福娘童話集 > きょうの日本昔話 福娘童話集 きょうの日本昔話 童話・昔話・おとぎ話の福娘童話集
 


福娘童話集 > きょうの日本昔話 > 5月の日本昔話 >黒いつばきの花

5月7日の日本の昔話

黒いつばきの花
つばきの花

黒いつばきの花
吉四六(きっちょむ)さん → 吉四六さんについて

おりがみをつくろう ( おりがみくらぶ より)
椿の折り紙つばき

♪音声配信(html5)
音声 Judy

 むかしむかし、吉四六さんと言う、とてもゆかいな人がいました。
 さて、国のお殿さまが吉四六さんのうわさを聞いて、家来たちに言いました。
「いくらとんちの名人でも、わしをだます事は出来まい。さっそく、連れてまいれ」
 そこで家来が、吉四六さんを連れて来ました。
 吉四六さんが殿さまの前に行くと、殿さまは後ろにある刀を指差して言いました。
「お前はとんちの名人だそうだが、わしをうまくだませたらこの刀をやろう。だが失敗したら、お前の首をもらうぞ」
 それを聞いて、吉四六さんはびっくりです。
「と、とんでもない。殿さまをだますなんて。どうか、お許し下さい」
 吉四六さんは泣きそうな声であやまりましたが、でも殿さまは承知しません。
 そこで吉四六さんは、殿さまに言いました。
「わたしには、殿さまをだます事は出来ません。いさぎよく首を切られましょう。だけど首を切られる前に、一つだけお願いがあります」
「わかった。言ってみろ」
「実は今朝、わたしの家の庭にまっ黒なつばきの花が咲きました。わたしがこんな事になったのも、縁起の悪い花が咲いたからです。せめてこの花を叩き切ってから、首を切られたいと思います」
「何? まっ黒なつばきの花だと。そんな花が、咲くはずがない。わしをだまそうたって、そうはいかないぞ」
「いいえ、本当です。うそだとおっしゃるなら、取ってきましょうか?」
「よし、すぐに取って来い」
 そこで吉四六さんは、急いで家に帰って行きました。
 でも黒いつばきの花なんか、どこにも咲いていません。
 吉四六さんは、そのまま殿さまのところへ戻って、
「すみません。とても硬い木で、のこぎりやオノでは切れません。どうか、その刀を貸して下さい」
と、言いました。
 すると殿さまは、イライラして、
「よし、貸してやろう。その代わりにすぐ切り取って来ないと、首をはねるぞ!」
 さて、刀を貸してもらった吉四六さんは大喜びで帰って行き、それっきり殿さまの所へは戻ってはきませんでした。

 次の日、殿さまが怒って家来を吉四六さんの家に行かせると、吉四六さんはすました顔で言いました。
「黒いつばきの花なんて、咲くわけないでしょう。約束通り、お殿さまをだまして刀を頂きましたよ」
 それを聞いた殿さまは、
「しまった。見事にやられたわ」
と、 怒るにも怒れず、とてもくやしがったそうです。

おしまい

朗読者情報 台湾居住者 Judy

 日本で20年の生活を経た後、本国の台湾に戻ったジュディーは日本と台湾の架け橋となり、通訳、翻訳、日本語教師を経験後、現在は日本語を使い、様々な分野の録音に携わっています。
  台湾日文配音者です。
  朗読に関するご意見ご要望はjudy.yen1204@gmail.comまでお願いいたします。

前のページへ戻る


     5月 7日の豆知識

366日への旅
きょうの記念日
博士の日
きょうの誕生花
薔薇(バラ)
きょうの誕生日・出来事
1970年 上田晋也 (芸人)
恋の誕生日占い
自分のやりたい事をとことん極める職人タイプ
なぞなぞ小学校
黒より白。白より青の方が良いものは?
あこがれの職業紹介
占い師
恋の魔法とおまじない 128
ファーストキスが出来るおまじない
  5月 7日の童話・昔話

福娘童話集
きょうの日本昔話
黒いつばきの花
きょうの世界昔話
天の猟師オリオン
きょうの日本民話
湖山長者
きょうのイソップ童話
ラクダとゾウとサル
きょうの江戸小話
かまが大事
きょうの百物語
酔っ払いの化け物退治
福娘のサイト
366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
福娘童話集
世界と日本の童話と昔話
女の子応援サイト -さくら-
誕生日占い、お仕事紹介、おまじない、など
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識