福娘童話集 > きょうの日本昔話 福娘童話集 きょうの日本昔話 童話・昔話・おとぎ話の福娘童話集
 


福娘童話集 > きょうの日本昔話 > 1月の日本昔話 >竹から生まれた女の子

1月16日の日本の昔話

竹からうまれた女の子

竹から生まれた女の子
鳥取県の民話鳥取県情報

♪音声配信(html5)
音声 おはなしや

にほんご(日语)  ・ちゅうごくご(中文) ・日语&中文

 むかしむかし、あるところに、子どものいない、おじいさんとおばあさんが住んでいました。
「なあ、ばあさん。わしらにも子どもがあると、どんなにいいだろうね」
「そうですね。でも、わたしもおじいさんも年ですから、もう無理ですね」
「そうだな。寂しいことだ」
 そんなある日の事、おじいさんが山へ竹を切りに行くと、何と竹の切り口から小さな女の子が飛び出して来たのです。
「おおっ、これは神さまが授けて下さったに違いない」
 おじいさんは大喜びで女の子を家に連れて帰ると、それはそれは大切に育てました。
 女の子はすくすく育って、やがてとてもきれいな娘になりました。
 ある日、娘が言いました。
「おじいさん、おばあさん、わたしに機織り(はたおり)をさせて下さいな」
「ああ、いいとも、いいとも」
 おじいさんはさっそく町へ行って、機織り道具を買いました。
 そして娘は、機織り道具を自分の部屋に置いてもらうと、
「お願いですから、どんな事があっても、機を織るところを見ないで下さいな」
と、頼みました。

 それから何日かして、娘は出来上がった布をおじいさんに渡して言いました。
「これを、町で売って下さいな」
 その布は、たちまち高いお金で売れました。
 おじいさんは布が出来るたびに町へ売りに行き、たくさんお金をもらって帰ってきました。
 おかげで貧しかった家も、みるみるお金持ちになりました。
「それにしても、何て不思議な布だ。売った人に聞いたが、あの布で着物を作ると心まで温かくなるそうな」
「ほんにのう。いったい、どうやってあんな布が織れるのでしょうね」
 おじいさんとおばあさんが、そのわけを娘に尋ねても、
「はい、『おじいさんもおばあさんも幸せなれます様に』と、神さまにお祈りをして、一生懸命織るだけですわ」
と、言うばかりです。
 でもある日、とうとう我慢出来なくなった二人は娘との約束を破って、こっそり娘の部屋を覗いたのです。
 すると、どうでしょう。
 部屋の中では小鳥が一羽、自分の柔らかい羽を抜いて、それを布に混ぜながら機を織っていたのです。
 小鳥はすっかりやせこけて、羽はすっかりボロボロです。
「まさか、あの娘が小鳥だなんて」
 二人は思わず、顔を見合わせました。
 その途端、小鳥は、
「ピィー」
と、悲しそうに鳴き、そのまま外へ飛び出して山の方へ飛んで行きました。
「ああ、娘や。約束を破って悪かった。謝るから、帰って来ておくれ」
 でも、小鳥は二度と帰っては来ませんでした。
 こうしておじいさんとおばあさんは、また子どものいないさびしい毎日を送る様になりました。

おしまい

前のページへ戻る


     1月16日の豆知識

366日への旅
きょうの記念日
禁酒の日
きょうの誕生花
デンドロビューム(Dendrobium)
きょうの誕生日・出来事
1984年 藤田 麻衣子 (シンガー)
恋の誕生日占い
おしゃれが大好きで、可愛い物も大好き
なぞなぞ小学校
飛び越えても飛び越えても、前からロープが来るスポーツは?
あこがれの職業紹介
調理師・コック・シェフ
恋の魔法とおまじない 016
恋のライバルを遠ざけるおまじない
  1月16日の童話・昔話

福娘童話集
きょうの日本昔話
竹から生まれた女の子
きょうの世界昔話
裸の王さま
きょうの日本民話
水の中に見える妻
きょうのイソップ童話
造船所のイソップ
きょうの江戸小話
とんちんかん
きょうの百物語
一月十六日の真夜中
福娘のサイト
366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
福娘童話集
世界と日本の童話と昔話
女の子応援サイト -さくら-
誕生日占い、お仕事紹介、おまじない、など
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識