福娘童話集 > きょうの日本民話 福娘童話集 きょうの日本民話 童話・昔話・おとぎ話の福娘童話集
 


福娘童話集 > きょうの日本民話 > 5月の日本民話 > 湖山長者

5月7日の日本民話

湖山長者

湖山長者
鳥取県の民話鳥取県情報

おりがみをつくろう ( おりがみくらぶ より)
扇子の折り紙せんす

♪音声配信(html5)
朗読者 : エクゼムプラーロ

 むかしむかし、因幡の国(いなばくに→鳥取県)に湖山長者という、とても欲の深い長者がいました。
 長者の田んぼは大変広かったのですが、家のしきたりで、その田んぼを一日で植えなければならないのです。
 だから田植えの日には夜も明けないうちから、数え切れないほどの早乙女(さおとめ→田んぼを植える女の人)たちがずらりと並んで、いっせいに田植えをはじめるのです。

 ある年の田植えの日の事。
 一匹のサルが子サルをさかさまに背負いながら、山から下りて来ました。
 それを見つけた早乙女たちが、
「あれ、サルが赤ん坊をさかさにしてるよ」
「本当だ。今にも落っこちそう」
「あれ、落ちた」
「でも、落ちたのに笑っているよ。可愛いいなあ」
と、口々にはやしたてます。
 すると、ほかの場所で田植えをしていた早乙女たちも、
「何? 何?」
と、田植えの手を休めて、サルを見ようとしました。
 これに気がついた湖山長者は、
「こら! 何をしている! 手を休めるな!」
と、大声でどなりました。
 ビックリした早乙女たちはあわてて田植えをはじめましたが、サルに見とれていたため、その日の日暮れになっても田植えが終わりそうになかったのです。
 家のしきたりを守ろうと、長者はしきりに早乙女をせかしましたが、どうしても日の暮れるまでに終わらない事がわかると、
「ようし、こうなればお天道(てんと)さんに戻ってもらうより方法がないわい。なあに、この湖山長者に出来ん事などない」
と、長者は金の扇(おおぎ)を開くと、お天道さんを扇であおぎ返しました。
 すると、どうでしょう。
 ふしぎな事に西の山に沈もうとしていたお天道さんが、扇の風に押されるようにもう一度天に戻ったではありませんか。
「それ、今の間に苗(なえ)を植えろ!」
 長者が叫ぶと、早乙女たちは急いで田植えを再開しました。
 そしてようやく田植えが終わったとき、それに合わせるようにお天道さまが沈んだのです。

 さて、この話しは遠くの国まで伝わったので、
「入り日も招き返す勢いとは、この事だ。わはははははは」
と、長者は上機嫌です。
 ですが次の朝、長者は目を覚ますと田植えが終わったばかりの田んぼが、一面水びたしではありませんか。
 そしてその水はどんどん広がり、長者の屋敷も水の中に沈んでしまいました。

 それから人々は、その時に出来た湖を『湖山池』と呼ぶようになったという事です。

おしまい

前のページへ戻る


     5月 7日の豆知識

366日への旅
きょうの記念日
博士の日
きょうの誕生花
薔薇(バラ)
きょうの誕生日・出来事
1970年 上田晋也 (芸人)
恋の誕生日占い
自分のやりたい事をとことん極める職人タイプ
なぞなぞ小学校
黒より白。白より青の方が良いものは?
あこがれの職業紹介
占い師
恋の魔法とおまじない 128
ファーストキスが出来るおまじない
  5月 7日の童話・昔話

福娘童話集
きょうの日本昔話
黒いつばきの花
きょうの世界昔話
天の猟師オリオン
きょうの日本民話
湖山長者
きょうのイソップ童話
ラクダとゾウとサル
きょうの江戸小話
かまが大事
きょうの百物語
酔っ払いの化け物退治
福娘のサイト
366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
福娘童話集
世界と日本の童話と昔話
女の子応援サイト -さくら-
誕生日占い、お仕事紹介、おまじない、など
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識