福娘童話集 > きょうの百物語 福娘童話集 きょうの百物語 童話・昔話・おとぎ話の福娘童話集
 


福娘童話集 > きょうの百物語 > 6月の百物語 > 大蛇になった娘

6月2日の百物語

蛇になった娘

大蛇になった娘
鹿児島県の民話鹿児島県情報

にほんご(日语)  ・ちゅうごくご(中文) ・日语&中文

 むかしむかし、上野の村に、七つになっても歩けない娘がいました。

 ある日の事、その娘が母親に、
「花ダンゴが、食べたい」
と、ねだりました。
 そこで母親が娘に花ダンゴを与えると、不思議な事に花ダンゴを食べたとたん娘は歩ける様になって、家から半里(はんり→約2キロ)も離れた湖へ水くみに出かけたのです。
 心配した母親があとをつけると、娘は服を脱いで湖に入り、体をくねくねとくねらせて蛇の様に泳ぎだしました。
 そしてその姿を母親に見られた事を知った娘は、
「正体を見られては、もう家へは帰れない」
と、言って、湖の中へ潜ってしまいました。
 そしてすぐに湖から目玉が鏡の様にピカピカと光る大蛇が現れて、びっくりして逃げようとする母親に言いました。
「お母さん、わたしです。
 そんなに、怖がらないでください。
 わたしは大蛇になったけれど、来年の今日には必ず親孝行にまいります」
 しかし、大蛇の姿に驚いた母親は、
「ああ、娘よ。そんな姿では、お前はもう娘ではない。二度と帰らんでもいい」
と、叫んで、家へ逃げ帰ったのです。

 それから一年後の、娘の帰って来ると言った日。
 母親は恐ろしさのあまり家中の戸を締め切って部屋に閉じこもり、ガタガタと震えていました。
 すると、
「お母さん、お母さん」
と、外から娘の声が聞こえて来たのです。
「お母さん、入りますよ」
 でも、家の戸がかたく閉まっている為、家に入れない娘は外で泣きながら言いました。
「お母さん、どうか戸を開けてください」
 しかし母親は戸をしっかりと押さえて、大声で叫びました。
「娘よ、大蛇になったお前に、戸を開ける事は出来ない。
 悪いが、もう帰っとくれ!
 もう二度と、姿を見せないでおくれ!」
 すると大蛇の娘は泣きながら、
「わかりました。
 お母さんがそう望むなら、もう二度と姿を見せません。
 ・・・今まで育てていただき、ありがとうございました」
と、さびしそうに言うと、二度と姿を現さなかったそうです。

おしまい

前のページへ戻る


     6月 2日の豆知識

366日への旅
きょうの記念日
横浜港・長崎港開港記念日
きょうの誕生花
笹百合(ささゆり)
きょうの誕生日・出来事
1985年 沢城みゆき(声優)
恋の誕生日占い
独特の感性を持った不思議な女の子
なぞなぞ小学校
病気になっても、元気な病気は?
あこがれの職業紹介
ダンサー
恋の魔法とおまじない 154
幽霊やお化けを追い払うおまじない
  6月 2日の童話・昔話

福娘童話集
きょうの日本昔話
一人になった鬼の親分
きょうの世界昔話
ギアッコ少年とマメ
きょうの日本民話
テングに手を貸した和尚
きょうのイソップ童話
小ガラスと大ガラス①
きょうの江戸小話
あみがさの忘れ物
きょうの百物語
大蛇になった娘
福娘のサイト
366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
福娘童話集
世界と日本の童話と昔話
女の子応援サイト -さくら-
誕生日占い、お仕事紹介、おまじない、など
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識