福娘童話集 > きょうの日本昔話 福娘童話集 きょうの日本昔話 童話・昔話・おとぎ話の福娘童話集
 


福娘童話集 > きょうの日本昔話 > 5月の日本昔話 > 海の上と、畳の上

5月4日の日本の昔話

海の上と、畳の上

海の上と、畳の上
吉四六(きっちょむ)さん → 吉四六さんについて

♪音声配信(html5)
音声 薮崎あずみ  ★☆愛と自由で世界を回せ☆★

にほんご(Japanese) ←→ にほんご(Japanese) & えいご(English) ←→ えいご(English)

 むかしむかし、きっちょむさんと言う、とてもゆかいな人がいました。

 きっちょむさんの村に、直吉(なおきち)という、親のいない子どもがいました。
 お母さんは病気でなくなり、お父さんも捕鯨船のもり打ちでしたが、あるとき嵐にあって、船と一緒に海の底に消えてしまったのです。
 それで直吉は小さいときから、生まれた海岸の村を離れて、きっちょむさんの村のおじさんの家に引き取られていたのでした。
 ですが直吉は、一日として海の事を忘れた事がなく、
(おれも捕鯨船に乗って、お父さんの様な、立派なもり打ちになるんだ!)
と、いつも考えていました。
 そして、十一になった時、おじさんに自分の決心を話して、生まれた海岸の村へ帰ることになったのです。
 これを聞いた村人たちは、みんなせんべつを持って、直吉へ別れにやってきました。
「直吉、偉いぞ。それでこそ、お父さんの子だ」
「どうか、立派なもり打ちになってくれ」
 村人たちが口々にはげます中、三平と言う若者が直吉にこう言ったのです。
「おい直吉、みんなはやたらと無責任にほめているが、捕鯨船に乗ってもり打ちをするなんて、あまり感心な事ではないぞ」
 すると直吉はびっくりして、三平に聞きました。
「三平さん。それはまた、どういうわけだ?」
「聞けば、お前のお父さんは海で死んだそうじゃないか。つまり、親の死んだ不吉な海で働くなんて、縁起でもないと思ったのさ」
「・・・・・・」
 この言葉に、さっきまで喜んでいた村人は、しーんと静まりかえりました。
 そして直吉は、突然に嫌な事を言われて、泣き出しそうな顔をしています。
 すると、この話を後ろの方から聞いていたきっちょむさんが、前に進み出て三平に尋ねました。
「三平、ちょっと聞くが、お前のお父さんはどこで亡くなったんだい?」
「直吉のお父さんとは違って、ありがたい事に、ちゃんと自分の家のたたみの上で亡くなったさ」
「ふーん。それで、おじいさんは?」
「おじいさんだって、同じ事さ。直吉のお父さんのように、海で死んではいないさ」
 それを聞いて、きっちょむさんはニッコリほほえみました。
「それでは、三平。直吉が海へ行くのを、お前が反対するのはおかしいぞ」
「なんだって?」
「だって、そうだろう。親が亡くなったところが不吉といえば、お前の家は、お父さんばかりか、おじいさんも亡くなったんだろ?」
「それは、・・・そうだが」
 さすがの三平も、返事に困ってしまいました。
 すると、そばにいた庄屋さんが直吉の肩を叩いて言いました。
「直吉、立派なもり打ちになってくれよ」
「うん。がんばるよ!」
 こうして直吉はみんなに見送られて、元気よく村を出て行きました。

おしまい

前のページへ戻る

     5月 4日の豆知識

366日への旅
きょうの記念日
みどりの日
きょうの誕生花
山吹(やまぶき)
きょうの誕生日・出来事
2004年 谷 花音 (タレント)
恋の誕生日占い
空想や想像が大好き、おしゃれでロマンチック
なぞなぞ小学校
寝ていられないほどうるさいのに、役に立つ物は?
あこがれの職業紹介
ビル清掃員
恋の魔法とおまじない 125
男運を下げるおまじない
  5月 4日の童話・昔話

福娘童話集
きょうの日本昔話
海の上と、畳の上
きょうの世界昔話
サルの王さま
きょうの日本民話
藺牟田池(いむたいけ)
きょうのイソップ童話
クルミの木
きょうの江戸小話
きびだんご
きょうの百物語
死ねないお坊さん
福娘のサイト
366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
福娘童話集
世界と日本の童話と昔話
女の子応援サイト -さくら-
誕生日占い、お仕事紹介、おまじない、など
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識