昔話の英語《福娘童話集》昔話の英語 Japanese & English昔話の英語《福娘童話集》 童話・昔話・おとぎ話の福娘童話集
 


ふくむすめどうわしゅう(福娘童話集) >にほんむかしばなし(日本民间故事) >八月

8月6日の日本の昔話

若者になったおじいさん

若者になったおじいさん
返老还童的老爷爷

翻訳者 広東省恵州学院  鍾早怡

にほんご(日语)  ・ちゅうごくご(中文) ・日语&中文

 むかしむかし、あるところに、猟師のおじいさんがいました。
 很久很久以前,在某个地方,有一位以打猎为生的老爷爷。


 ある日の事、おじいさんは鳥を追いかけているうちに、道に迷ってしまいました。
 有一天,老爷爷在追赶鸟的时候不小心迷了路。

「もうだめだ、一歩も歩けない」
“啊不行了,一步也走不动了。”

 歩き疲れたおじいさんが座り込んでいると、どこからか一匹のカモシカが現れておじいさんの方に背中を向けます。
 走累了的老爷爷一坐下,就出现了一只不知从哪里来的羚羊,并将自己的背部对着老爷爷。

「おや? わしを乗せてくれるのか。どこでもいいから、人のいるところへ連れて行ってくれ」
“嗯?让我乘上去吗?去哪里都行,把我带到有人的地方去吧。”

 おじいさんがカモシカの背中に乗ると、カモシカは風のようにかけだして、あっという間に立派なご殿につきました。
 老爷爷乘上了羚羊的背,羚羊像风一样跑起来,不一会儿就到达一座宏伟的宫殿前。

 すると中から、美しい娘さんが出てきて、
 接着从里面走出来一位美丽的姑娘。她说:

「お待ちしていました。さあさあ、こちらへ」
“我已等候您多时了。请请,往这边走。”

と、言って、おじいさんをお風呂場に案内したのです。
 然后她把老爷爷带到了浴池。

 そのお風呂は殿さまが入るような立派な物で、ちょうどよい湯かげんです。
 那个浴池漂亮得像是给殿下用的一样,水的温度也刚刚好。

 そしておじいさんがお湯に入って、顔や体を洗うとどうでしょう。
 老爷爷泡进浴池,清洗了脸和身体之后,变得怎么样了呢。

 しわしわの皮がぺろんと取れて、つやつやした肌になったではありませんか。
 皱巴巴的皮肤一下子脱落,变成了光滑亮丽的肌肤。

「おおっ、なんだか急に元気が出てきたぞ」
“咦,总觉得突然间变得有精神了。”

 お風呂から出て新しい着物を着せてもらったおじいさんは、すっかり若者の姿に変わっていたのです。
 出了浴池,穿上新和服的老爷爷,已经完全变成了年轻人的样子了。

 部屋に案内された若者は、またまた目を丸くしました。
 被带到房间去的年轻人,再次惊讶得瞪起眼睛。

 金と銀で出来た部屋はまばゆいほどに光り輝き、山のようなごちそうがならんでいます。
 用金和银建造的房间光彩耀眼,富丽堂皇,并且有大量的佳肴摆列着。

「さあ、どうぞめしあがれ」
“来,请尝一下吧。”

 若者がごちそうを食べていると、娘さんが琴をひいてくれました。
 年轻人品尝着美食时,姑娘弹起了琴。

「まるで、夢を見ているみたいだ」
“这简直就像在做梦啊”


 さあ、そんな毎日が何日も続いたある日の事。
 过了好几天那样的生活后,有一天。

 娘さんが若者に、小さい箱を渡して言いました。
 姑娘把一个小箱子交给年轻人,说道:

「あなたのそばにいたくて、今までがまんしてきましたが、今日はどうしても出かけなくてはなりません。この箱には、桜とスミレと梅の形をした、奥の部屋のカギが入っています。桜とスミレのカギは使ってもかまいませんが、梅のカギだけは決して使わないでください」
“我很想留在你身边,虽然一直以来都忍着,但是今天无论如何都得出去。
这个箱子里面,有樱花、堇花和梅花形状的三把钥匙,是里面房间的钥匙。使用樱花和堇花的钥匙也没关系,但是绝对不可以使用梅花的钥匙。”

「わかった。梅のカギを使ってはいけないのだな。いいさ、どのカギも使わないよ」
“我知道了,绝对不可以使用梅花的钥匙是吧。好,那就哪个钥匙都不用。”

 若者が約束したので、娘さんは安心して出かけて行きました。
 因为年轻人跟她约定了,所以姑娘就放心地外出了。


 娘さんには約束しましたが、若者は一人ぼっちになるとさびしくてたまりません。
 年轻人虽然和姑娘约定好了,但孤独一人的时候却寂寞得不得了。

 そこで今まで入った事のない奥の部屋の前に行き、桜の形のカギを差し込みました。
 于是年轻人走到从未进去过的里面的房间前,把樱花形状的钥匙插了进去。

 すると、どうでしょう。
 然后怎么样呢。

 部屋の中からふんわりと、暖かい春の風が吹いてきました。
 从房间里面吹来了轻柔的温暖的春风。

 中へ入るとタンポポや桜草が一面に咲いていて、その中に一匹の馬がいました。
 进入房间后,看到一大片盛开的蒲公英和樱草,那中间有一匹马。

 その馬に乗ってみると、馬は桜の木が何百本と生えているところへ連れて行ってくれました。
 年轻人乘上马之后,马儿带着他走到种着茂密的樱花树的地方去。

 どの桜の木も、満開の花が咲いています。
 无论哪一棵樱花树,都盛开着樱花。

「なんて、きれいなんだ」
“多么美丽啊。”

 若者は夕方までお花見をすると、戻って部屋のとびらを閉めました。
 年轻人在那里赏花直到傍晚,然后返回去离开了房间并关好了门。


 次の日、若者がスミレの形のカギで部屋を開けると、今度はスミレの咲いている野原に変わっていました。
 第二天,年轻人用堇花形状的钥匙打开了房间的门,这次变成了开满堇花的原野。

 色とりどりの小鳥たちが、楽しそうに飛び回っています。
 五颜六色的小鸟快乐地飞来飞去。

 若者は時間のたつのもわすれて、夕方まで小鳥をながめていました。
 年轻人忘记了时间的流逝,到傍晚前一直在眺望小鸟们。


 さてその次の日、若者は梅の形のカギをにぎったまま、部屋の前を行ったり来たりしていました。
 然后第二天,年轻人紧握着梅花形状的钥匙,在房间前徘徊。

「梅のカギだけは使わないでくれと言っていたが、梅のカギを使うとどうなるのだろう? きっと素晴らしい梅の花があるんだろうな」
“虽然说只有梅花形状的钥匙绝对不能使用,用了的话会怎么样呢?一定会有漂亮的梅花在里面吧!”

 若者はどうしてもがまん出来ず、とうとう娘さんとの約束を破って梅のカギを使いました。
 年轻人无论如何也忍耐不住,最终打破了和姑娘的约定,梅花的钥匙打开了房门。

 すると、どうでしょう。
 之后,怎么样呢。

 思っていた景色とはまるで違い、枯れ木ばかりが風にゆれています。
 和想象中的景色完全不一样,全是枯萎的树木,在风中摇曳。

 するとその時、二匹の白ギツネが飛び込んできて若者にたずねました。
 就在那个时候,两只白色的狐狸飞身跑过来问年轻人。

「わたしたちの娘が、この部屋に入ったきり、もう何年も出てきません。娘に会いませんでしたか?」
“我们的女儿,自从进了这间房间,就消失不见了,已经过去好几年了,你有遇到过她吗?”

「いいや、キツネなんかには・・・。まさか、あの美しい娘さんがキツネか?」
“没有呢,狐狸什么的…难道那个美丽的姑娘是狐狸?”

 若者がびっくりしていると、そこへ娘さんが戻ってきました。
 年轻人大吃一惊,正好那时姑娘回来了。

「どうして、約束を守ってくれなかったのですか。・・・残念ですが、もうお別れです」
“你为什么不遵守约定呢?…虽然很可惜,但是我们要分别了。”

 娘さんは若者に箱を渡すと、パッと白ギツネの姿に戻り、二匹の親ギツネと一緒にかけて行きました。
 姑娘把一个箱子递给年轻人后,瞬间变回白狐狸,和父母一起奔跑着走了。


 気がつくと若者は箱をかかえたまま、山の中の草むらに立っていました。
 回过神来的时候,年轻人正抱着箱子站在山中的草丛里。

「なんじゃ? 夢だったのか? ・・・いや、夢じゃない。娘にもらった箱があるぞ」
“什么嘛,原来是梦吗?…不,不是梦。姑娘给我的箱子还在。”

 若者が箱のふたを開けると、中からしわだらけの皮が飛び出してきて、若者の体にペタリと張り付きました。
 年轻人打开了箱子的盖子,从里面飞出一张满是皱纹的皮,紧紧地贴在年轻人的身体上。

 すると若者は、元通りのおじいさんにもどってしまいました。
 结果年轻人又恢复了原来老爷爷的样子。

おしまい
結束

前のページへ戻る

     8月 6日の豆知識

366日への旅
きょうの記念日
ハムの日
きょうの誕生花
百日草(ひゃくにちそう)
きょうの誕生日・出来事
1946年 堺正章(タレント)
恋の誕生日占い
おしゃれセンスとスタイルが抜群の優しいお姉さん
なぞなぞ小学校
しわが多いほど若者で、つるつるになると年寄りなのは?
あこがれの職業紹介
歯科技工士
恋の魔法とおまじない 219
恋愛運アップのおまじない
  8月 6日の童話・昔話

福娘童話集
きょうの日本昔話
若者になったおじいさん
きょうの世界昔話
親指姫
きょうの日本民話
そば喰い像
きょうのイソップ童話
ゼウスとキツネ
きょうの江戸小話
かがみみせ
きょうの百物語
ものを言う布団
福娘のサイト
366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
福娘童話集
世界と日本の童話と昔話
女の子応援サイト -さくら-
誕生日占い、お仕事紹介、おまじない、など
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識