福娘童話集 > きょうの百物語 福娘童話集 きょうの百物語 童話・昔話・おとぎ話の福娘童話集
 


福娘童話集 > きょうの百物語 > 5月の百物語 > 酔っ払いの化け物退治

5月7日の百物語

よっぱらいのばけものたいじ

酔っ払いの化け物退治

 むかし、酒飲みの侍が酒に酔って上役を殴ってしまい、仕事をやめさせられて浪人(ろうにん)になってしまいました。

「ああ、酒を飲みたいが、金がない。
 金が欲しいが、仕事がない。
 どこかに、良い勤め先がないかなあ」
 浪人が京の町をぶらぶらと歩いていると、立て札の周りに人だかりがありました。
「何事だ?」
 浪人が人だかりをかきわけて、立て札をのぞいてみると、
《三十三間堂(さんじゅうさんげんどう)の化け物退治をした者には、望みのほうびをとらせる》
と、書かれています。
「これだ!」
 浪人はさっそく、御所(ごしょ→天皇のいるところ)へ出かけて役人に言いました。
「わたしが、化け物退治をしましょう。だから先に、酒を買う金をください」

 その日の夜、酒を手に入れた浪人が三十三間堂の片隅で酔っ払っていると、
「おい、起きろ!」
と、ヒゲモジャの三つ目大入道が現れました。
「こら、起きないか!」
 大入道は浪人をにらみつけましたが、浪人は酔っ払っているので恐ろしくも何ともありません。
 それどころか調子よく、大入道に挨拶をしました。
「これはこれは、化け物さまでございますか。まずは、はじめまして」
 急に挨拶をされて、大入道も面を食らった様な顔で挨拶を返しました。
「ああ、はじめまして。・・・お前は、わしが怖くないのか?」
「化け物さま、何が怖いものでしょうか。わたしにとっては化け物さまよりも、上役の方がよっぽど怖い存在でした」 「・・・そうか。お前の様な変わり者は、はじめてじゃ。して、ここへは、何をしに来た」
「はい。
 化け物さまは聞いたところによりますと、たいそうの化け上手とか。
 そこで、その化けっぷりを、とくとはいけんしたいと思い、ここでお待ちしておりました」
 浪人におだてられて、大入道は機嫌が良くなりました。
「そうか。
 おれの化けっぷりは、それほど有名なのか。
 オホン・・・。
 では、ちょいと見せてやるか。
 いくぞ!」
 そう言って大入道は、きれいなお姫さまに化けました。
 すると浪人は、拍手をして喜びます。
「おおっ、さすがは化け物さま。天下一の化けっぷりでございます」
「そうだろう。他にも、こんなのはどうだ」
 浪人のおだてに、お姫さまに化けた大入道は、「トラ」、「カッパ」、「龍」、「赤鬼」など、次々に化けて見せました。
「いや、これはおみごと!
 うわさに勝る、化けっぷりですな。
 ・・・しかし、化け物さま。
 さすがのあなたさまでも、小さな梅干しには化けられないでしょうな」
「何を言うか、見ておれよ」
 大入道は、一粒の梅干しに化けて見せました。
 すると浪人は、大入道が化けた梅干しをひょいとつかみ、
「おおっ、うまそうだ。酒のあてには、これが一番」
と、その梅干しを食べてしまいました。

おしまい

前のページへ戻る


     5月 7日の豆知識

366日への旅
きょうの記念日
博士の日
きょうの誕生花
薔薇(バラ)
きょうの誕生日・出来事
1970年 上田晋也 (芸人)
恋の誕生日占い
自分のやりたい事をとことん極める職人タイプ
なぞなぞ小学校
黒より白。白より青の方が良いものは?
あこがれの職業紹介
占い師
恋の魔法とおまじない 128
ファーストキスが出来るおまじない
  5月 7日の童話・昔話

福娘童話集
きょうの日本昔話
黒いつばきの花
きょうの世界昔話
天の猟師オリオン
きょうの日本民話
湖山長者
きょうのイソップ童話
ラクダとゾウとサル
きょうの江戸小話
かまが大事
きょうの百物語
酔っ払いの化け物退治
福娘のサイト
366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
福娘童話集
世界と日本の童話と昔話
女の子応援サイト -さくら-
誕生日占い、お仕事紹介、おまじない、など
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識