福娘童話集 > きょうの日本民話 福娘童話集 きょうの日本民話 童話・昔話・おとぎ話の福娘童話集
 


福娘童話集 > きょうの日本民話 > 12月の日本民話 >冗談のお願い

12月19日の日本民話

冗談のお願い

冗談のお願い
兵庫県の民話兵庫県情報

♪音声配信(html5)
朗読 : 佐々木久美子

 むかしむかし、あるところに、仏さまを一生懸命に拝んでいるおばあさんがいました。
 おばあさんは、毎日の様にお寺にお参りしては、
「ナムアミダブツ、ナムアミダブツ・・・」
と、拝んでいます。
 そのうちにおばあさんはすっかり年を取ってしまったので、近頃は早く極楽(ごくらく→天国)からお迎えが来ないかと、そればかり考えていました。
「ナムアミダブツ、ナムアミダブツ。仏さま、わたしはもう年で、これ以上生きていても仕方がありません。どうぞ一日も早く、わたしをお迎えに来て下さい」
 さて、それを聞いていた、お寺の小僧(こぞう)さんは、
(あんな事言ってるけど、本当に早く死にたいのかなあ? よし、一つ試してやろう)
と、思いました。
 そこである日、小僧さんは仏壇(ぶつだん)の後ろに隠れて、おばあさんの来るのを待っていました。
 やがておばあさんがやって来て、いつもの様に拝みます。
「ナムアミダブツ、ナムアミダブツ。どうぞ早く、わたしを楽にして下さい」
 その途端、小僧さんが仏壇の後ろから言いました。
「よしよし、そんなに言うのなら、明日迎えに来てやろう。望み通り極楽へ行って、ゆっくりするがよい」
 さあ、それを聞いたおばあさんはビックリです。
「いえ、いえいえ、わたしはまだ、生きていとうございます。お迎えに来るのは、うーんと、うーんと、先にして下さい」
 おばあさんはたたみにおでこをこすりつける様に、何度も何度も頭を下げました。
「まだ死にたくないのなら、なぜそんな事を頼むのじゃ?」
「いえ、その、あれは、ほんの冗談(じょうだん)です。さっきのお願いは取り消しますから、どうぞ長生きさせて下さい」
 おばあさんはそう言うと逃げる様にお寺を出て行き、大きくため息をつきました。
「やれやれ、この仏さまは、何と耳が良いのだろう。これじゃ、うかうかと、お参りも出来ないねえ」
 それからおばあさんは、二度とお寺には来なかったそうです。

おしまい

前のページへ戻る


     12月19日の豆知識

366日への旅
きょうの記念日
日本初飛行の日
きょうの誕生花
黒鉄黐(くろがねもち)
きょうの誕生日・出来事
1973年 反町隆史 (俳優)
恋の誕生日占い
マイペースで、いつも楽しい事を考えています
なぞなぞ小学校
口の中に木が生えるとどうなる?
あこがれの職業紹介
重度訪問介護従業者
恋の魔法とおまじない 354
引越し先で楽しく暮らすおまじない
  12月19日の童話・昔話

福娘童話集
きょうの日本昔話
どろくをかついで
きょうの世界昔話
悪魔の花嫁にされた娘
きょうの日本民話
冗談のお願い
きょうのイソップ童話
お腹の空いたイヌたち
きょうの江戸小話
お説教
きょうの百物語
クモ女
福娘のサイト
366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
福娘童話集
世界と日本の童話と昔話
女の子応援サイト -さくら-
誕生日占い、お仕事紹介、おまじない、など
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識