へたきぎを取りに行くと、どこからともなく、おいしそうなお酒のにおいがただよってきました。
(はて、不思議な事もあるものだ)
 おじいさんがにおいのする方へ歩いて行くと、竹やぶの前に出ました。
 すると、どうでしょう。
 竹やぶの中には竹で出来た酒だるがあって、スズメたちがそのまわりでチュンチュンと楽しそうにおどっているのです。
(これはこれは、なんて可愛いスズメたちだ)
 おじいさんがニコニコして見ていたら、一羽のスズメが飛んできて、
「さあ、おじいさんもお酒を飲んでください。このお酒を飲むと良い事が続いて、きっと幸せになりますよ。チュン、チュン」
と、言うのです。
 おじいさんはスズメたちのところに行って、そのお酒をごちそうになりました。
「うん、これはうまい」
 こんなおいしいお酒は、今まで飲んだ事がありません。
 それに一口飲んだだけで心がウキウキし、体が元気になってくるのです。
 すっかりご機嫌になったおじいさんは、スズメたちと一緒になっておどりはじめました。
♪酒がうまいぞ、いい気持ち。
♪チュン、チュン、チュン
♪はあ、こりゃこりゃ
♪チュン、チュン、チュン
 おじいさんのかけ声にあわせて、スズメたちもおどります。
 もう楽しくて楽しくて、おじいさんは時間のたつのも忘れてしまうほどでした。
 やがて夕方になって、ようやくおどりが終わりました。
「いやあ、楽しかった。ありがとう」
 おじいさんはスズメたちにお礼を言って、帰っていきました。

 さて、おじいさんの家のとなりに、なまけ者の若者が住んでいました。
 おじいさんの話を聞くと若者もそのお酒が飲みたくなって、次の日、さっそく山へ出かけていきました。
 お酒のにおいのする方へと歩いていくと、おじいさんの言った通り竹やぶがあって、スズメたちがお酒を飲みながらおどっています。
 若者は、竹やぶに入っていくなり、
「おい、おれにもその酒を飲ませてくれ」
と、言いました。
 するとスズメたちは、首を振って言いました。
「このお酒を飲むととんでもない事になるから、やめたほうがいい。チュン、チュン」
「うるさい。はやくよこせ!」
 若者はいきなり酒だるをつかむと、一息にお酒を飲んでしまいました。
 すると、どうでしょう。
 若者の体はみるみる小さくなっていき、口は口ばしに、手は羽に変わって、とうとうスズメになってしまったのです。
 スズメになった若者は竹やぶを追われて、チュンチュンと鳴きながらどこへともなく飛んでいきました。
 そしておじいさんの家ではスズメたちが言ったように良い事が続いて、やがて村一番のお金持ちになったという事です。

おしまい

前のページへ戻る

     8月 5日の豆知識

366日への旅
きょうの記念日
タクシーの日
きょうの誕生花
向日葵(ひまわり)
きょうの誕生日・出来事
1981年 柴咲コウ(女優)
恋の誕生日占い
頭が良くて負けず嫌い、成績はトップクラス
なぞなぞ小学校
右と左、おしゃべりなのはどっち? (漢字なぞなぞ)
あこがれの職業紹介
歯科医師
恋の魔法とおまじない 218
壊れたストラップ
  8月 5日の童話・昔話

福娘童話集
きょうの日本昔話
ネズミの名作
きょうの世界昔話
トルント山のトロール
きょうの日本民話
スズメになった若者
きょうのイソップ童話
オオカミとヒツジ
きょうの江戸小話
へ、一つでぜんめつ
きょうの百物語
お豊虫(とよむし)
福娘のサイト
366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
福娘童話集
世界と日本の童話と昔話
女の子応援サイト -さくら-
誕生日占い、お仕事紹介、おまじない、など
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識