福娘童話集 > きょうの日本昔話 福娘童話集 きょうの日本昔話 童話・昔話・おとぎ話の福娘童話集
 


福娘童話集 > きょうの日本昔話 > 6月の日本昔話 > 一人になった鬼の親分

6月2日の日本の昔話

一人になった鬼の親分

一人になった鬼の親分

にほんご(日语)  ・ちゅうごくご(中文) ・日语&中文

 むかしむかし、鬼神山(おにがみやま)という山に二匹の鬼の親分が住んでいて、それぞれが大勢(おおぜい)の子分(こぶん)をひきつれていました。
 親分同士の仲がよく、これまでけんかをした事がありません。

 ところがある日、二匹の親分が一緒に酒を飲んでいる時に片方の親分が、
「お前の子分よりも、わしの子分の方がずっと元気がええ」
と、言いました。
 それを聞いたもう一人の鬼の親分が、顔を真っ赤にして言い返しました。
「何を言うか! わしの子分の方が、お前の子分よりもずっと元気がええわい!」
「なんだと!」
「なんだとは、なんだ!」
「やる気か!」
「ああ、やってやるぞ!」
 二匹の鬼の親分が、同時に立ち上がりました。
 でも、二匹の鬼の親分の力は同じです。
 けんかをすれば、両方とも無事ではすみません。
 そこで片方の鬼の親分が、もう片方の鬼の親分に言いました。
「おれたちがけんかをすれば、両方とも死んでしまうかもしれん。
 そうなれば、子分たちのめんどうを見るやつがいなくなる。
 ここはけんかでなく、他の事で勝負をつけないか?」
「なるほど、お前さんの言う通りだ。それなら、あのけわしい谷の上に石の橋をかけるというのはどうじゃ?」
「それは、おもしろい。
 よし、日がくれたら仕事の開始じゃ。
 朝までに石の橋をかけ、どっちの橋がよく出来ているか、わしとお前で見てまわろう」
「わかった。
 もし、わしの方が負けたら、お前の弟分(おとうとぶん)になるとしよう。
 その反対にわしの方が勝ったら、お前が弟分になるんだ」
「いいとも。決まりだ」
 二匹の鬼の親分は、さっそく子分たちのところへ行って、この事を話しました。

 さて、日が暮れると同時に、どっちの鬼たちも石の橋をつくりはじめました。
「しっかりとがんばれ。負ければ、あっちの親分の家来にされてしまうぞ」
 二匹の鬼の親分は、必死(ひっし)で子分たちを追いたてます。
 静かだった鬼神山は、まるで戦(いくさ)の様な騒ぎです。
 ところが片方の橋はどんどん出来上がっていくのに、もう片方の橋はなかなか仕事がはかどりません。
 東の空が白くなる頃、谷の上に一つの見事な橋が出来上がりました。
 でももう一つの橋は、まだ半分というところです。
 負けた鬼の親分が、勝った鬼の親分に言いました。
「どうやら、わしらの負けのようだ。約束通り、今日からわしはお前の弟分になろう」

 それからというもの鬼神山の鬼の親分は一人になり、その下に大勢の子分をしたがえるようになったのです。

おしまい

前のページへ戻る


     6月 2日の豆知識

366日への旅
きょうの記念日
横浜港・長崎港開港記念日
きょうの誕生花
笹百合(ささゆり)
きょうの誕生日・出来事
1985年 沢城みゆき(声優)
恋の誕生日占い
独特の感性を持った不思議な女の子
なぞなぞ小学校
病気になっても、元気な病気は?
あこがれの職業紹介
ダンサー
恋の魔法とおまじない 154
幽霊やお化けを追い払うおまじない
  6月 2日の童話・昔話

福娘童話集
きょうの日本昔話
一人になった鬼の親分
きょうの世界昔話
ギアッコ少年とマメ
きょうの日本民話
テングに手を貸した和尚
きょうのイソップ童話
小ガラスと大ガラス①
きょうの江戸小話
あみがさの忘れ物
きょうの百物語
大蛇になった娘
福娘のサイト
366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
福娘童話集
世界と日本の童話と昔話
女の子応援サイト -さくら-
誕生日占い、お仕事紹介、おまじない、など
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識