昔話の英語《福娘童話集》昔話の英語 Japanese & English昔話の英語《福娘童話集》 童話・昔話・おとぎ話の福娘童話集
 


ふくむすめどうわしゅう(福娘童話集) >にほんむかしばなし(日本民间故事) >八月

8月15日の日本の昔話

聞き耳ずきん

聞き耳ずきん
千里耳头巾

翻訳者 廣東省恵州学院 毕嘉欣

にほんご(日语)  ・にほんご(日语)&ちゅうごくご(中文)

 むかしむかし、あさせに打ち上げられた赤いタイが、バタバタと暴れていました。
 很久很久以前,一条搁浅的红色的鲷鱼,啪嗒啪嗒地甩着身子挣扎道:

「誰か、助けてくださーい!」
“谁来救救我!”

 タイは泣きながら、何度も何度も大きな声で叫びました。
 鲷鱼一边哭一边不停地大声呼喊。

 するとそこを通りかかった太郎が、
「おや、かわいそうに」
と、タイを抱きあげて、海の深い所へ放してやりました。
 接着,路过的太郎发现了鲷鱼,“哎呀,好可怜啊。”太郎抱起鲷鱼把它放到水深处。

 そして太郎が帰ろうとすると、後ろから呼ぶ声がしました。
 当太郎想回去的时候,后面传来叫唤的声音,

「もし、もし」
“喂喂”

 太郎が振り向くと、そこにいたのは竜宮(りゅうぐう)の使いのクラゲではありませんか。
 太郎回头一看,站着那里的不正是龙宫的使者水母吗?

 クラゲは太郎に言いました。
 水母对太郎说:

「太郎さん、わたしは竜宮の竜王さまの使いです。あなたが助けたタイは、竜王さまの娘です。竜王さまは、あなたにお礼がしたいと申しております。さあ、わたしと一緒に竜宮へいらしてください」
“太郎,我是龙宫的龙王的使者,你救的那条鲷鱼是龙王的女儿,龙王想答谢你,请和我一起去龙宫吧。”

 太郎はクラゲの背中に乗せられて、広い海へ出て行きました。
 太郎坐在水母的背上,往一望无际的大海出发了。

「太郎さん、もうすぐ竜宮につきますが、その前に1つお話しすることがあります。竜宮さまがあなたにおみやげを渡すといったら、『聞き耳ずきんが欲しい』というのですよ。けっして玉手箱をもらったりしてはいけません。いぜん玉手箱をもらって、ひどい目にあった人がいますから」
“太郎,我们快到龙宫了,在这之前我要跟你说一件事,如果龙王要送你礼物,你要说‘我想要千里耳头巾’绝对不能收玉匣。因为之前有人收了玉匣,没落得个好下场。”

「わかりました。『聞き耳ずきん』ですね」
“我知道了。要说‘千里耳头巾’对吧。”

「そうです。では海にもぐりますので、少し目をつぶっていてください」
“是的,我们现在要潜入海里了,请闭上眼睛。”

 クラゲはそう言うと、海の底へともぐっていきました。
 水母说完后,就潜进海底了。

 太郎はウトウト夢を見ているような気持ちになり、そのまま寝てしまいました。
 太郎迷迷糊糊的像是在做梦一样,就这样睡着了。

 太郎が目を覚ますと、いつの間にか竜宮のお城の前に立っていました。
 等太郎醒来后,不知何时,他们就站在了龙宫的城堡前了。

 お城から竜王が出てきて、太郎におじぎをしました。
 龙王从城堡走出来,向太郎行了行礼。

「太郎さん、先ほどは娘のタイ姫をお助け下さいまして、ありがとうございました。さあどうぞ中へ、宴会の用意がしてあります」
“太郎,刚才谢谢你救了我的女儿,快到里面去吧,我为你准备了宴席。”

 太郎は竜王に案内されて、竜宮城の中に入りました。
 太郎跟着龙王,进了龙宫的城堡。

 中には見たこともないようなごちそうが山のように用意されていて、ヒラメやタコやカメが楽しい踊りを見せてくれました。
 里面摆着像山一样多的见都没见过的好吃的东西,比目鱼,章鱼和乌龟表演着欢乐的舞蹈。

 でも、太郎はそろそろ帰らなければなりません。
 但是,太郎不得不回去了。

 太郎が帰りたいと言うと、竜王が言いました。
 太郎说想回去之后,龙王说:

「もっとゆっくりしていただきたいのですが。それでは何かお礼をいたしましょう。欲しい物は何でも差し上げますよ」
“还想让你好好享受的。那我送你一件礼物吧,想要什么都可以送你”

 そこで太郎は、クラゲに教えられたとおりに言いました。
 于是,太郎按照事前水母告诉他的那样说道:

「はい、わたしは、聞き耳ずきんをいただきたいのです」
“我想要千里耳头巾。”

「・・・聞き耳ずきんですか」
“...千里耳头巾啊”

 竜王さまは、ちょっと困った顔をしました。
 龙王有点为难了。

 聞き耳ずきんは、竜宮にたった一つしかない宝物です。
 因为像千里耳头巾这样的宝物龙宫里只有一件。

「わかりました。太郎さんに、聞き耳ずきんをさしあげましょう」
“我知道了,我会把千里耳头巾送给你的。”

 太郎さんは聞き耳ずきんをもらうと、クラゲに送られて元の海辺に帰ってきました。
 太郎得到千里耳头巾之后,让水母把它送回到原来的海边就回家了。


「さて、クラゲの話しでは聞き耳ずきんを頭にかぶると、鳥でも、草でも、木でも、生きている物の言葉がなんでも聞こえて来るそうだが。・・・よし、あれでためしてみよう」
“话说,根据水母的说法,只要戴上千里耳头巾,不管是鸟,草还是树木,只要是有生命的东西都能听懂它们说什么。....好吧,我来试一下。”

 太郎は聞き耳ずきんをかぶると、近くにいたスズメの話を聞いてみました。
 太郎戴上千里耳头巾后,试着去听附近的麻雀在说什么。

『チュンチュン、ねえ知っている? すぐそばの川底に、1つだけこけの生えた四角い石があるでしょう。あれは実は、金の固まりなのよ』
“啾啾,你知道吗,在附近的河底那里,有一块唯一长着苔藓的四方形的石头,其实啊,那是块黄金。”

 太郎はすぐに川へ入ると、こけの生えた四角い石を探してみました。
 听了之后,太郎马上跑到河里,找长着苔藓的四角形石头。

「この石かな?」
“是这块石头吗?”

 太郎が石に生えたこけを取ってみると、中から金が姿を見せました。
 太郎除掉长在石头上面的苔藓后,就看到了包裹在里面的金块了。

 スズメのいう通り、それは四角い金の固まりだったのです。
 和麻雀说的一样,那是一块四角形的金块。

 太郎はうれしくなって、今度はカラスの話を聞いてみました。
 太郎非常开心,接着又听乌鸦们的对话。

「なあ、殿さまのお姫さまが病気なのを知っているか? かわいそうに、もうすぐ死んでしまうそうだよ」
“那个啊,你知道城主大人的公主生病了吗?好可怜啊,听说快要死了。”

「あの、やさしいお姫さまがか? でも、どうして病気になったんだ?」
“那个心地善良的公主吗,可是她为什么会生病啊?”

「なんでも、お城を建て直すときに、かやぶきのかやと一緒に二匹のヘビをしばりつけたそうだよ。お姫さまの病気は、ヘビののろいなのさ。ヘビを助けてやれば、すぐにお姫さまの病気は治るのに」
“据说是因为重建城堡的时候,把做茅葺的茅草和两条蛇绑在一起了,公主的病是因为蛇的诅咒啊。如果把蛇救出来,公主的病就会好,可是...”

 太郎はすぐに、お城へ行きました。
 太郎马上到城堡去了。

 すると本当にお姫さまが病気で、今にも死にそうだったのです。
 去到之后,发现公主果然病了,现在快要死了的样子。

「お姫さまが病気になった原因を知っています」
“我知道公主生病的原因。”

 太郎は、かやぶきの屋根を指さしました。
 太郎指了指茅葺的屋顶,说道:

「あそこに、かやと間違えられて、二匹のヘビがしばられたままになっています。すぐにヘビを、助けてください。そうすれば、お姫さまの病気は治ります」
“在那里,有两条被误当成茅草的蛇绑在那里,请马上放了那两条蛇,那样的话,公主的病就会好。”

 家来たちがかやにしばられているヘビを見つけて助けると、死にそうだったお姫さまの病気はたちまち治ってしまいました。
 于是,家臣找到两条被茅草绑住的蛇并放了它们,这样做之后,原来还快要死掉的公主的病马上就治好了。

 殿さまは涙を流して喜ぶと、太郎に言いました。
 城主高兴得流下了眼泪,对太郎说:

「よくぞ、姫を助けてくれた! よければ、姫の婿になっていただきたい」
“很好,你救了我女儿,可以的话,我想让你做我女儿的夫婿。”


 こうして太郎はお姫さまの婿になり、やがてこの国の心のやさしい殿さまになりました。
 就这样,太郎成了公主的丈夫,不久,就成了这个国家的心地善良的城主了。

おしまい

前のページへ戻る

     8月15日の豆知識

366日への旅
きょうの記念日
終戦記念日
きょうの誕生花
おくら(okra)
きょうの誕生日・出来事
1995年 小倉 唯 (タレント)
恋の誕生日占い
見た目も性格も可愛い女の子
なぞなぞ小学校
お日さまに足が生えたら、何になる? (漢字なぞなぞ)
あこがれの職業紹介
理化学療法士
恋の魔法とおまじない 228
願いをかなえるおまじない
  8月15日の童話・昔話

福娘童話集
きょうの日本昔話
聞き耳ずきん
きょうの世界昔話
焼けただれた小ヒツジ
きょうの日本民話
杖一本と塩一升
きょうのイソップ童話
お百姓と、その息子を殺したヘビ
きょうの江戸小話
えんがない
きょうの百物語
夜泣きの明かり
福娘のサイト
366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
福娘童話集
世界と日本の童話と昔話
女の子応援サイト -さくら-
誕生日占い、お仕事紹介、おまじない、など
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識