福娘童話集 > きょうの日本民話 福娘童話集 きょうの日本民話 童話・昔話・おとぎ話の福娘童話集
 


福娘童話集 > きょうの日本民話 > 6月の日本民話 > テングに手を貸した和尚

6月2日の日本民話

テングに手を貸した和尚

テングに手を貸した和尚
栃木県の民話栃木県情報

♪音声配信(html5)
朗読者 : ☆横島小次郎☆

 むかしむかし、盛高寺(せいこうじ)という寺に、とても字の上手な和尚(おしょう)さんがいました。
 ある日の事、この寺にテングがやってきて、
「すまぬが、しばらく和尚の手を貸していただきたい」
と、言ったのです。
 和尚さんはびっくりして、テングに断りました。
「テングどのに手を引き抜かれては、何も出来なくなってしまう。そればかりはかんべんしていただきたい」
 するとテングは、大笑いして言いました。、
「いやいや。何も手を引き抜いて持っていこうというのではない。和尚の字を書く力を貸してほしいだけだ。和尚はただ一言(ひとこと)、『貸す』と言ってくれればいい」
 それを聞いて安心した和尚さんは、テングに言いました。
「それなら安心。手を貸そう」
「うむ。では拝借(はいしゃく)する」
 テングはていねいに頭をさげると、そのまま寺を出ていきました。

 ところがテングの帰ったあと、和尚さんの手は思うように動かなくなってしまいました。
《これでは、手を引き抜かれたのと同じだ》
 和尚さんはガッカリして、テングに手を貸したことを後悔(こうかい)しました。

 それからひと月ほどして、ようやくテングがやって来たのです。
「和尚、不自由をかけてすまなかった。この前借りた手を、返しにきた」
「それはありがたい」
 和尚さんが思わず手をあげたら、手は思い通りに動くようになっていました。
「やれやれ、助かった」
 和尚さんがためしに字を書いてみると、何と前よりもすばらしい字がすらすらと書けたのです。
 和尚さんはすっかり喜んで、テングにお礼を言いました。
「テングどのに手を貸したおかげで、書の腕が一段とあがったようだ。ありがとう」
「いやいや、こちらこそ助かった。
 和尚の手は評判(ひょうばん)通り、大したものだった。
 その見事な筆には、仲間たちも驚いていたぞ。
 そうそう、お礼のしるしに火よけの銅印(どういん→銅製の印かん)を一つ置いていく」
 テングは和尚さんに銅印を渡すと、いつの間にか姿を消していました。

 さて、それからも和尚さんの書の腕前はますますあがっていき、和尚さんに書いてもらった字を家に張っておくと、その家では火事が起きないと評判になりました。
 そして和尚さんの書いた掛け軸は、『名僧(めいそう)の書』と呼ばれました。

おしまい

前のページへ戻る


     6月 2日の豆知識

366日への旅
きょうの記念日
おむつの日
きょうの誕生花
笹百合(ささゆり)
きょうの誕生日・出来事
1985年 沢城みゆき(声優)
恋の誕生日占い
独特の感性を持った不思議な女の子
なぞなぞ小学校
病気になっても、元気な病気は?
あこがれの職業紹介
ダンサー
恋の魔法とおまじない 154
幽霊やお化けを追い払うおまじない
  6月 2日の童話・昔話

福娘童話集
きょうの日本昔話
一人になった鬼の親分
きょうの世界昔話
ギアッコ少年とマメ
きょうの日本民話
テングに手を貸した和尚
きょうのイソップ童話
小ガラスと大ガラス@
きょうの江戸小話
あみがさの忘れ物
きょうの百物語
大蛇になった娘
福娘のサイト
366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
福娘童話集
世界と日本の童話と昔話
女の子応援サイト -さくら-
誕生日占い、お仕事紹介、おまじない、など
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識