福娘童話集 > きょうの世界昔話 福娘童話集 きょうの世界の名作・昔話 童話・昔話・おとぎ話の福娘童話集
 


福娘童話集 > きょうの世界昔話 > 3月の世界昔話 > ロバとおじいさん

3月14日の世界の昔話

ロバとおじいさん

ロバとおじいさん
イランの昔話 → イランの国情報

 むかしむかし、とても正直者のおじいさんがいました。
 このおじいさんは、うそというものを知りません。
 生まれてから一度も人を疑った事がないので、このおじいさんはよく人にだまされました。
 でもいくらだまされても、おじいさんはだまされたとは思っていないのです。

 ある日、おじいさんは飼っているロバを連れて、市場へ買い物に出かけました。
 ところがドロボウたちがそれを見て、ヒソヒソとこんな相談を始めました。
「おい。あの正直親父が通るぞ」
「ああ、今日はロバを連れているな」
「よし、あのロバを手に入れようじゃないか。みんな、ちょっと耳をかせ」
 相談を終えたドロボウたちは、そっとおじいさんの引くロバの後ろへ忍び寄りました。
 でもおじいさんは、全く気がつきません。
 何しろ世の中に悪者がいるなんて知らないのですから、ちっとも用心しないのです。
 ドロボウたちはロバにつないであるたづなをほどいて、仲間の一人の首に結びつけました。
 そして他のドロボウたちは、さっさとロバを連れてどこかへ行ってしまいました。

 しばらくすると、首にたづなをつけたドロボウが、道の真ん中で急に立ち止まりました。
 おじいさんは前を向いたままグイグイたづなを引っ張りますが、ドロボウは全く動きません。
「おや、どうしたんだい?」
 おじいさんが振り向くと、いつの間にかロバが人間に変わっています。
「うひゃー! ロバが人問に化けた!」
 おじいさんはビックリして、腰を抜かしそうになりました。
 するとドロボウは、悲しそうな顔で言いました。
「おやさしいだんなさま、どうかそんなにビックリなさらないでください。
 実はわたしは、もともとは人間だったのでございます。
 ところがある時、わたしはたいそう悪い事をしてしまいました。
 その時、怒った母がわたしに、『ロバになっておしまい』と、言ったのです。
 するとそのとたんに、神さまがわたしをロバに変えてしまわれました。
 それからロバになったわたしは、だんなさまに飼われる事となり、今まで長い間お仕えしてまいりました。
 ところがさっき、とつぜん魔法がとけたのです。
 きっと神さまが、わたしをお許しくださったのでしょう。
 ああ、うれしい。
 わたしはやっと、人間に戻れたのです」
 この話を聞くと、正直者のおじいさんはポロポロと涙をこぼしました。
「それは気の毒な事をしました。
 そんな事とは知らず、わたしはあなたをこきつかったり、ムチで叩いたりしてしまいました。
 どうか、許してください。
 そして本当に長い間、よく働いてくれてありがとう」
 おじいさんはドロボウにおじぎをして、たづなをほどきました。
「さあ、これからは好きなところへ行って、幸せに暮らしてください」
「はい、ありがとうございます」
 ドロボウは横を向いてニヤリと笑うと、急いで仲間のところへ走って行きました。

 次の日、おじいさんは市場へ新しいロバを買いに行きました。
 ところが市場につくと、人間に戻ったはずのロバがおじいさんの顔を見てすり寄って来たのです。
 するとおじいさんは、怖い顔で言いました。
「この馬鹿者! また悪さをして、神さまにロバにされたんだろう。もうお前の顔なんか、見たくないよ!」

おしまい

前のページへ戻る


     3月14日の豆知識

366日への旅
きょうの記念日
ホワイトデー
きょうの誕生花
加密爾列(カミルレ)
きょうの誕生日・出来事
1948年 五木ひろし (歌手)
恋の誕生日占い
気配り上手で友達思い
なぞなぞ小学校
誰でも知っているきれいな川(道)だけど、誰も泳いだ(通った)事のない川は?
あこがれの職業紹介
小説家
恋の魔法とおまじない 074
結婚できるおまじない
  3月14日の童話・昔話

福娘童話集
きょうの日本昔話
餅屋の値段
きょうの世界昔話
ロバとおじいさん
きょうの日本民話
不思議なサバ売り
きょうのイソップ童話
ミツバチとゼウス
きょうの江戸小話
思いやり
きょうの百物語
無念の化け物
福娘のサイト
366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
福娘童話集
世界と日本の童話と昔話
女の子応援サイト -さくら-
誕生日占い、お仕事紹介、おまじない、など
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識