辰年の昔話辰年特集 2012年 童話・昔話・おとぎ話の福娘童話集
福娘童話集メニュー

福娘童話集 ホーム


えとのおはなし

えとのおはなしメニュー
イラストをクリック
ネズミ年
ねずみ
ウシ年
うし
トラ年
とら
ウサギ年
うさぎ
タツ・リュウ年
たつ
ヘビ年
へび
ウマ年
うま
ヒツジ年
ひつじ
サル年
さる
トリ年
とり
イヌ年
いぬ
イノシシ年
いのしし
広 告
 


福娘童話集 >えとのおはなし >たつ・りゅうのお話し > ヤンニとドラゴンとお嫁さん

たつ・りゅうのお話し 第 4 話

ヤンニとドラゴンとお嫁さん

ヤンニとドラゴンとお嫁さん
ギリシアの昔話ギリシアの情報

おりがみをつくろう ( おりがみくらぶ より)
ティラノサウルスの折り紙てぃらのさうるす  デイノニクスの折り紙デイノニクス

♪ おはなしをよんでもらう
音声 悠が童話を読んでみます

 むかしむかし、ギリシアのある所に、ヤンニという男の人がいました。

 ある日の事、ヤンニが森を散歩をしていると、いきなり一頭のドラゴンが現れました。
「おいヤンニ、昼ご飯にお前を食べてやるから、覚悟しろ」
 びっくりしたヤンニは、ドラゴンにお願いしました。
「まっ、待ってくれ。お願いだから、待ってくれ。ぼくのお嫁さんになる人のところへ、最後のお別れに行ってくるから」
 するとドラゴンは、ニヤリと笑って言いました。
「いいだろう。ただし、必ずここへ戻って来い。でないと、お前の嫁になる女も食べてやるからな」
「うん、わかった」
 ヤンニは約束すると、急いでお嫁さんになる人のところへ行きました。
「すまないが、もうお別れだ。ぼくは、ドラゴンの昼ご飯になってしまうんだ」
 それを聞くと、お嫁さんになる人が言いました。
「では、わたしも一緒に連れて行ってください」
「とんでもない。そんな事をしたら、お前も昼ご飯にされてしまうよ。お前は、ここにいなさい」
「いいえ、わたしも行きます」
「・・・でも」
「わたしも行きます」
 そこでヤンニは仕方なく、お嫁さんになる人を一緒に連れて行きました。

 さて、ドラゴンはヤンニが女の人を連れて来たのを見て、大喜びです。
「ああ、おれの昼ご飯が、二倍になって戻ってきたぞ」
 ドラゴンはヤンニとお嫁さんになる人のそばへ行くと、よだれをこぼしながら言いました。
「よく戻って来たな。さあ、さみしくないように、二人一緒に食べてやるからな」
 するとお嫁さんになる人が、ドラゴンの前に両手を広げて言いました。
「まあ、なんて、おいしそうなドラゴンだこと。
 わたしは朝ご飯にドラゴンを九頭も食べてきたのに、もうお腹がペコペコだわ。
 でもこれで、十頭目のドラゴンを食べられるわ。
 うふふふ」
 それを聞いて、ドラゴンはびっくりです。
 さっきの元気はどこへやら、ドラゴンはガタガタふるえながら言いました。
「ヤンニさん、お願いだから教えてくれ。この女の人は、誰の娘さんなのか」
「それは・・・」
 ヤンニがもじもじしていると、お嫁さんになる人が自慢げに言いました。
「わたしは神々の王、ゼウスの娘よ。
 父にもらったカミナリの力で、ドラゴンを丸焼きにしてから食べるのよ。
 さあ、わたしのお昼ご飯、覚悟しなさい!」
 ドラゴンはびっくりして飛び上がると、
「うぎゃーー! 助けてくれー!」
と、あともふりかえらずに、森の奥へと逃げていきました。
 それを見たお嫁さんになる人は、ヤンニにニッコリほほえむと、
「あはははは。
 あのドラゴンたら、わたしのうそにまんまとだまされたわ。
 さあヤンニ、家に帰りましょう」
と、ヤンニの手を引いて、家に帰っていきました。

おしまい

前のページへ戻る

たつ・りゅうのお話し 12話
たましいが入った竜
お姫さまとドラゴン
左甚五郎(ひだりじんごろう)の竜
ヤンニとドラゴンとお嫁さん
竜とニワトリ
龍王ばあさま
西の滝の竜 弘法話
黒姫と黒竜
薬王寺の上り竜と下り竜
龍神さまの掛軸
ホラふき和尚
竜と琵琶法師
福娘のサイト
366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
福娘童話集
世界と日本の童話と昔話
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識