福娘童話集 > きょうの日本昔話 福娘童話集 きょうの日本昔話 童話・昔話・おとぎ話の福娘童話集
 


福娘童話集 > きょうの日本昔話 > 9月の日本昔話 > へっこき嫁さん

9月12日の日本の昔話

へっこきよめさん

へっこき嫁さん

にほんご(日语)  ・ちゅうごくご(中文) ・日语&中文

おりがみをつくろう ( おりがみくらぶ より)
柿の折り紙かき

 むかしむかし、村の息子がお嫁さんをもらいました。
 働き者でかわいいお嫁さんなので、息子もお母さんも大喜びです。
 ところがそのうち、お嫁さんの元気がだんだんなくなってきました。
 心配したお母さんがたずねてみると、お嫁さんははずかしそうに言いました。
「実は、へをがまんしていて、お腹が痛いのです」
「へ? あははははっ。なんだ、そんな事なら遠慮(えんりょ)しないで、さあ、おやりよ」
 するとお嫁さんは、着物をサッとまくって言いました。
「では、いきます」
 ブッホーーーーン!
「ヒャアアアー! 助けてー!」
 なんと、への勢いで、お母さんは吹っ飛ばされてしまいました。
 怒ったお母さんは、息子に言いました。
「こんな嫁は、追い返しておしまい!」
 そこで仕方なく、息子はお嫁さんを実家まで送ることにしました。

 その途中の山道で、カキの実を取っている旅人がいました。
 でもカキの実は高いところにあるので、どうしても手が届きません。
「それなら、わたしにまかせて」
 お嫁さんは着物をまくって、お尻をカキの木に向けると。
「では、いきますよ」
 ブッホーーーーン!
 カキの木はユラユラゆれて、カキの実がたくさん落ちてきました。
 喜んだ旅人は、お礼にたくさんのお金をくれました。
 へでお金がもらえるなんて、息子はびっくりです。
「こんなに役に立つ嫁さんは、返すのがもったいない」
 息子はお嫁さんを連れて、また村に帰りました。
 そして息子は、お嫁さんが遠慮なしにへが出来るところを作ってやりました。
 それが、「へや」の始まりだそうです。

おしまい

前のページへ戻る


     9月12日の豆知識

366日への旅
きょうの記念日
宇宙の日
きょうの誕生花
藍(あい)
きょうの誕生日・出来事
1957年 戸田恵子(声優)
恋の誕生日占い
驚く様な事を思いついて、それを実行する行動派
なぞなぞ小学校
入口は小声なのに、出口では大声になる物は?
あこがれの職業紹介
フラワーデザイナー・コーディネーター
恋の魔法とおまじない 256
声を良くするおまじない
  9月12日の童話・昔話

福娘童話集
きょうの日本昔話
へっこき嫁さん
きょうの世界昔話
王さまのごほうび
きょうの日本民話
地中で三十三年
きょうのイソップ童話
オオカミとライオン
きょうの江戸小話
オオカミの失敗
きょうの百物語
おんぼろ寺のカニ問答(もんどう)
福娘のサイト
366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
福娘童話集
世界と日本の童話と昔話
女の子応援サイト -さくら-
誕生日占い、お仕事紹介、おまじない、など
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識