福娘童話集 > きょうの日本民話 福娘童話集 きょうの日本民話 童話・昔話・おとぎ話の福娘童話集
 


福娘童話集 > きょうの日本民話 > 10月の日本民話 >金のもち

10月11日の日本民話

金のもち

金のもち
京都府の民話京都府情報

 むかしむかし、京の都に、貧乏ですが心のやさしい若者が住んでいました。
 若者はとても信心深い人でしたので、毎月十八日には、必ず観音さまにお参りをしますし、また、時間があればあちらこちらのお寺にも、お参りをしていました。
 さて、ある年の九月十八日。
 若者は、いつものように観音さまにお参りをし、そして、お寺からお寺へとまわっている間に、都の東の山階(やましな)あたりまで来てしまいました。
 このあたりには、人家はあまりありません。
 人里離れた山道を歩いていると、五十歳ぐらいの男の人と出会いました。
 ふと見るとその男の人は、つえの先に何かを引っかけています。
(なんだろう?)
 若者が見てみると、それは一尺(いっしゃく→30センチ)ほどの、まだらのヘビだったのです。
 そのヘビがつえの先で、ピクピクと動いているのでした。
 若者は思わず足をとめて、その男に声をかけました。
「もしもし、あなたはそのヘビを、どうするつもりですか?」
「ああ、これにはちょっとした使い道がありましてな」
「そのヘビを殺すのですか? 生き物を殺すのは、良くない事ですよ。それに今日は十八日、観音さまの日です」
 ヘビを持った男は、じろりと若者の顔を見ると、ニヤリと笑いました。
「なるほど、今日は観音さまの日ですか。しかし観音さまも、ヘビより先に、まずは人間を助けるでしょうね」
「えっ? それはどういうことで?」
「わしは長年、にょい(→説法のときにお坊さんの持つ、まごの手の変形したもの)を作っておるが、そのにょいにする牛の角を曲げるには、このような小ヘビの油がなくてはならんのです。わしはそのにょいをお金に代えて、暮らしているのです」
「よく、わかりました。わたしも、ただでゆずってくれとは申しません。どうでしょう、わたしの着ている着物とヘビを、取り替えてはくれませんか?」
「うむ。まあ、取り替えてもよいでしょう」
 そこで若者は着物を脱いで、男に手渡しました。
 そして男からヘビを受け取った若者は、男に尋ねました。
「ところでこのヘビは、どこで捕ったのですか?」
「この少し先に、小さい池がある。そのそばで捕まえたのじゃ」
 男はそう答えると、どこかへ行ってしまいました。
 若者はヘビを持って、教えられた池までやってきました。
 そして水草のしげっているところを見つけると、ヘビをそっと逃がしてやりました。
「もう、捕まるんじゃないよ」
 ヘビが水草のかげに隠れてしまうと、若者は安心して、またお寺のある方に向かって歩き出しました。

 それから、しばらく歩いた頃、若者は道ばたに立っている、一人の少女に出会いました。
 年は十二、三歳で、きれいな着物を着た、とても美しい少女です。
(こんな田舎で、こんな美しい少女に出会うとは)
 若者はそう思いながら、だまって通り過ぎようとしました。
 すると少女は、意を決したように若者を呼び止めました。
「あの、もし、もし」
 若者が振り返ると、少女は深く頭を下げて言いました。
「お呼び止めして、すみません。わたしは、あなたさまのおなさけ深い心がうれしくて、そのお礼を申しあげようと思い、ここで待っておりました」
「お礼? お礼とは、何の事でしょう?」
「はい、命を助けていただいたお礼です。わたしは家に帰ると、助けられた事をさっそく父と母に話しました。すると父と母は、ぜひお礼を言いたいから、すぐお連れするようにと申しました。それで、お迎えに来たのです」
(するとこの少女は、さっきの小さなヘビなのか?)
 若者は、少し怖くなりました。
「それでは、あなたのご両親というのは、どこにいらっしゃるのですか?」
「はい、すぐそこです。さあ、ご案内いたします」
 少女はそう言うと、池の方へ歩き出しました。
 若者は仕方なく、少女について行きました。
 池のそばまで来ると、少女は立ちどまって若者を振り返り、
「ここで、ちょっとお待ち下さい。すぐに戻ってまいりますから」
と、言ったかと思うと、少女の姿が急に消えてしまいました。
(どうしよう? このまま、逃げてしまおうか?)
 若者がそう思っていると、いつの間にか少女が現れました。
「さあ、わたしの家にご案内いたします。大丈夫です。決して、恐ろしくはありません。もちろん、あなたさまにご迷惑もおかけしません。どうかしばらくの間、目をつぶっていて下さいませ」
 若者は、言われた通りに目をつぶりました。
 するとすぐに、少女が声をかけました。
「どうぞ、目を開けてください」
 若者が目を開けると、二人はいつの間にか、とても立派な門の前に立っていました。
「わたしについて、中へお入り下さい」
 少女と一緒に門をくぐると、中には立派な家が、いくつも建ち並んでいます。
 その間を通って奥に入っていくと、正殿(せいでん)と思われるところに来ました。
 それはまた一段と美しく、柱も床も壁も、いろいろの宝石で飾られています。
 やがて奥から、一人の老人が現れました。
 年は六十歳ぐらいで、長い白ひげを生やし、美しい着物を着た立派な人です。
「さあ、もっと奥の方にお通りください」
 老人は若者を、上座(かみざ)へと通しました。
「このたびは、何とお礼を申しあげてよいやら。あなたさまのおかげで、娘が命拾いをいたしました。申し遅れましたが、わたしは、ここの主人の竜王でございます」
 老人はていねいに、頭を下げて言いました。
「今日のお礼のしるしに、にょいの玉を差し上げたいと思いました。この玉を持っていれば、願いが何でもかなえられるのです。しかし日本の人は心が悪いから、お持ち帰りになっても、願いがかなえられるかどうか。それでその代わりの物をさしあげましょう。これ、そこにある箱を持ってきなさい」
 老人の声に、召使いがきれいなもようのついた箱を持ってきました。
 ふたをとってみると、中には金のもちが入っていました。
 大きさは、三寸(さんすん→約9センチ)ぐらいです。
 老人はそのもちを取り出すと、手で半分に割り、残りの半分をもとのように箱におさめました。
 そして、
「これは、一度に使ってはいけません。必要な時に必要なだけを切ってお使いになれば、一生、お金に困るような事はないでしょう」
と、言って、その箱を差し出しました。
「ありがとうございます。きっと、大切にいたします」
 若者が礼を言うと、少女が言いました。
「元の場所へお送りいたしますから、しばらく目をつぶっていてください」
 そして目をつぶったかと思うと、もう、元の池のそばに帰っていました。
「わたしは、ここで失礼いたします。今日の事は、いつまでも忘れません。本当にありがとうございました」
 そう言ったかと思うと、少女の姿は消えていました。

 さて、若者が家に帰ってくると、家の人はもちろん、近所の人たちもびっくりして口々に尋ねてきました。
「今まで、どこでどうしていたんだ?」
「お寺にお参りすると言って家を出たまま、何年も帰って来ないので、死んでしまったかと思っていたよ」
 これには、若者の方がびっくりです。
 竜王のところにいたのは、ほんの短い時間でしたが、それが家を出てから、もう何年もたっていたのです。
(まるで、浦島太郎だ)
 若者は、だれにも竜王のご殿に行った事は話しませんでした。
 そして、お金のいる時には金のもちを切って、必要な物を買いました。
 不思議な事にこのもちは、いくら切っても、次の日には元の大きさに戻っていました。
 こうして貧乏な若者は、すっかり大金持ちになり、一生を裕福に暮らす事が出来ました。
 やがて月日がたち、若者も老人になってしまいました。
 そして死んでしまった時、金のもちは、ふっと消えてしまったそうです。

おしまい

前のページへ戻る


    10月11日の豆知識

366日への旅
きょうの記念日
ウインクの日
きょうの誕生花
姫リンゴ(ひめりんご)
きょうの誕生日・出来事
1973年 金城武(俳優)
恋の誕生日占い
頭が良くてしっかり者のお姉さん
なぞなぞ小学校
医者が濡れたままの県は?
あこがれの職業紹介
スウェディッシュセラピスト
恋の魔法とおまじない 285
パニックをおさめる
 10月11日の童話・昔話

福娘童話集
きょうの日本昔話
おキツネのお産
きょうの世界昔話
おしゃべりな王さま
きょうの日本民話
金のもち
きょうのイソップ童話
タカとトンビとハト
きょうの江戸小話
のんべえ親子
きょうの百物語
大工と大入道
福娘のサイト
366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
福娘童話集
世界と日本の童話と昔話
女の子応援サイト -さくら-
誕生日占い、お仕事紹介、おまじない、など
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識