福娘童話集 > きょうの日本民話 福娘童話集 きょうの日本民話 童話・昔話・おとぎ話の福娘童話集
 


福娘童話集 > きょうの日本民話 > 11月の日本民話 > たましいが入った竜

11月2日の日本民話

たましいが入った竜

たましいが入った竜
栃木県の民話栃木県情報

おりがみをつくろう ( おりがみくらぶ より)
竜の折り紙りゅう

♪音声配信(html5)
朗読者 : スタヂオせんむ

 むかしむかし、宇都宮(うつのみや)に、うるし商人の武太夫(たけだゆう)という男がいました。
 武太夫は大金持ちでしたが、それにはわけがありました。
 数年前のある日、山奥の谷川のふちの底に、大量のうるしを見つけたのです。
 うるしは、うるしの木の皮から取れる汁で、おわんなどのぬり物に使われます。
 そのうるしが長いあいだ水に運ばれて、ふちの底にたまったのです。
 うるしは高価な物で無断で取る事を禁じられていましたが、武太夫はこの谷川の底のうるしを少しずつ売り大金持ちになったのです。
 武太夫は秘密のうるしを、いつまでも自分だけのものにしておきたいと思いました。
 それで腕の良い細工師(さいくし)に恐ろしいの細工をつくらせて、人が怖がってよりつかないように、うるしのあるふちの底に沈めたのでした。
 しばらくすると竜の細工は上流から流れてくるうるしや水あかなどがついて、本物の竜のようになっていました。

 ある時、武太夫は十四歳になる一人息子の武助(たけすけ)を連れて、山奥のふちへ行きました。
 そして、うるしの秘密を話すと、
「このうるしは、わしらだけの物じゃ。わざわざ木を切りつけて汁を取らなくても、いくらでもここへたまっておる。いいか、わしがするのをよく見て、うるし取りの練習をするんだぞ」
 武太夫は息子にいいきかせて、親子でふちへ入っていきました。
 すると竜の細工が、とつぜん頭を動かしたのです。
「おとう! 竜が! 竜が動いた!」
「何を馬鹿な。水の動きで、そう見えるだけだ」
と、 武太夫は言ったものの、見てみると竜が大きな口を開けて息子に襲いかかったのです。
 細工の竜は水の中にいるうちに魂が入って、いつしか本物の竜になっていたのです。
 あわてた武太夫は息子を助けようとしましたが、竜が相手ではどうにもなりません。
「武助ー!」
「おとうー!」
 やがてふちの水の上に、二つの死体が浮かびあがって下流へ流れていきました。
 二人の死体は二日目になって、村に近い川原で引き上げられました。
 取り調べの結果、武太夫はうるしの盗み取りをしていた事がわかりました。
 そして罰(ばつ)として新しく建てたばかりの家や財産は、全て取り上げられてしまったのです。
 あとに残された武太夫の父親と奥さんは、とても貧しい生活を送ったという事です。

おしまい

※ 宮城県にも、同じような民話があります。 →  生きている竜

前のページへ戻る

     11月 2日の豆知識

366日への旅
きょうの記念日
阪神タイガースデー
きょうの誕生花
背高泡立草(せいたかあわだちそう)
きょうの誕生日・出来事
1982年 深田恭子(女優)
恋の誕生日占い
パワフルで存在感が強い
なぞなぞ小学校
パンはパンでも、誰も食べないパンは?
あこがれの職業紹介
家具職人
恋の魔法とおまじない 307
習い事が上達するおまじない
  11月 2日の童話・昔話

福娘童話集
きょうの日本昔話
えんまになった、権十おじいさん
きょうの世界昔話
幽霊の宝物
きょうの日本民話
魂が入った竜
きょうのイソップ童話
モグラの親子
きょうの江戸小話
けちの親子
きょうの百物語
しかばねをねらう娘
福娘のサイト
366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
福娘童話集
世界と日本の童話と昔話
女の子応援サイト -さくら-
誕生日占い、お仕事紹介、おまじない、など
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識