福娘童話集 > きょうの日本昔話 福娘童話集 きょうの日本昔話 童話・昔話・おとぎ話の福娘童話集
 


福娘童話集 > きょうの日本昔話 > 6月の日本昔話 > 泥棒退治のへ

6月13日の日本の昔話

どろぼうたいじのへ

泥棒退治のへ

にほんご(日语)  ・ちゅうごくご(中文) ・日语&中文

 むかしむかし、あるところに、なまけ者の男がいました。
 働きに行ってもすぐになまけるので、どんな仕事もすぐにやめさせられます。
 そこで男は、村のちんじゅさまにおまいりをして、
「どこかに、楽な働き口が見つかりますように」
と、お願いしました。
 すると、ちんじゅの神さまは、めったにおがんでくれる者がないので喜んで、
「よろしい。お前の頼みを聞き届けてやろう。お前には、珍しい『へ』を授けよう」
と、言ったのです。
「へっ? 『へ』ですか?」
 男は、ガッカリです。
「こら、何だその顔は。
 もっと、喜ばんか。
 いいえ、わしの授ける『へ』は、ただの『へ』ではないぞ。
 この『へ』は、プウーとかスウーとか、そんなケチななりかたはせん。
 ダリャ! ダリャッ!(だれだ、だれだ)と、でっかい音がする。
 これでお前にはきっと、良い働き口が見つかるはずじゃ」
 ちんじゅの神さまの声は、それっきり聞こえなくなってしまいました。
「ああ、せっかくおがんだのに、『へ』しか授けてもらえんとは」

 次の日、男が働き口を探しに行くと、間もなくやとってくれるところが見つかりました。
 ところが男が、
「ダリャ、ダリャッ!」
と、音のでっかい『へ』をするものだから、たちまち嫌われてひまをだされてしまいました。
「話しが違うではないか! せっかく良い働き口が見つかったのに、『へ』のせいで追い出されてしまったぞ」
 男が村はずれで途方にくれていると、男のうわさを聞いた長者(ちょうじゃ→詳細)の使いがやって来て言いました。
「どうだ。長者さまのお屋敷で、働かねえか」
 男はこうして、長者の屋敷で働く事になりました。

 男の仕事は、屋敷にある物を泥棒に取られないように見張ることです。
「これなら、おらにもつとまりそうだ」
 男は毎晩、屋敷の倉に入って見張る事にしました。
 けれども、いつまでたっても泥棒が現れないので、男はすっかりゆだんして倉の中でねむってしまいました。
 そこに、泥棒が現れました。
「しめしめ、誰もおらんぞ」
 泥棒が安心して、金目の物をふろしきに包みはじめると、
「ダリャ、ダリャッ!」
と、いきなり大きな声がしました。
 泥棒は、まさかそれが『へ』だとは思いません。
「しまった。見つかったぞ!」
 泥棒は、あわてて逃げ出そうとしましたが、誰も追いかけてくる様子はありません。
 気を取り直して見回すと、一人の男がだらしなくねむっています。
「なんだ。今のはこいつの『へ』の音か。おどかしやがって」
 泥棒は怒って、男の尻に、落ちていたたるのせんをつめました。
「これでよし」
 そして再び、泥棒を開始しました。
 そしていよいよ、泥棒が盗んだ物をかついで倉を出ようとすると、男の尻につめてあったたるのせんが、スポーンと抜けたから大変です。
 たまりにたまった『へ』が、
「ダリャ、ダリャッ、ダリャーッ!!」
と、屋敷中にひびき渡りました。
 そしてそれを聞きつけた屋敷の者がすぐに駆けつけたので、泥棒はあっさり捕まってしまいました。
「よくやった! お前の見事な働きで、泥棒が退治出来たぞ。しかも今まで盗まれた物も、取り返す事が出来たぞ」
 男は喜んだ長者から、たくさんのほうびをもらったということです。

おしまい

前のページへ戻る


     6月13日の豆知識

366日への旅
きょうの記念日
FMの日
きょうの誕生花
ツンベルギア(Thunbergia)
きょうの誕生日・出来事
1968年 森口博子(歌手)
恋の誕生日占い
頭の回転がはやく、物事を合理的に考えます
なぞなぞ小学校
寝込んでいる動物は?
あこがれの職業紹介
シンガーソングライター
恋の魔法とおまじない 165
好きな人を不幸な事から守るおまじない
  6月13日の童話・昔話

福娘童話集
きょうの日本昔話
泥棒退治の屁(へ)
きょうの世界昔話
ズルタンじいさん
きょうの日本民話
山の三太郎
きょうのイソップ童話
闘犬と普通のイヌ
きょうの江戸小話
ごんすけのお使い
きょうの百物語
山姫
福娘のサイト
366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
福娘童話集
世界と日本の童話と昔話
女の子応援サイト -さくら-
誕生日占い、お仕事紹介、おまじない、など
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識