福娘童話集 > きょうの日本昔話 福娘童話集 きょうの日本昔話 童話・昔話・おとぎ話の福娘童話集
 


福娘童話集 > きょうの日本昔話 > 10月の日本昔話 >こぶ取り

10月2日の日本の昔話

こぶとり

こぶ取り
吉四六(きっちょむ)さん → 吉四六さんについて

♪音声配信(html5)
音声 スタヂオせんむ

 むかしむかし、吉四六さんと言う、とてもゆかいな人がいました。
 その吉四六さんの住む村には、両方のほっぺたに大きなこぶのあるおじいさんが住んでいました。
 そのこぶは、ほうっておいても何の害もないのですが、こぶが気になって仕方のないおじいさんは、そのこぶを治そうとあちこちの医者に診てもらいました。
 しかし、こぶはいっこうに治らず、高い薬代のおかげで家はだんだん貧しくなっていきました。
 それでもおじいさんはあきらめず、江戸(えど→東京都)の名医に診てもらう費用を得る為に、自分の家を売ってしまおうと考えたのです。
 これを知った息子の太郎兵衛は、あわてて吉四六さんに相談しました。
「何とかして、家のじいさまに、こぶの療治をあきらめさせる法はないものだろうか?」
 すると吉四六さんは、にっこり笑って言いました。
「よし、おれに任せろ。明日、おれが行ってこぶを取ってやるからな」

 次の朝、吉四六さんは腰に手オノをさして、手にはざるを持ち、おじいさんの家の前に立って大声をあげました。
「えー、こちらは、こぶ屋です。こぶはありませんか。こぶがあったら高く買いますよー」
 すると思った通り、おじいさんが飛び出してきました。
「こぶを買い取るとは、本当か!」
 すると吉四六さん、とても真面目な顔で言いました。
「はい、わしは昨日山に行って天狗からこぶの注文を受け、こぶ取りの術を教わってきました。おじいさん、あんたのこぶが不用なら、わしに売ってくれませんか。値段は一つ八文だから、両方で十六文だ」
「何と、それはありがたい! こぶを取る為には、家を売ってもかまわないと思っていたところだ。それが十六文で売れるなんて。さあ、早く取ってくれ」
 おじいさんは大喜びで、こぶを売る事にしました。
 吉四六さんはこぶ代の十六文を払うとおじいさんを土間に座らせて、
「ちんんぷいぷい、うんたらかんたら・・・」
と、 適当な呪文を唱えながらこぶをなでていましたが、突然、右手に隠していた手オノを振り上げたのです。
 それを見たおじいさんは、びっくりして叫びました。
「吉四六さん! 何をするつもりだ!?」
「何って、この手オノで、こぶを切り落とすんだ!」
「め、めっそうな! そんな事をしたら、命がなくなってしまう」
「かもしれねえが、別にあんたの命がどうなろうと関係ない。ただわしは、こぶだけを買ったのだから」
「吉四六さん、許してくれ! もうこぶは売らない」
「では、こぶがおしくなったのか?」
「うん、おしくなった!」
 すると吉四六さんは、やっと手オノを下に置いて、
「じゃ、今日は止めておこう。だが、こぶの代金は払ってあるのだから、大事にしまっておいて下さいよ」
 そして吉四六さんは、隣にいた息子の太郎兵衛に言いました。
「太郎兵衛、お前が証人だ。おじいさんがこぶを邪魔だと言ったら知らせてくれ。すぐに取りに来るから」
「うん、わかった。じいさまがちょっとでもこぶを邪魔だと言ったら、すぐに知らせるよ」
 それからおじいさんは、こぶを取る事をあきらめたという事です。

おしまい

前のページへ戻る


     10月 2日の豆知識

366日への旅
きょうの記念日
望遠鏡の日
きょうの誕生花
コリウス(Coleus)
きょうの誕生日・出来事
1978年 浜崎あゆみ(歌手)
恋の誕生日占い
明るくてお茶目
なぞなぞ小学校
山がない県は?
あこがれの職業紹介
リンパセラピスト
恋の魔法とおまじない 276
ライバルに勝つおまじない
  10月 2日の童話・昔話

福娘童話集
きょうの日本昔話
こぶ取り
きょうの世界昔話
妖精の油ツボ
きょうの日本民話
弘法大師の焼き栗
きょうのイソップ童話
旅人とヘルメス
きょうの江戸小話
カツオぶしの絵
きょうの百物語
幽霊の手紙
福娘のサイト
366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
福娘童話集
世界と日本の童話と昔話
女の子応援サイト -さくら-
誕生日占い、お仕事紹介、おまじない、など
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識