福娘童話集 > きょうの世界昔話 福娘童話集 きょうの世界の名作・昔話 童話・昔話・おとぎ話の福娘童話集
 


福娘童話集 > きょうの世界昔話 > 12月の世界昔話 > ウシを手に入れるまで

12月12日の世界の昔話

ウシを手に入れるまで

ウシを手に入れるまで
インドネシアの昔話 → インドネシアの国情報

 むかしむかし、セレベス島(→インドネシアの島)のある村に、ラ・ダナという頭の良い若者が住んでいました。

 ある日、村でおそうしきがありました。
 この村ではおそうしきに来た人にウシの肉を配る事になっていて、頭をもらう人、片足をもらう人、胴体をもらう人など、それぞれもらうところがバラバラです。
 そこでおそうしきに行ったラ・ダナは、ほかの場所をもらう事になっている人に相談を持ちかけて、みんなで生きたウシで一頭もらうことにしました。
「このウシを育てて、もっと大きくしよう」
 ラ・ダナが言うと、みんなも賛成しました。
 そしてラ・ダナが代表して、ウシを飼う事になりました。

 さて、それから四、五日たつと、ラ・ダナは仲間たちのところへ行って言いました。
「ウシの肉が食べたくなったから、ウシを殺そう」
「ええっ、でもせっかくだから、もっと大きくしてからにしようよ」
「それじゃあ、ぼくの取り分の後ろの片足をもらう事にするよ。そのあとは、ウシを飼うなり殺すなり、きみたちの好きにすればいい」
 ラ・ダナはそう言って、ウシの片足を切ろうとしました。
「ま、待ってくれ! そんな事をすれば、ウシが死んでしまうよ」
「そんな事は、知らないよ。ぼくは、自分の分の片足だけをもらえばいいのさ」
「しかし・・・」
 こまったみんなは相談して、ラ・ダナにこう言いました。
「それじゃ、もう一本の後ろ足をきみにやるから、今はがまんしてくれないか?」
「うーん、そんなに言うなら、もっと大きくしてからにしようか」
 ラ・ダナは、自分の取り分が後ろ足二本になったのでよろこびました。

 ところが一週間もたつと、またラ・ダナがやって来て言いました。
「やっぱり肉が食べたいから、ウシを殺そう」
「では前足を一本やるから、がまんしてくれないか?」
「いやだ。がまんできない」
「それなら、前足を二本ともやろう。どうだい?」
「それならいいよ」
 ラ・ダナの取り分が足四本になったので、ラ・ダナはよろこんで帰りました。
 ところが一ヶ月たつと、またやって来て言いました。
「そろそろウシを殺そう。長い間、肉を食べていないから、もうがまんできない!」
「しかたがない。胴体もやるから、もう少しがまんしろよ」
「よし、それならがまんしよう」
 こうしてラ・ダナは、頭以外の全部をもらう事になったので大喜びです。

 ところが一ヶ月たつと、またまたやって来て言いました。
「ぼくのお母さんが、ウシの肉を食べたいと言うんだ。今度こそウシを殺そうよ」
 その時、仲間のみんなは大いそがしだったので、イライラしていました。
「うるさいやつだ。ウシはみんなきみにやるから、好きにしろ!」
「あいよ、好きにするよ」
 こうしてラ・ダナは、ウシを一頭、まるごと手に入れたのです。

 その後、ラ・ダナはウシを食べるどころか大切に育てて、とても大きくしたそうです。

おしまい

前のページへ戻る


     12月12日の豆知識

366日への旅
きょうの記念日
漢字の日
きょうの誕生花
青木(あおき)
きょうの誕生日・出来事
1976年 瀬戸朝香 (女優)
恋の誕生日占い
明るく元気な、おてんば娘
なぞなぞ小学校
文章が得意な虫は?
あこがれの職業紹介
保険外交員・保険会社勤務
恋の魔法とおまじない 347
恋愛運アップで告白されるおまじない
 12月12日の童話・昔話

福娘童話集
きょうの日本昔話
お花地蔵
きょうの世界昔話
ウシを手に入れるまで
きょうの日本民話
信濃の浦島太郎
きょうのイソップ童話
野生のロバと飼われているロバ
きょうの江戸小話
酔っ払い
きょうの百物語
油取り
福娘のサイト
366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
福娘童話集
世界と日本の童話と昔話
女の子応援サイト -さくら-
誕生日占い、お仕事紹介、おまじない、など
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識