福娘童話集 > きょうの日本昔話 福娘童話集 きょうの日本昔話 童話・昔話・おとぎ話の福娘童話集
 


福娘童話集 > きょうの日本昔話 > 4月の日本昔話 >ウマのふん

4月22日の日本の昔話

ウマのふん

ウマのふん
吉四六(きっちょむ)さん → 吉四六さんについて

にほんご(日语)  ・ちゅうごくご(中文) ・日语&中文

おりがみをつくろう ( おりがみくらぶ より)
馬の折り紙うま   馬の顔の折り紙うまのかお  ニンジンの折り紙にんじん

♪音声配信(html5)
音声 スタヂオせんむ

 むかしむかし、吉四六さんと言う、とてもゆかいな人がいました。
 この頃吉四六さんは、妙な事を始めました。
 毎朝、ざるにウマのふんを入れて、川にさらして洗っているのです。
 そして洗い流すと、ざるの中にいくらかのお金が入っているのです。
「今朝も、もうかったわい」
 吉四六さんは、ざるにお金を入れたまま、見せびらかす様に帰って行きました。
 それを見ていた近所の人が、吉四六さんに尋ねました。
「吉四六さん。そのお金、まさかウマのふんから出たのではないだろうな」
「はい、確かにふんから出た物じゃ」
「するとお前さんのウマは、お金のふんをするのかね?」
「そうだが、それが何か?」

 さあ、それを聞いた村の人たちは、みんな吉四六さんのウマが欲しくなりました。
「吉四六さん。そのウマを売ってはくれんか?」
「いや、売らんぞ。このまま持っていれば、金持ちになれるもんな」
 売らないと言えば、よけいに欲しくなるものです。
「五十両出すから、売ってくれ」
「いや、おれは七十両だ」
「わしなら、百両出すぞ」
 でも、吉四六さんは、
「そんな金、毎日ふんを洗っておれば、すぐに貯まるわい」
と、ウマを売ろうとはしないのです。
 そしてとうとう、噂を聞いた町一番のウマ買いがやって来ました。
 すると吉四六さんは、
「仕方ねえな。村の人ならともかく、わざわざ町から来たんじゃ断れねえ。ただし、毎日上等なえさをやってくれよ」
と、とうとうウマを手放したのです。
 ウマ買いは大金を置いて、喜んでウマを引いて行きました。
 ところがウマ買いは毎日特別上等なえさをやって、大事大事にしているのですが、ウマはお金のふんを出さないのです。
 最初の二、三日は、数枚のお金が出て来たのですが、それからはまるで出てきません。
「吉四六め! だましやがったな!」
 怒ったウマ買いは村にやって来ると、
「やい、吉四六。あのウマは金を出さんぞ!」
と、怒鳴り込みました。
 すると吉四六さんは、
「はて? そんなはずは。・・・えさが悪いんじゃないのか?」
「何を言うか。ムギやらニンジンやら、毎日上等なえさをやって、大事にしているんだ!」
「ムギやニンジンねえ。まあ、確かにそれも上等なえさだが。・・・で、そのえさには、お金は入っているかい?」
「金?」
「そうさ、どんなにいいえさでも、お金入りのえさほど上等じゃねえ。この世で一番上等なえさは、お金入りのえさだ。それさえやれば、ウマはお金の入ったふんをするよ」

おしまい

前のページへ戻る


     4月22日の豆知識

366日への旅
きょうの記念日
清掃デー
きょうの誕生花
小手毬(こでまり)
きょうの誕生日・出来事
1982年 カカ (ブラジル:サッカー)
恋の誕生日占い
真面目で正義感が強く、決して嘘を言わない
なぞなぞ小学校
うどんを「ギュー」と抱きしめて、出来た食べ物は?
あこがれの職業紹介
速記者・速記士
恋の魔法とおまじない 113
友達と交わした大切な約束
  4月22日の童話・昔話

福娘童話集
きょうの日本昔話
ウマのふん
きょうの世界昔話
アラジンのランプ
きょうの日本民話
弥陀ケ原の弘法清水
きょうのイソップ童話
人殺し
きょうの江戸小話
聞いた名前
きょうの百物語
水グモの糸
福娘のサイト
366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
福娘童話集
世界と日本の童話と昔話
女の子応援サイト -さくら-
誕生日占い、お仕事紹介、おまじない、など
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識