福娘童話集 > きょうの日本昔話 福娘童話集 きょうの日本昔話 童話・昔話・おとぎ話の福娘童話集
 


福娘童話集 > きょうの日本昔話 > 7月の日本昔話 > 麦の粉

7月21日の日本の昔話

麦の粉
イラスト sai-sai  運営サイト sai-sai「イラスト」「コミック」

麦の粉
吉四六(きっちょむ)さん → 吉四六さんについて

♪音声配信(html5)
音声 スタヂオせんむ

 むかしむかし、吉四六さんと言う、とてもゆかいな人がいました。
 ある時、吉四六さんは町へ野菜を売りに行きましたが、どうしたわけか、その日はなかなか売れません。

麦の粉

「野菜はいりませんか? 取り立てのこまつ菜に、ほうれん草もありますよ」
 すると吉四六さんに、声を掛ける者がありました。

麦の粉

「おーい、吉四六さん、吉四六さん」
 見ると、顔見知りの粉屋の主人です。
「はい。何か用ですか?」
「実はその野菜を、全部買ってやろうと思ってな」
「へい、それはどうも、ありがとうございます」

麦の粉

「ただし、買うといってもお金じゃない。麦の粉と交換してもらいたいのだが」

麦の粉

「いいですよ。ところで麦の粉は、どれほどありますか?」

麦の粉

「待て待て、それには、こちらから注文がある。
 もしお前さんが、その野菜を入れてあるざるに、紙も布も木の葉もしかずに、麦の粉がもらぬようにかついでいけたら、両方のざるにいっぱいやろう」
 それを聞いた吉四六さんは、粉屋の主人がとんち勝負をしようとしているのがわかりました。

麦の粉

(なるほど、とんち勝負なら受けてやろう)

麦の粉

 吉四六さんには望むところですが、穴のたくさん開いているざるで粉を運ぶのは、かなりの難問です。
「はっはっはっ。どうだね吉四六さん、さすがのあんたでも、これには参っただろう」
 粉屋の主人は得意そうですが、でも吉四六さんは、しばらく考えるとニッコリ笑いました。
「へい、ではこぼれぬように、いただいてまいります。ちょっと、井戸を借りますよ」

麦の粉

 吉四六さんは空になった両方のざるを持って井戸に行くと、それに水をかけて帰って来ました。
「さあ、今からこのざるに、粉を入れますね」
「えっ? そんな事をしたら、粉がこぼれて」

麦の粉

 粉屋の主人が不思議そうな顔をしている前で、吉四六さんは濡れたざるに麦の粉を山盛りに入れました。

麦の粉

 そして吉四六さんがてんびん棒の両端にざるを引っかけて持ち上げると、ざるからは一粒の粉ももれません。

麦の粉

「こりゃまた、どういう事だ?」
 頭を傾げる主人に、吉四六さんは説明しました。

麦の粉

「こうしてざるを濡らしてから粉を入れると、うまい具合に底の方の粉が固まって、ざるの目をふさいでくれるのです。
 それに今、ざるを良く洗ってきたから、ざるの目に詰まった分も乾かせばそのまま使えます」
「なるほど」

麦の粉

「では、粉をありがとうさんでした」
 そう言って帰ろうとする吉四六さんを、粉屋の主人があわてて引き止めました。
「ま、待ってくれ! 麦の粉をざるいっぱい持って行かれては大損だ! 野菜は倍の値段で買うから、粉を返してくれ」
 吉四六さんは、心の中でニンマリ笑うと、

麦の粉

(それは助かった。こんなに重い粉を持って帰るのは、一苦労だからな)
と、思いつつも、粉屋の主人には、いかにも仕方ないという顔で言いました。

麦の粉

「やれやれ、それでは野菜が全部で五十文なので、倍の百文もらいますよ」

麦の粉

 こうして吉四六さんは空のざるをかついで、ほくほく顔で帰って行きました。

おしまい

前のページへ戻る

     7月21日の豆知識

366日への旅
きょうの記念日
自然公園の日
きょうの誕生花
ルドベキア(Rudbeckia)
きょうの誕生日・出来事
1976年 はるな愛(タレント)
恋の誕生日占い
お笑い好きで、明るく前向き
なぞなぞ小学校
骨しか写らない写真は?
あこがれの職業紹介
画家
恋の魔法とおまじない 203
好きな人を夢に出すおまじない
 7月21日の童話・昔話

福娘童話集
きょうの日本昔話
麦の粉
きょうの世界昔話
二本のロウソク
きょうの日本民話
コイのお腹から出た黄金の鏡
きょうのイソップ童話
ウシとライオンの母親と狩人
きょうの江戸小話
うなぎのかぎ賃
きょうの百物語
産女の幽霊
福娘のサイト
366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
福娘童話集
世界と日本の童話と昔話
女の子応援サイト -さくら-
誕生日占い、お仕事紹介、おまじない、など
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識