福娘童話集 > きょうの世界昔話 福娘童話集 きょうの世界の名作・昔話 童話・昔話・おとぎ話の福娘童話集
 


福娘童話集 > きょうの世界昔話 > 2月の世界昔話 > 雪だるま

2月6日の世界の昔話

雪だるま

雪だるま
アンデルセン童話 → アンデルセン童話の詳細

おりがみをつくろう ( おりがみくらぶ より)
雪だるまの折り紙ゆきだるま@  雪だるまAの折り紙ゆきだるまA

 むかしむかし、ある屋敷の小さな男の子が、雪を集めて雪だるまを作りました。
 男の子が一生懸命、一生懸命作ったので、その雪だるまには命が生まれました。

 その日の夕方、命が生まれた雪だるまが、一人言を言いました。
「あれ? 何か変だなあ? ぼくの体の中で、ミシミシと音がするぞ」
 雪だるまは瓦(かわら)のかけらで出来た目で西の空を落ちていくお日さまをにらんで、また一人言を言いました。
「まぶしいな。ギラギラ光っているよ。でも、ぼくはまばたきをしないよ」
 そしてお日さまが沈み、東の空から姿を見せ始めたお月さまを見つけると、雪だるまはまた一人言を言いました。
「なんだ、いなくなったと思ったら、今度はあっちから出て来たのか。でも、もうギラギラするのはあきらめたみたいだな」
 そんな雪だるまの一人言を聞いていた番犬が、小屋から出て来ると雪だるまに言いました。
「新入りさん。盗み聞きしていた様で悪いけど、あんたがさっき見たのはお日さまで、今、空に浮かんでいるのはお月さまって言うのさ。
 お日さまは朝に出て来て、お月さまは夜に出て来るんだ。
 ついでにもう一つ教えておくと、今夜は寒くなるよ。
 なぜなら俺の左足が、そう教えてくれるのさ」
 イヌの言った様に、夜が深くなると寒さが増して雪が降ってきました。
 雪が月明かりに輝き、まるでダイヤモンドが降っている様にきれいです。
(わあ、きれいだなー)
 雪だるまが見とれていると、すぐそばで若い女の人と男の人の楽しそうな声がしました。
「あなた、とっても素敵ね。夏もいいけど、こんなに素敵な景気は冬にしか見られないわ」
「ああ、そうだね。それに雪だるまも、冬にしか作れないからね」
 二人は笑って、楽しそうに屋敷に入って行きました。
「あの人たちは、誰なの?」
 雪だるまは、イヌに尋ねました。
「あれは、大きいお坊ちゃんと奥さんになる人さ。
 大きいお坊ちゃんは俺が小イヌの頃、ストーブのある女中さんの部屋でぼくを可愛がってくれたんだ。
 ちなみにストーブってのは、寒い日には世界一素晴らしい物だよ」
「ふーん。ストーブって、ぼくみたいに白くて冷たい物なの?」
「いいや、正反対だね。女中さんの部屋を見てごらん。ストーブがあるから」
 雪だるまは女中さんの部屋で赤々と燃えるストーブを見たとたん、体の中がうずくのを感じました。
「あっ。ぼくの身体の中で、またミシミシ音がする。あのストーブのそばに行きたいな」
「何を言っているんだい。あんたがストーブに近寄ったりしたら、溶けてしまうよ」
 イヌが言うと、雪だるまは言い返しました。
「いいさ、溶けたって構わない。ぼくはどうしても、あのストーブのそばに行きたいんだ」
「やれやれ。そんな事を言ったって、誰があんたを部屋に入れるもんかね」
 イヌはそう言いながら小屋に戻って、寝てしまいました。
「でも、ぼくはどうしてもストーブのそばに行きたいんだ」
 やがて辺りが真っ暗になると、ストーブの火はますます赤くなって、とても美しく見えました。
 お日さまの光とも、お月さまの光とも違う、穏やかで全てを包んでくれそうな光です。
 女中さんが時々ストーブの口を開けてマキをくべると、中から炎がサッと飛び出して、外の雪だるまの顔まで赤く照らします。
 ストーブの炎に顔がほてるのを感じた雪だるまは、また一人言を言いました。
「ああ、ぼくはストーブが大好きになったらしい。なぜだかわからないけど、どうしてもそばに行きたいんだ。これは、恋なんだろうか」
 その夜はとても寒くて、女中さんの部屋の窓ガラスには氷の花が一面に咲きました。
 雪だるまにとって寒さは気持ちが良いはずなのに、雪だるまはとても悲しくなりました。
 だって窓ガラスに咲いた氷の花が、ストーブの姿を見えなくしてしまったのですから。

 朝が来ました。
 イヌは小屋から出ると、雪だるまに言いました。
「今日は暖かくなるぞ。おれが左足がそう言っているのさ」
 確かに天気が良くなり、お日さまがギラギラと輝き始めました。
 すると雪だるまは、だんだんと溶けていきました。
 イヌは雪だるまを見ると、悲しそうに言いました。
「残念だけど、あんたとは今日でお別れかもな」

 次の日の朝、イヌは雪だるまの立っていた所に、ストーブの火かき棒が転がっているのを見つけました。
 それを見て、イヌは雪だるまがストーブに恋をした理由が分かりました。
「そうか。あんたの体は火かき棒がしんになっていたのか。それであんなに、ストーブのそばに行きたがっていたんだね」
 やがて女中さんが落ちている火かき棒に気づいて、自分の部屋に持って帰りました。
 女中さんが火かき棒をストーブのそばに置くのを見て、イヌは優しく言いました。
「良かったね、想いが叶って」

おしまい

前のページへ戻る


     2月 6日の豆知識

366日への旅
きょうの記念日
海苔の日
きょうの誕生花
油菜(あぶらな)
きょうの誕生日・出来事
1969年 福山雅治 (歌手)
恋の誕生日占い
子ネコの様に無邪気で可愛い
なぞなぞ小学校
海にいる甘い魚は?
あこがれの職業紹介
学芸員(キュレーター)
恋の魔法とおまじない 037
好きな人とたくさん会えるおまじない
  2月 6日の童話・昔話

福娘童話集
きょうの日本昔話
けんかがうつる
きょうの世界昔話
雪だるま
きょうの日本民話
甚兵衛(じんべえ)とキノコ
きょうのイソップ童話
キツネとヒョウ
きょうの江戸小話
夜の暗いところ
きょうの百物語
げたの化け物
福娘のサイト
366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
福娘童話集
世界と日本の童話と昔話
女の子応援サイト -さくら-
誕生日占い、お仕事紹介、おまじない、など
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識