福娘童話集 > きょうの世界昔話 福娘童話集 きょうの世界の名作・昔話 童話・昔話・おとぎ話の福娘童話集
 


福娘童話集 > きょうの世界昔話 > 11月の世界昔話 > 逃げクーナンと赤い子ウマ

11月20日の世界の昔話

逃げクーナンと赤い子ウマ

クーナンと赤い子ウマ
中国の昔話  → 中国の国情報

 むかしむかし、クーナンという男の子が、赤い子ウマをかっていました。
 その赤い子ウマは足がとても速くて、まるで風のように走る事が出来ます。
 村人たちは、みんな、
「あんなに速く走るウマは、見た事がない」
と、ほめていました。

 ある日の事、クーナンがいつものように赤い子ウマに乗って野原を走っていると、王さまが家来(けらい)を連れてやってきました。
「おい、お前がクーナンだな」
「はい、王さま。何のご用でしょうか?」
 クーナンがたずねと、王さまは赤い子ウマを指さして言いました。
「そのウマを、わしによこせ」
「え? 赤い子ウマを」
 クーナンは、きっぱりと断りました。
「いやです。だってこの子ウマは、ぼくの友だちなんです」
 すると王さまは、顔をまっ赤して怒りました。
「王の命令だ! はやくウマをよこせ!」
「王さま、待ってください」
 クーナンは、赤い子ウマにしがみついてさけびました。
「この子ウマのかわりに、ぼくがどんなけものでもつかまえてきます。ですから、子ウマを連れて行く事だけはやめてください」
「ほほう」
 王さまは、ニヤリと笑いました。
「それでは、草原に住む化け物を生けどりにしてこい。もしそれが出来なければ、子ウマをとりあげるぞ」
「ば、化け物を?」
 クーナンは、思わず聞き返しました。
 それというのも草原に住む化け物とは、どんな勇士でも退治する事が出来ない恐ろしい(りゅう)だったからです。
 それを聞いて周りにいた人たちが、クーナンに言いました。
「化け物をつかまえるなんて、お前に出来るはずがないよ。はやく王さまにあやまって、子ウマを差し上げた方がいいよ」
「でも・・・」
 クーナンは、返事に困ってしまいました。
「さあ、どうした? 赤い子ウマをよこすか、化け物を生けどりにするか、どっちだ?」
 クーナンは、決心しました。
「化け物を、生けどりに行きます!」
「本当だな?」
「はい。ぼくは、うそは言いません」
「よし。ではあすの朝までに、化け物を生けどりにしてこい」
「はい」
 クーナンは仲良しの子ウマを王さまにとられてしまうくらいなら、化け物に食べられた方がましだと思いました。
 しかしクーナンの家には、病気のお父さんがいます。
 もしクーナンが化け物に食べられたりしたら、病気のお父さんはどんなに悲しむでしょう。
「王さまにはああ言ったけど、どうしたらいいんだろう」
 クーナンは、考え込んでしまいました。
 するとその時、赤い子ウマがクーナンに言いました。
「ぼくに、まかしておけ。クーナン、長い竹のさおの先になわで輪(わ)をこしらえるんだ」
「うん、わかった」
 クーナンは赤い子ウマの言う通りの物を作ると、それをかついで子ウマにまたがりました。
「クーナン、急ぐよ」
 赤い子ウマは、ものすごい早さで走り出しました。
 やがてクーナンたちは、大きな川につきました。
 川を渡ろうとすると、さかなやカエルが骨だけになって流れていました。
「まてよ」
 クーナンは近くの草むらの草を引き抜くと、それを川に投げ入れました。
 するとたちまち、草はとけてなくなりました。
 この川は何でもとかしてしまう、おそろしい川だったのです。
 そのとき、赤い子ウマがなきました。
「ヒヒーン、ヒヒーン! 風よ来い!」
 するといきなり強い風が吹いてきて、クーナンと赤い子ウマを向こう岸まで運んでくれました。

 しばらく行くと今度は山が噴火(ふんか)していて、まっ赤に燃えた岩が雨のように降っていました。
「どうしよう? このままじゃ、焼け死んでしまう」
 そのとき、赤い子ウマがまたなきました。
「ヒヒーン、ヒヒーン! くもよ来い!」
 すると空にうかんでいる白いくもが集まって、二人を守る大きなかさになりました。
 燃えた岩がいくら降ってきても、くものかさがはじいてくれます。
 ぶじに岩の雨を通り抜けた二人は、今度は青い花が一面に咲いている野原に出ました。
 とてもきれいな花なのでクーナンが子ウマをとめて見とれていると、風が吹いてきてクーナンにささやきました。
「この花のミツを飲むと、どんな病気でもすぐ治ってしまうよ」
「そりゃすごいや。病気のお父さんに持って帰ろう」
 クーナンはウマからおりると、青い花を集めはじめました。
「おい、赤い子ウマ。お前も手伝ってくれよ」
 クーナンがそう言った時、赤い子ウマがなきました。
「ヒヒーン。ヒヒーン。ヒヒーン」
 見ると黒いたつまきが現れて、こっちにむかって来るではありませんか。
 クーナンは青い花を投げすてると、急いで赤い子ウマに飛び乗りました。
「何だろう。あれは」
 すると、赤い子ウマが答えました。
「あれが、草原の化け物だ」
 やがて黒いたつまきの中から、九つの首を持つ竜が出てきました。
「ブオオオオオー!」
 竜は九つの首を使って、クーナンたちにおそいかかりました。
「クーナン、しっかりつかまっていてよ」
 赤いウマは大きくジャンプをして竜の首をよけると、すごいはやさで竜のまわりをグルグルとかけまわりました。
 それにつられて、竜の首もグルグル回ります。
 そのうちに竜の九つの首がグルグルとからまってしまい、竜は息が出来なくなってきぜつしてしまいました。
「しめた。いまだ!」
 クーナンは持ってきた竹の先のなわの輪を竜の首にひっかけると、そのまま竜を引きずって村へ帰って来ました。
 クーナンが草原の化け物を生けどりにしたと知って、村人たちは大喜びです。
「ばんざーい。クーナン、よくやったぞ!」
 これには、王さまもびっくりです。
「クーナンよ、お前は本当にゆうかんな子どもだ。約束通り、ウマはあきらめよう。そしてお前に、ほうびをやるぞ。この国の大臣にしてやろう」
 しかしクーナンは、王さまの申し出を断りました。
「ほうびはいりません。ぼくは、赤い子ウマとお父さんがいればじゅうぶんです」
 クーナンはそう言うと病気のお父さんと一緒に赤い子ウマに乗って、村を出て行きました。
 そしてあの青い花の咲く野原に家を建てると、元気になったお父さんと子ウマと三人で、楽しく暮らしたということです。

おしまい

前のページへ戻る


     11月20日の豆知識

366日への旅
きょうの記念日
ホテルの日
きょうの誕生花
石蕗(つわぶき)
きょうの誕生日・出来事
1980年 小池 栄子 (女優)
恋の誕生日占い
世話好きで、誰にでも優しい
なぞなぞ小学校
家に火をつけたら火事。では、田んぼに火をつけたら?
あこがれの職業紹介
司法書士
恋の魔法とおまじない 325
優しい心になれるおまじない
  11月20日の童話・昔話

福娘童話集
きょうの日本昔話
逃げた黒牛
きょうの世界昔話
逃げクーナンと赤い子ウマ
きょうの日本民話
お坊さんになりたかったキツネ
きょうのイソップ童話
ネコとニワトリ
きょうの江戸小話
魚の心中
きょうの百物語
墓場へ行く娘
福娘のサイト
366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
福娘童話集
世界と日本の童話と昔話
女の子応援サイト -さくら-
誕生日占い、お仕事紹介、おまじない、など
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識