福娘童話集 > きょうの日本昔話 福娘童話集 きょうの日本昔話 童話・昔話・おとぎ話の福娘童話集
 


福娘童話集 > きょうの日本昔話 > 1月の日本昔話 > 百姓じいさんとテング

1月3日の日本の昔話

百姓じいさんとテング

百姓じいさんとテング

にほんご(japones) ←→ にほんご(japones) ・ すぺいんご(espanol) ←→ すぺいんご(espanol)

♪音声配信(html5)
音声 スタヂオせんむ

 むかしむかし、百姓(ひゃくしょう)のおじいさんが、ウマを連れて歌いながら山道を歩いていました。
♪心楽しや
♪山坂行けば
♪ウマの鈴までこだまする
♪エーイソラ ホイホイ
 すると向こうの方から、ズシンズシンと大きな足音を立てながら、大テングがやって来ました。
 その大テングの鼻ときたら、おじいさんの腕ほど長くて大きく、顔ときたら、塗り立ての神社の鳥居より、まっ赤です。
 大テングとおじいさんは、細い山道でぶつかりました。
「こら、じいさま。道をよけろっ!」
 大きな声の大テングに、おじいさんは負けじと、
「よけろと言うたって、ここはおらが道じゃ。おまけに、おらこの通り、ウマと二人連れじゃ。お前がよけろ」
と、大テングを睨みつけます。
「ヒヒ、ヒヒーン!」
 ウマもないて、おじいさんの応援です。
「このじじいめ。つべこべぬかすと、つまんで食うてしまうぞー!」
「そうかい。おらもこの年、食われて死ぬのは怖くないが、お前に食われる前に、一つ見たい物があるんじゃ」
「何じゃい、それは」
「テングは、誰でも術という物を使うそうじゃが、本当かいのう」
「ワハハハハッ。わしはこれでも、テングの頭じゃ。術ぐらい使えんでなんとする」
「そうかい。テングいう物は、どこのテングでも天まで大きゅうなれるというが、お前さまは、なれるかね」
「天まで大きゅうなる? そんな事が出来んで、どうなる」
「そうかのう。じゃあ、おらが食われる前に、ちょっくら見せてもらおうか。あの世への話の種というもんじゃ」
「よし。よう見とれっ」
 そこで大テングは鼻を上に向けて、ゴォーーッと息を吸い込みました。
 すると、グングングングン、大テングの背が伸びて、とうとう雲を突き抜けてしまいました。
 そこでおじいさんはニヤリと笑い、いかにも感心した様に言いました。
「テング様、テング様。ようわかったから、元に戻って下され」
 すると大テングは、シューッと息を吐いて、元の大きさに戻りました。
「どうじゃ、じいさま。ビックリしたろう。さあ、食うてやるか」
と、手を伸ばす大テングに、おじいさんはカラカラと笑って、
「そんな事言うても、テング様が天まで大きゅうなるのは、どこのテング様でもやる事でねえか。お前様は、さっきテングの頭と言うたが、いくら頭でも小そうなるこたぁ出来まい」
「なにっ。わしは日本一のテングじゃ。大きゅうばかりなれて、小そうはなれん、そんなケチなテングじゃないわい。見とれ。今見せてやるわ」
 大テングはそう言うて、フーッと息を吐き出しました。
 するとドンドン小さくなっていって、おじいさんの小指ほどになってしまいました。
 そこでおじいさんは、ヒョイと大テングを手の平に乗せて、
「よう。もっと小さく、もっと小さく。そうそう」
 ついに大テングは、豆粒の様に小さくなってしまいました。
「かかったな」
 おじいさんは大テングをつまむと、ポイと口の中ヘ放り込んで、ゴクンと飲み込んでしまいました。
 そして、
♪そよら そよらと
♪たてがみなでて
♪吹くや春風 里までも
♪エーソラ ホイホイ
 歌いながらウマを引いて、家の方へ帰って行きました。

おしまい

前のページへ戻る


     1月 3日の豆知識

366日への旅
きょうの記念日
ひとみの日
きょうの誕生花
福寿草(ふくじゅうそう)
きょうの誕生日・出来事
1961年 柳葉敏郎(俳優)
恋の誕生日占い
自分の事より、みんなの事を優先する
なぞなぞ小学校
お昼の12時は何年生?
あこがれの職業紹介
声優
恋の魔法とおまじない 003
好きな人と、たくさんメール交換が出来るおまじない
  1月 3日の童話・昔話

福娘童話集
きょうの日本昔話
百姓じいさんとテング
きょうの世界昔話
カエルの王さま(鉄のハインリ)
きょうの日本民話
跡隠しの雪
きょうのイソップ童話
ごちそうに招かれたイヌ
きょうの江戸小話
きょうの百物語
雨がしょぼしょぼと降る晩
福娘のサイト
366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
福娘童話集
世界と日本の童話と昔話
女の子応援サイト -さくら-
誕生日占い、お仕事紹介、おまじない、など
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識