昔話の英語《福娘童話集》昔話の英語 Japanese & English昔話の英語《福娘童話集》 童話・昔話・おとぎ話の福娘童話集
 


福娘童話集(Hukumusume fairy tale collection) > 日本昔話(Japanese classical stories) > 10月(October)

切れない紙

切れない紙
paper that can't be cut

彦一(ひこいち)話 → 彦一について(Introduction to Hikoichi)

日本語(Japanese)  ・英語(English)日本語(Japanese)&英語(English)

英訳翻訳者 花田れん

♪音声配信(html5)
音声 ☆横島小次郎☆

 むかしむかし、彦一(ひこいち)と言う、とてもかしこい子どもがいました。
 Once upon a time, there was a very clever child called Hikoichi.


 ある日、彦一と庄屋(しょうや)さんが、茶店の前にさしかかると、
 One day, Hikoichi and the village headman came in front of a tea house, and

「ワハハハハッ。
“Wahahahahahaha.

 ええか、よく聞けよ。
 Yeah, listen to me.

 向こうは十五人で、こっちはわし一人。
 There were 15 people over there and I was the only one.

 向こうも強かったが、わしはもっと強かった。
 They were strong, but I was stronger.

 右に左にバッタバッタときりすて、あっという間にみんなやっつけてしまったわ。
 I cut them off from right to left and left to right, and in the blink of an eye, I got rid of them all.

 ワハハハハハハッ。
 Wahahahahahahahahaha.

 うん? 酒がねえな。
 Hmm? I'm out of liquor.

 おい、ばばあ! 酒だ、酒持ってこい」
 Hey, old lady! Here's a drink, bring me a drink.”

と、ぶしょうひげを生やした身なりの悪い浪人(ろうにん)が、酒をあおりながら得意になってしゃべりまくっています。
 The badly-dressed ronin with a bushy beard chatters on and on while drinking.

 すると、茶店にいた旅人が教えてくれました。
 Then a traveler in a tea shop told us.

「ああやって、みんなをおどかしてはただの酒を飲み歩いている、たちの悪い浪人ですぜ。強そうなので誰も知らん顔しているが、誰かとっちめてくれねえかね」
“He's just the bad ronin who goes around drinking to scare everyone. He looks so strong that no one knows what he's doing, but I'm hoping someone will take him down.”

 確かにみんな怖がって、浪人と目を合わそうともしません。
 It's true that everyone is scared and doesn't even try to make eye contact with the ronin.

「やい、ばばあ! 酒はどうした!
"Hey, old lady! Where's the booze?

 ・・・なにい、お金だと。
 ...What? Money?

 ぶ、ぶれい者め! このおれさまから、金をとろうとぬかすのか。
 Rrrrude ffeellows! You're going to steal money from me?

 おもしれえ、とれるものならとってみろ!」
 Well, if you can get it, take it!”

 浪人は茶店のおばあさんをつきとばすと、勝手に店の酒を飲みはじめました。
 The ronin tossed the old woman inside the tea shop and started drinking the shop's sake.

 たまりかねた庄屋さんが何か言おうとした時、それより早く彦一が浪人の前へ出ました。
 Unable to contain himself, just as the village headman was about to say something, Hikoichi stepped out in front of the ronin earlier.

「もしもし、おさむらいさん」
"Hello, Samurai”

「なんじゃ、お前は。小僧のくせにひっこんでろ!」
“What the hell are you doing? You're a little boy. You Back off!”

「あんたは、本当にさむらいですか?」
“Are you really Samurai?”

「な、なに? ぶ、ぶ、ぶしにむかって! ぶ、ぶ、ぶ、ぶれいなやつ!」
“Wh wh what is it? Iiis is is tha tha that wway tto ttalk to bub bub-shi(samurai)? Yyyou you're sso so bub-bubrei(rude)...”

「そう、『ぶ、ぶ、』言わないでくださいよ。つばが飛んでくるじゃありませんか」
"Yes, don't say “bu, bu”. Your spit is going to fly.”

「こ、こ、こやつ、ますますもって、ぶ、ぶ、ぶ、ぶれいな!」
“Th ththis s one, tthis this one, mmmore aaandd mmore. Yyyou you're sso so bub-bubrei...”

「ほら、また飛んできた。ところで本当に強いんですか? そんな自慢するほど」
''There, it's flying again. By the way, are you really that strong? That much to brag about it.”

「なっ、つ、つ、強いに、決まっているだろう!」
“Wwwhaat iiss iitt? Iii'm sssure Iii'm ssstrong!”

「そんなに強いなら、これが切れますか?」
“If you're so strong, can you cut this?”

 彦一はそう言うと、ふところから一枚の紙を取り出して、浪人の目の前に広げました。
 As Hikoichi said this, he took a sheet of paper from his purse and spread it out in front of the ronin.

 浪人は、ひたいに青すじを立てて怒ります。
 The ronin went purple with rage.

「ば、ば、ばかにするな! た、た、たかが紙きれ、一刀のもとだ。そうじゃ、ついでにお前も、まっぷたつにしてやるぞ。かくごはよいか!」
“Dddon't bbee aaa fffool! Iiittss's jjjust aaaa pppieecee oof ppppaper, and it's all under one strike. Well, I'm going to split you in half as well. Is it good enough?”

 浪人は酒の入った茶わんを放り投げると、ギラリと刀を抜きました。
 The ronin tossed the teapot filled with liquor and flashed his sword.

「わあーっ、抜いたぞ!」
“Wow, he pulled it out!”

 見ていた旅人たちが、さあっと、あとずさりしました。
 The travelers who had been watching stepped back.

「彦一、ここはわしにまかせて、逃げた方がいいぞ」
“Hikoichi, you'd better leave this to me and get away.”

 庄屋さんが言いましたが、しかし彦一は落ち着いたものです。
 The village headman said, but Hikoichi was calm.

「では、こうしましょう。あなたがこの紙を切ったなら、あなたがここで飲み食いしたお金をわたしたちが払います。でももし切れなかったら、自分で払ってくださいよ」
“Let's do it this way. If you cut this paper, we'll pay you for what you ate and drank here. But if you can't, you'll have to pay for it yourself.”

「おう、そりゃおもしれえ」
“Oh, that's fun.”

「ちゃんと、約束してくれますか」
“Can you promise me that?”

「くどい! ぶしに二言はないわ!」
“You are garrulous! A samurai's word is sacred.”

 するとそこへ、ちょうど通りかかった立派な武士が二人に声をかけました。
 Then the respectable samurai who had just passed by called out to them.

「せっしゃが、立合人になってしんぜる。もし約束をたがえたら、せっしゃが相手になってつかわそう。さあ、両人とも用意をいたせ」
 He said, "I'll be a witness to this. If you don't keep your word, I will be your counterpart. Now, get ready, both of you.”

「さあ小僧! 紙をどこへでも置け!」
"Come on, kid! Put the paper down anywhere!”

 浪人はニタニタ笑いながら、刀を高くふり上げました。
 The ronin grinned and swung his sword high.

 すると彦一は、近くの大きな石の上に紙を広げて言いました。
 Then Hikoichi spread a piece of paper on a large stone nearby and said.

「さあ、まっぷたつに、どうぞ」
“Come on, come on.”

「う、・・・」
“Um...”

 浪人は刀をふり上げたまま、目を白黒させました。
 The ronin kept his sword in the air and he rolled his eyes.

「さあさあ、早くじまんの腕前を見せてください」
“Come on, come on, please show me how good you are at this.”

「ううむ・・・」
“Ummm...”

 いくら剣術の名人でも、石の上に広げた紙を切るのは至難の業(しなんのわざ→とても難しいこと)です。
 No matter how good swordsman he is, cutting a piece of paper spread out on a stone is a very difficult task.

「さあ、遠慮せずにどうぞ」
"Come on, don't be shy."

「ううむ・・・」
"Ummm..."

 動かない浪人に、立合人の侍が自分の刀に手をかけて言いました。
 To the motionless ronin, the samurai as the witness put his hand on his sword and said,

「どうした、そこの浪人。約束通り、紙を切ってみよ。なにをグズグズしておるか」
"What's wrong with you, ronin. As promised, cut a piece of paper. What are you waiting for?”

「む、むむむ」
''Mmm, mmm,''

「切れぬか。しからば飲み食いした金を払い、ここを立ちされ。でないと、立会人のせっしゃが相手いたす。覚悟はよいか!」
“You can't cut it. Then you will pay for the food and drink and leave here. If not, I as the witness will be your opponent. Are you ready for this!”

「お、お待ちくだされ。払う、払いますから、ですからどうぞ、ご、ごかんべんを」
“Pppleeasse hhhold ooon. Iii'll pppay yyoouu, ssso pppleeasse ffforggiivve mmmee.”

 さっきまでのからいばりはどこへやら、浪人は大あわてで金を払って逃げてしまいました。
 Where's all that bravado? The ronin pay the money and run away in full flight.

 侍は彦一の方に向き直ると、彦一に言いました。
 The samurai said to Hikoichi as he turned to face him.

「お主、なかなか大した勇気の持ち主だな」
“You've got quite a bit of courage, you know.”

「いえ、それほどでも」
“No, not really.”

「だが、もしあの浪人が紙を切っていたらどうする?」
“But what if that ronin had cut the paper?”

「大丈夫です。いくらがんばっても、あの浪人の酒に酔った腕では紙は切れませんよ。もっともあなたなら酒に酔っていても、見事に紙をまっぷたつにするでしょうが」
“I'm fine. No matter how hard he tried, the drunken arms of a ronin would not be able to cut the paper. I'm sure you'd do a great job of splitting the paper in half, even when you're drunk.”

「なるほど、お主は勇気だけでなく、大した知恵と眼力を持っておる」
“I see, you have not only courage, but also great wisdom and sight.”

 侍をはじめ大勢の見物人は、あらためて彦一に感心しました。
 Many onlookers, including the samurai, were once again impressed by Hikoichi.

おしまい
End

前のページへ戻る
(Click here to return)

    10月10日の豆知識

366日への旅
きょうの記念日
銭湯の日
きょうの誕生花
松茸(まつたけ)
きょうの誕生日・出来事
1975年 森久美子(タレント)
恋の誕生日占い
物事を合理的に考える賢い女の子
なぞなぞ小学校
山に戸がある県は?
あこがれの職業紹介
音楽エンターセラピスト
恋の魔法とおまじない 284
金運アップ
 10月10日の童話・昔話

福娘童話集
きょうの日本昔話
切れない紙
きょうの世界昔話
クマとおばあさんとシャオホン
きょうの日本民話
気のいい山姥
きょうのイソップ童話
鳥刺しとヒバリ
きょうの江戸小話
酔っ払いの落とし物
きょうの百物語
置いてけ掘り
福娘のサイト
366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
福娘童話集
世界と日本の童話と昔話
女の子応援サイト -さくら-
誕生日占い、お仕事紹介、おまじない、など
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識