福娘童話集 > きょうの世界昔話 福娘童話集 きょうの世界の名作・昔話 童話・昔話・おとぎ話の福娘童話集
 


福娘童話集 > きょうの世界昔話 > 1月の世界昔話 >岩山の大将

1月4日の世界の昔話

岩山の大将

岩山の大将
シートンの童話 → シートンの童話の詳細

♪音声配信(html5)
音声 ぬけさくのいちねん草紙

 むかしむかし、山ヒツジの家が、高い山の岩のかげにありました。
 山ヒツジは、山に住んでいるヒツジです。
 けわしい岩の上をとんでいく、とっても元気のいい動物です。
 山ヒツジの家には、三匹の子ヒツジがいました。
 ある日のことです。
 こわいオオカミにおそわれて、子ヒツジの一匹が食い殺されてしまいました。
「まあ、かわいそうに」
 お母さんヒツジは、たいそう悲しみました。
 けれども、死んだものを生きかえらせることはできません。
「こんなオオカミの出るようなところは、あぶなくてしようがない。もっと安全な土地へひっこしましょう」
と、お母さんヒツジはいいました。
 お父さんヒツジは、『岩山の大将(たいしょう)』といわれる、とても強い山ヒツジです。
 長くて、するどいツノを持っていました。
 けれども、みんなの安全のために、お父さんヒツジはひっこしをすることにしました。
 お母さんヒツジと、生きのこった子ヒツジと、仲間の山ヒツジたちは、みんなで十二匹います。
 岩山の大将をせんとうに、みんなはそのあとに続きました。
 山をくだり、谷を渡り、どこまでもかけていきました。
「ウォーッ!」
 ふいに、オオカミのうなり声がしました。
 毛むくじゃらな、気のあらいオオカミたちが、山ヒツジたちを見つけたのです。
「ウーッ、ウオーン!」
 うなりながら、オオカミが八匹も追いかけてきました。
「たいへんだ、いそげ!」
「あーん、こわいよう」
 子ヒツジや力の弱いヒツジは、もう泣き声です。
「力のかぎり、かけろ!」
 岩山の大将はさけびました。
 十二匹の山ヒツジの仲間は、一列になって大将のあとからかけていきます。
 だけど、オオカミとの間は、グングンとちぢまっていきます。
「メ、メーッ」
 足の弱った一匹の年寄りヒツジが、木の根につまずいてころびました。
「あぶない!」
 岩山の大将は、クルリと向きをかえました。
 そこは、せまいがけ道です。
 一匹ずつしか通れません。
 大将は仲間のヒツジたちをかけぬけさせ、じぶんだけがのこりました。
「ウォーッ!」
 追いついたオオカミが、キバをむいて飛びかかりました。
「なにくそっ!」
 岩山の大将は頭をさげ、大きなツノでオオカミを突きとばしました。
 その勢いに、オオカミはがけ下へころがっていきます。
 つぎつぎとかかってくるオオカミを、大将はかたっぱしから投げとばしました。
 かしこい大将は、一匹ずつしかかかってこれない場所でたたかったのです。
 そうして、オオカミをみんなやっつけてしまったのでした。
「メェーー!」
 ひと声高く、かちどきをあげると、岩山の大将は足どりも軽く、仲間のあとを追っていきました。

おしまい

前のページへ戻る

     1月 4日の豆知識

366日への旅
きょうの記念日
石の日
きょうの誕生花
水仙(すいせん)
きょうの誕生日・出来事
1964年 竹内力(俳優)
恋の誕生日占い
行動的な優等生で、何でも自分から立候補します。
なぞなぞ小学校
とっても暑がりなカキは?
あこがれの職業紹介
指揮者
恋の魔法とおまじない 004
両思いになれる おまじない(シール)
  1月 4日の童話・昔話

福娘童話集
きょうの日本昔話
なまけ者と貧乏神
きょうの世界昔話
岩山の大将
きょうの日本民話
踊る三毛猫
きょうのイソップ童話
ライオンを追いかけるイヌとキツネ
きょうの江戸小話
お国は火事
きょうの百物語
鬼の腕
福娘のサイト
366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
福娘童話集
世界と日本の童話と昔話
女の子応援サイト -さくら-
誕生日占い、お仕事紹介、おまじない、など
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識