福娘童話集 > きょうの世界昔話 福娘童話集 きょうの世界の名作・昔話 童話・昔話・おとぎ話の福娘童話集
 


福娘童話集 > きょうの世界昔話 > 7月の世界昔話 > 人魚のしかえし

7月28日の世界の昔話

人魚のしかえし

人魚のしかえし
デンマークの昔話 → デンマークの国情報

♪音声配信(html5)
音声 おはなしや

 むかしむかし、北の冷たい海に、一人の美しい人魚(にんぎょ)が住んでいました。
 この人魚は五頭のウシを飼っていて、とても大事にしています。

 ある日、人魚はウシを近くの島まで連れて行って、お腹がいっぱいになるまで草を食べさせてやりました。
 その様子を、この島に住むいじわるな人間たちが見ていました。
「おい、人魚だぞ」
「ああ、人魚のくせにウシなんか飼いやがって」
「どうだ、あのウシを取ってしまわないか?」
「いいな。しかしウシよりも、人魚が腰にまいている帯(おび)を手に入れないか? あの帯には、宝石がたくさんついているという話しだ」
 そこで人間たちはウシに近づくと、人魚からウシを取り上げてしまったのです。
「わたしのウシを、返してください!」
 ウシを取られた人魚は、泣いて人間たちに頼みました。
「返すもんか。・・・でも、お前が腰にまいている帯(おび)をくれたら、ウシを返してやってもいいぞ」
「帯を? だけどこの帯は、人魚だけしか使うことが出来ないんです。人間が持っていても、少しも役に立たない帯ですよ」
「うそをつくな! その帯には宝石がたくさんついているじゃないか。その宝石があったら、おれたちは大金持ちになれる。さあ、ウシを返してやるから帯をよこせ!」
 人魚はウシをとても可愛がっていたので、仕方なく帯を人間たちに渡してウシを返してもらいました。
 でも、なんだかくやしくてたまりません。
 そこで人魚は、ウシに言いました。
「さあ、砂をほって、いじわるな人間たちにしかえしをしてやりなさい」
 するとウシたちは、砂を角や足でほりはじめました。
 すると砂が風でまいあがり、いじわるな人間たちの住んでいる村へと飛んでいきました。
「さあ、もっと砂をほって、人間たちの家をうめてしまいなさい」
 人間たちの村に飛んでいった砂は、どんどんどんどん降りつもり、やがて人間たちの家をうめてしまいました。
 あわてて逃げ出した人間たちは、
「ふん! ちっぽけな家ぐらい、なくなったってかまうものか! こっちには宝石のいっぱいついた帯があるんだ。これがあれば、大きな城だってたてられるさ」
と、ニコニコ顔です。
 でも、人魚から取りあげた帯をよく見てみると、宝石など1つもついていません。
 いつの間にか帯はコンブに変わっていて、宝石は海で岩などについているフジツボに変わっていたのです。

おしまい

前のページへ戻る


     7月28日の豆知識

366日への旅
きょうの記念日
第一次世界大戦開戦日
きょうの誕生花
露草(つゆくさ)
きょうの誕生日・出来事
1978年 矢井田瞳(シンガー)
恋の誕生日占い
とても頭が良くて、不可能はないくらいの実力者
なぞなぞ小学校
毛が2本生えている植物は? (漢字なぞなぞ)
あこがれの職業紹介
彫刻家
恋の魔法とおまじない 210
ずっと一緒にいられるおまじない
 7月28日の童話・昔話

福娘童話集
きょうの日本昔話
うば捨て山
きょうの世界昔話
人魚の仕返し
きょうの日本民話
三吉さま
きょうのイソップ童話
からいばり
きょうの江戸小話
とこを取れ
きょうの百物語
カエルと娘
福娘のサイト
366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
福娘童話集
世界と日本の童話と昔話
女の子応援サイト -さくら-
誕生日占い、お仕事紹介、おまじない、など
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識