福娘童話集 > きょうの世界昔話 福娘童話集 きょうの世界の名作・昔話 童話・昔話・おとぎ話の福娘童話集
 


福娘童話集 > きょうの世界昔話 > 11月の世界昔話 >ほら吹き男爵 凍り付いたラッパの音

11月25日の世界の昔話

ほら吹き男爵 凍り付いたラッパの音

ほら吹き男爵 凍り付いたラッパの音
ビュルガーの童話 → ビュルガーの童話について

 わがはいは、ミュンヒハウゼン男爵(だんしゃく)。
 みんなからは、『ほらふき男爵』とよばれておる。
 今日も、わがはいの冒険話を聞かせてやろう。

 これは、ロシアへ旅に行った時の事だ。
 寒さの厳しい日が続いたので、わがはいは愛馬のリトアニア馬を宿屋に預けると、郵便馬車に乗り込んで旅を続ける事にした。
 道幅がどんどんせまくなり、馬車は両側にイバラのしげった、せまいでこぼこ道にさしかかった。
 こんなせまい道で反対側から馬車がやって来てはさける事が出来ないので、わがはいは御者に注意をしてやった。
「もし反対側から別の馬車がやって来たら、大変な事になる。注意をうながすためにも、ラッパで合い図をしたほうがいいぞ」
「はい、わかりました」
 御者は、さっそく、わがはいに言われた通りにラッパを吹いたのだが、
「・・・・・・」
 どうした事か、ラッパがさっぱり鳴らないのである。
 御者は顔をまっ赤にして頑張るが、ピィーともスゥーとも鳴らないのだ。
「どうした? 早く鳴らさないと、危ないぞ」
と、その時、間の悪い事に反対側から別の馬車がやって来た。
「危ない! 早く馬車を止めろ!」
 わがはいの指示で御者は何とか馬車を止めたが、二台の馬車はせまい道で向かい合ってしまい、立ち往生してしまったのだ。
 まったく、さっさとラッパで合い図を出していれば、相手の馬車を広い道で待たせて楽々とすれ違う事が出来たのに。
 まあ、今となってはもう遅いが。
「どうしましょう・・・」
 御者はなさけない声で、わがはいに助けを求めた。
「しょうがないなあ」
 そこでわがはいは自慢の怪力をふるうのはこの時と、馬車から飛びおりて馬をはずすと、四輪馬車を肩にかつぎあげて、
「やーっ!」
と、鋭い気合いもろとも相手の馬車の上を飛びこえて、向こう側の地面にぴょんと降り立った。
 そしてまた元の場所に戻ると、今度は二頭の馬を左右にかかえて、再び馬車の屋根を飛びこえた。
 こうして二台の馬車は、無事に走り去る事が出来たのである。
「えらい力ですなあ」
 御者は驚きの声をあげたが、
「きみのラッパの鳴らし方が悪いから、こんな力仕事をしたのだ。一体、何のためのラッパだ?」
と、わがはいは、プンプンと注意をした。

 さて、その夜は宿屋に泊まって昼間の力仕事の疲れを休めたわけだが、わがはいと御者が暖炉の前で世間話をしていると、実に不思議な事が起こった。
 何と、暖炉の横にかけてあった御者のラッパが、
♪ブーーーッ!
と、突然、鳴り出すではないか。
「こっ、これは・・・。そうか!」
 わがはいはしばらく考えて、昼間、ラッパが鳴らなかったわけがやっとわかった。
 昼間に鳴らしたラッパの音はラッパの中で凍り付いてしまい、それが暖炉の暖かさにとけて、たった今、鳴り出したのである。
「いやー、なるほど、なるほど。きみのラッパの鳴らし方が、悪かったのではなかったのだな」
 わがはいは御者に昼間怒った事をあやまると、おわびにホットワインをごちそうした。

 『冬にラッパを吹く時は、良く温めてから吹こう』
 これが、今日の教訓だ。

 では、また次の機会に、別の話をしてやろうな。

おしまい

前のページへ戻る


     11月25日の豆知識

366日への旅
きょうの記念日
ハイビジョンの日
きょうの誕生花
銀葦(しろがねよし)
きょうの誕生日・出来事
1962年 寺門ジモン (芸人)
恋の誕生日占い
流行に敏感で、個性的なファッションを好みます
なぞなぞ小学校
西にある木は、何の木?
あこがれの職業紹介
公認会計士
恋の魔法とおまじない 330
誤解をとくおまじない
  11月25日の童話・昔話

福娘童話集
きょうの日本昔話
すす竹売り
きょうの世界昔話
ほら吹き男爵 凍り付いたラッパの音
きょうの日本民話
水かけ地蔵
きょうのイソップ童話
ワシとキツネ
きょうの江戸小話
よく見るがいい
きょうの百物語
おらびの妖怪
福娘のサイト
366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
福娘童話集
世界と日本の童話と昔話
女の子応援サイト -さくら-
誕生日占い、お仕事紹介、おまじない、など
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識