昔話の英語《福娘童話集》昔話の英語 Japanese & English昔話の英語《福娘童話集》 童話・昔話・おとぎ話の福娘童話集
 


ふくむすめどうわしゅう(福娘童話集) >にほんむかしばなし(日本民间故事) >四月

4月24日の日本の昔話

ひげの長者

ひげの長者
长胡子富翁

翻訳者:廣東省恵州学院 陳怡彤

にほんご(日语)  ・ちゅうごくご(中文) ・日语&中文

♪音声配信(html5)
音声 スタヂオせんむ

 むかしむかし、吉四六さんと言う、とてもゆかいな人がいました。
 很久很久以前,有个叫吉四六的、非常乐天的人。


 吉四六さんの村には長兵衛さんという、仙人の様に長いあごひげを生やしたお金持ちの老人がいました。
 吉四六村里有个叫长兵卫的、下巴长着像仙人一样长的长胡子的有钱的老人。

 そしてこの老人は、
 这个老人总是在自认为了不起的样子说,

「おれのひげは、日本一だ!」
と、いつも威張っているのです。
“我的胡子,是日本第一(长)!”

 そして自慢のひげを褒める人がいれば、誰でも家に連れて来てごちそうをするのでした。
 然后如果有人夸奖自己骄傲的长胡子的话,无论是谁都会带到他家进行招待。


 ある夜の事、吉四六さんが長兵衛さんの家に遊びに行ってみると、長兵衛さんは見知らぬ二人の旅人をもてなして、飲めや歌えの大騒ぎでした。
 有一夜,吉四六去长兵卫的家里去玩了一下,发现长兵卫正在招待从未见过的陌生的两个旅人,又是喝酒又是唱歌的很是热闹。

「こんばんは、長兵衛さん。今日はご機嫌ですね」
“晚上好、长兵卫。今天心情很好啊”

 吉四六さんが言うと、長兵衛さんはにこにこ顔で、
 听吉四六说完,长兵卫脸上笑眯眯的,回道。

「吉四六さん、喜んでくれ。
“吉四六,为我高兴吧。

 実はこの客人は、伊勢の国(いせのくに→三重県)のひげの長者のお使いだそうだ。
 其实这个客人,是伊势国(三重县)的一个胡子富翁的仆人。

 ひげの長者は、その名の通り大変長いひげを持っておられたが、一年前に亡くなられる時、遺言として、
 胡子富翁,就如那个名字一样有很长的长胡子,在一年前去世的时候,留下遗言,说

『これから日本一の長ひげの男を探し出して、その男に黄金千両をわたしてくれ』
と、言ったそうじゃ。
‘现在开始,要找出日本胡子第一长的男人,给那个男人黄金千两’

 それで、このお客さんたちは国々を探し歩いた末、やっとわしの日本一のひげを見つけて下されたのじゃ。
 因此,这些客人们在各国寻找,终于找到了我这日本第一长的胡子。

 だからわしは、明日から客人と一緒に伊勢の国へ行って、黄金千両をもらってくるんだ」
と、答えました。
 所以我明天开始就要和客人一起去伊势的国度,可以得到黄金千两。”

「へえ、まあ、それはおめでたい事で」
“哦,哎呀,那真是可喜可贺的事啊”

 吉四六さんは適当に相づちを打って、自分もごちそうになりましたが、旅人が酔い潰れて寝てしまうと、長兵衛さんを別室に呼んで尋ねました。
 吉四六适当地随声附和,自己也受到了招待,但在旅人酔倒睡着了之后,把长兵卫叫到了别的房间。

「長兵衛さん。お前さんは寝る時、ひげはふとんの外に出して眠りますか? それとも入れて眠りますか?」
“长兵卫。你在睡觉的时候,长胡子是放在被子外面睡觉吗?还是装进去(被子里)呢?”

「おや? 吉四六さん、どうしてそんな事を聞くんだね?」
“哎呀?吉四六,为什么会问这样的事情呢?”

「いや、実はさっき、かわや(→トイレの事)に行った時、客人が二人で話しているのを何気なく耳にしたが、これもやはり長者の遺言で、黄金を渡す前にひげの出し入れを聞いて、はっきり答えが出なければ黄金を渡さないらしいんだ。遺言だから長兵衛さんに言って聞かせるわけにもいかず、うまく答えてくれればいいと話し合っていたんだよ」
“不是,其实刚才,我去厕所的时候,无意中听到了两位客人的对话, 这果然还是有关富翁的遗言,在给黄金前问长胡子的放置的位置,要是不能明确回答的话好像就不给黄金。因为是遗言所以要让长兵卫知道,商量着要怎样回答才好呢”

「何だ、そんな事だったら、わけもなく答えられるよ。なにせ、自分のひげじゃないか」
“什么,如果是那样的事,很简单就可以回答了呀。毕竟,这是自己的胡子嘛?”

 長兵衛さんはそう言いましたが、いよいよふとんに入ってみると、今まで気にもしなかった事なので、いくら考えてもどっちかわかりません。
 虽然长兵卫这样说了,但把长胡子放进被子里一看,(因为是)到现在为止也没有注意过的事情,无论怎么考虑,也不知道哪一种方式。

 試しにひげをふとんの中に入れて眠ろうとすると、いつも出していた様な気がしますし、かといって出してみると、なんだか寒くて眠れません。
 试着把长胡子放在被子里睡觉的时候,总有一种(胡子)会出来的感觉,或者试着放出来的话,总觉得会睡得很冷。

「こりゃ、困ったぞ」
“这可真是,很为难啊”

 長兵衛さんがひげを入れたり出したりしているうちに、真夜中になってしまいました。
 在长兵卫把长胡子放出去放进来的时候,不知不觉就到了深夜。

 するとどこからともなく、ミシリ、ミシリという足音が聞こえてきます。
 在这时,不知道是从哪里,听到了嘶嘶的脚步声。

「はて? 今頃、誰だろう?」
“咦?现在这种时候,是谁呢?”

 顔をあげてみると、しょうじに二つの怪しい影がうつりました。
 抬头一看,在纸拉门上映出了两个可疑的影子。

 後を付けてみると、その影は土蔵の前に忍び寄って、扉の錠を壊し始めました。
 跟在后面发现,那黑影偷偷地靠近仓库的前面,开始破坏门锁。

 驚いた長兵衛さんは、大声で、
「泥棒! 泥棒!」
“小偷!小偷!”

と、叫びました。
 长兵卫吓了一跳便大声叫喊起来,

 するとその声に家の人たちが目を覚まして騒ぎ出したので、泥棒はそのままどこかへ逃げてしまいました。
 在这时家里的人都因为叫喊声醒来了,吵闹地出来了,小偷就那样不知道往哪里逃走了。


 さて、夜が明けると、吉四六さんがにこにこしながらやって来ました。
 然后,天亮了,吉四六笑嘻嘻的过来了。

 そして、尋ねました。
 接着,问道。

「長兵衛さん、ひげの事はわかったかね?」
“长兵卫,胡子的摆放的事弄清楚了吧?”

「ああ、吉四六さん。それどころか、あの客人は泥棒だったよ」
“啊,吉四六。岂止如此,那个客人是小偷哟”

「で、何か盗まれたかね?」
“所以呢,有什么被盗的吗?”

「いや、昨夜はひげの出し入れが気になって、昨夜は眠れなかったんだ。
“没有,因为昨晚很在意长胡子的放进放出,所以昨晚睡不着觉。

 その為、早くに泥棒に気がついたから、何も盗まれなかったよ。
 因此,很快就注意到了小偷,什么也没有被盗。

 だが吉四六さん、あの泥棒は馬鹿な奴だな。
 但是,吉四六,那个小偷真是个愚蠢的家伙。

 ひげの出し入れの事を言わなければ、わしはぐっすりと眠っていただろうに」
 如果不说长胡子放进放出的事情的话,我会睡得很熟了吧(也就不会发现客人是小偷了)”

 それを聞いた吉四六さんは、大笑いしました。
 吉四六听了那个,大笑了起来。

「わっはははっ。
“哇哈哈哈。

 長兵衛さん、そのひげの出し入れは、実はおれの作り話なんだ。
 长兵卫,那个长胡子放进放出的事情,其实我编造的。

 あの二人があやしいと思ったので、お前さんが眠らないように、あんな事を言ったんだよ」
 因为觉得那两个人有点奇怪,为了让你不要睡所以才说了那样的事情”

「おや、そうだったのか。でも、どうしてあの客人が泥棒だという事に気がついたんだ?」
“哎呀,是这样的吗?但是,你为什么注意到了那个客人是小偷呢?”

「それはだな。お前さんのひげが、日本一でないからだ。お前さんよりも長いひげを持つ者は、町へ行けばいくらでもいるさ。何でも自分が一番だとうぬぼれると、今度の様に人から騙されるんだ」
“那是因为啊。因为你的长胡子,不是日本第一。要是到镇上去的话,胡子长得比你长的人不知有多少呢。不管什么都觉得自己是第一而骄傲自大的话,也会像这次一样被人骗的”

「・・・なるほど」
“・・・、原来如此”

 この事にこりた長兵衛さんは、もうひげの自慢をしなくなったそうです。
 在这件事上吃到苦头的长兵卫,已经不再因为长胡子而骄傲自满了。

おしまい

前のページへ戻る

     4月24日の豆知識

366日への旅
きょうの記念日
日本ダービー記念日
きょうの誕生花
群雀(むれすずめ)
きょうの誕生日・出来事
1955年 嶋田久作 (俳優)
恋の誕生日占い
人付き合いが上手で、人を引きつける魅力の持ち主
なぞなぞ小学校
おじいちゃんとする球技は?
あこがれの職業紹介
農業家
恋の魔法とおまじない 115
学校が楽しくなるおまじない
  4月24日の童話・昔話

福娘童話集
きょうの日本昔話
ひげの長者
きょうの世界昔話
魔法のぼだいじゅ
きょうの日本民話
娘ギツネの恩返し
きょうのイソップ童話
ゼウスとサル
きょうの江戸小話
拾った手紙
きょうの百物語
首なし馬の行列
福娘のサイト
366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
福娘童話集
世界と日本の童話と昔話
女の子応援サイト -さくら-
誕生日占い、お仕事紹介、おまじない、など
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識