福娘童話集 > きょうの世界昔話 福娘童話集 きょうの世界の名作・昔話 童話・昔話・おとぎ話の福娘童話集
 


福娘童話集 > きょうの世界昔話 > 6月の世界昔話 > ズルタンじいさん

6月13日の世界の昔話

ズルタンじいさん

ズルタンじいさん
グリム童話 →グリム童話の詳細

♪音声配信(html5)
音声 まちゃりんの読んだり〜の♪

 むかしむかし、ズルタンという、年取ったイヌがいました。

 ある日、ズルタンは飼い主のお百姓(ひゃくしょう)さん夫婦(ふうふ)が、ヒソヒソ話をしているのを聞きました。
「あのイヌは歯が一本もなくて、泥棒もつかまえられない。
 もう役に立たないから、殺してしまおう。
 むだな飯を食わせるほど、家は金持ちじゃないからね」
 ズルタンは悲しくなって、仲の良いオオカミに会いに行きました。
 すると、オオカミが言いました。
「良い考えがある。
 明日、おれがあんたの飼い主の子どもをさらうから、追いかけてくるんだ。
 森の中で、あんたに子どもをわたしてやるよ。
 飼い主はあんたがオオカミから子どもの命を救った思って、きっと大事にしてくれるようになるぜ」
 オオカミの計画は、とてもうまくいきました。
 お百姓さんもおかみさんもズルタンを死ぬまで可愛がり、大事にするとちかったのです。
 すっかり楽な暮らしになったズルタンに、今度はオオカミがこんな事を言いました。
「あんたの飼い主のヒツジをさらうけど、この前助けてやったんだから見逃してくれるよな」
「それはだめだ。ほかの事ならともかく、ヒツジを守るのはワシの仕事だ」
 オオカミはズルタンに、腹を立てました。
「よし、明日森に来い。決闘(けっとう)だ! 思い知らせてやるぞ!」
 だけどオオカミと年寄りのズルタンでは、オオカミの勝ちに決まっています。
 そこでオオカミは、助太刀(すけだち)を一人連れてきてもいいと言いました。
 でもズルタンの助太刀なってくれるのは、同じ家に住んでいる三本足のネコしかいませんでした。
 ネコは歩くと足が痛いので、尻尾をピンと高く立てていました。
 オオカミはイノシシに助太刀を頼み、森の中で待ちかまえていました。
 ところがネコのまっすぐな尻尾が長い剣に見えたので、びっくり。
「あいつを甘く見ていたな!」
「だがネコのやつ、いやにゆっくりだな。きっと石をひろいながら近づいてきているんだ」
 怖くなったオオカミとイノシシは、草のしげみにかくれました。
 しかしイノシシの耳がしげみからはみ出て、ピクピクと動いています。
「あっ、ぼくの大好物のネズミだ!」
 ネコが大喜びでイノシシの耳にかみつくと、イノシシはひめいを上げて逃げていきました。
 オオカミはビクビクかくれているところを見られて、とてもかっこ悪く思いました。
「歯が一本もなくても、あんたは強いイヌだ。
 もう、あんたの家のヒツジをおそうことはしないよ」
 ズルタンとオオカミは、また仲直りしました。

おしまい

前のページへ戻る


     6月13日の豆知識

366日への旅
きょうの記念日
FMの日
きょうの誕生花
ツンベルギア(Thunbergia)
きょうの誕生日・出来事
1968年 森口博子(歌手)
恋の誕生日占い
頭の回転がはやく、物事を合理的に考えます
なぞなぞ小学校
寝込んでいる動物は?
あこがれの職業紹介
シンガーソングライター
恋の魔法とおまじない 165
好きな人を不幸な事から守るおまじない
  6月13日の童話・昔話

福娘童話集
きょうの日本昔話
泥棒退治の屁(へ)
きょうの世界昔話
ズルタンじいさん
きょうの日本民話
山の三太郎
きょうのイソップ童話
闘犬と普通のイヌ
きょうの江戸小話
ごんすけのお使い
きょうの百物語
山姫
福娘のサイト
366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
福娘童話集
世界と日本の童話と昔話
女の子応援サイト -さくら-
誕生日占い、お仕事紹介、おまじない、など
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識