福娘童話集 > きょうの日本昔話 福娘童話集 きょうの日本昔話 童話・昔話・おとぎ話の福娘童話集
 


福娘童話集 > きょうの日本昔話 > 7月の日本昔話 > 金の鳥居

7月20日の日本の昔話

かねのとりい

金の鳥居(とりい)
吉四六(きっちょむ)さん → 吉四六さんについて

にほんご(日语)  ・ちゅうごくご(中文) ・日语&中文

♪音声配信(html5)
音声 スタヂオせんむ

 むかしむかし、吉四六さんと言う、とてもとんちの出来る人がいました。

 ある日の事、吉四六さんは村の家々をまわって頼みました。
「八幡さまの木の鳥居(とりい)が、古くなって壊れそうじゃ。
  みんなでいくらかずつを出し合って、金の鳥居を寄付したいと思うが。
 どうだろうか?」
「それは良い考えだ。吉四六さんも、たまには良い事を言うの」
 こうして村人たちは、吉四六さんにお金を預けました。

 さて、それからいく日もたたないうちに吉四六さんが、
「金の鳥居が、出来ました」
と、ふれまわったので、
「ほう、ずいぶんと早くに出来たな」
「一体、どんなに立派な鳥居だろう?」
と、さっそく村人たちは、八幡さまヘ出かけて行きました。
 ところが鳥居はそのままで、どこにも金の鳥居なんてありません。
「どういう事だ? 吉四六さんを呼んで訳を聞こう」
 そこで呼ばれた吉四六さんが、やって来ると、
「ほら、ちゃんとそこに、金の鳥居が建ててあるではないか」
と、みんなの足元を指差しました。
 みんなが見てみると、そこには縫い物に使う木綿針で作った小さな鳥居が、ちょこんと置かれていたのです。
「なるほど、確かにこれも、金の鳥居だ。こりゃあ吉四六さんに、いっぱい食わされたわ」
 村人たちは、笑いながら帰って行きました。

おしまい

前のページへ戻る


     7月20日の豆知識

366日への旅
きょうの記念日
Tシャツの日
きょうの誕生花
トルコ桔梗(とるこぎきょう)
きょうの誕生日・出来事
1976年 はなわ(芸人)
恋の誕生日占い
お笑いのセンスがあり、クラスの人気者
なぞなぞ小学校
入る時は暗くて、出ると明るいのは?
あこがれの職業紹介
福祉住環境コーディネーター
恋の魔法とおまじない 202
願いが叶うおまじない
 7月20日の童話・昔話

福娘童話集
きょうの日本昔話
かねの鳥居(とりい)
きょうの世界昔話
勇気ある男
きょうの日本民話
みそ買い橋
きょうのイソップ童話
お母さんのカニと子どものカニ
きょうの江戸小話
サギの生けどり
きょうの百物語
さとり
福娘のサイト
366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
福娘童話集
世界と日本の童話と昔話
女の子応援サイト -さくら-
誕生日占い、お仕事紹介、おまじない、など
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識