福娘童話集 > きょうの日本昔話 福娘童話集 きょうの日本昔話 童話・昔話・おとぎ話の福娘童話集
 


福娘童話集 > きょうの日本昔話 > 11月の日本昔話 > たいこもちと三つ目の大入道

11月13日の日本の昔話

たいこもちと三つ目の大入道

たいこもちと三つ目の大入道
東京都の民話 → 東京都の情報

 むかしむかし、江戸でたいこもち(→たいこをたたいたり芸をして、えんかいを盛り上げる仕事)をしている富八(とみはち)が、箱根の温泉に行きました。
「毎日毎晩、お客のごきげんとりでクタクタだ。おれだってたまには、息抜きをしねえとな」

 さて、その帰り道の事です。
「ああー、いいお湯だった」
 富八がきげん良く箱根の坂道を歩いていると、
「おい、待て!」
と、呼び止める声がしました。
「だっ、だれだ?」
 振り向くとそこには、何と三つ目の大入道がいたのです。
 なみの男なら、きもをつぶして逃げ出すところですが、富八は客あしらいのうまさで身をたてているたいこもちです。
 ちょっとやそっとでは、おどろきません。
 とりあえず化け物にだまされないおまじないにと、まゆ毛につばをぬってから言いました。
「よよっ、だれかと思えば、三つ目さんじゃありませんか。
 どうも、お顔が見えねえと思ったら、こんな山の中にひっこんでいたんですかい。
 まったく、やぼというか、物好きというか。
 いやはや、あきれたお方だ」
 三つ目の大入道は、富八の勢いに飲み込まれてたじたじです。
「えっ? そういうお前は、だれだったかなあ?」
「いやですな、たいこもちの富八をおわすれだなんて。
 三つ目さんも、お人が悪い。
 ひところは、ずいぶんとひいきにしてくださったじゃありませんか。
 ねえ、そうでしょう」
 こう言われると、知らないとは言えません。
「そうそう、富八だったな」
 ていさいをつくろって、むりに話を合わせました。
 こうなれば、もう富八のペースです。
(へっへへ。こいつを江戸へ連れ出して見世物小屋へ売り飛ばせば、ひともうけ出来るわい)
 そうたくらんだ富八は、言葉たくみに三つ目の大入道を江戸へさそいました。
「ねえ、ねえ、三つ目さんや。
 こんな山の中で人をおどかしてみたところで、一文にもなりゃしないですよ。
 そんなつまらない暮らしは、もうやめにしてはどうですか?
 一度、花のお江戸へ来てごらんなさいな。
 あんたくらいめずらしいお顔をしていれば、ほうぼうからおよびがかかって、あっちからも小判、こっちからも小判、そっちからも小判と、小判小判のお山が出来ますよ。
 それに幽霊のきれいどころだって、ほうってはおかないよ。
 いや、にくいね、色男。
 金に女に、かー、こりゃあたまらないねえ」
「ほっ、ほんとですかい?」
「この富八、うそとぼうずの頭は、ゆったことがねえのがじまんなんです。
 ささっ、けっして、けっして、悪いようにはいたしませんて。
 人生は誰でも一度きり、だんな、ここが人生の勝負時ですぜ」
 富八の調子の良さに、三つ目の大入道はついつい道をいっしょにしましたが、どう考えても話がうますぎます。
 三つ目の大入道は小田原(おだわら→神奈川)あたりまで来ると富八の話をあやしみだして、立ち止まりました。
「おや、三つ目のだんな。いったい、どうしたんですか?」
 富八が振り返ると、三つ目の大入道は人にだまされないおまじないに、まゆ毛につばをぬっていました。

おしまい

前のページへ戻る


     11月13日の豆知識

366日への旅
きょうの記念日
うるしの日
きょうの誕生花
猿捕茨(さるとりいばら)
きょうの誕生日・出来事
1972年 木村拓哉(歌手)
恋の誕生日占い
想像力が豊かで元気
なぞなぞ小学校
ハムの木って、どんな木?
あこがれの職業紹介
モバイル技術者
恋の魔法とおまじない 318
友達と親友になるおまじない
  11月13日の童話・昔話

福娘童話集
きょうの日本昔話
たいこもちと三つ目の大入道
きょうの世界昔話
千色皮
きょうの日本民話
白ギツネの恩返し
きょうのイソップ童話
カシの木とゼウス
きょうの江戸小話
絵ときの薬袋
きょうの百物語
泣きべそしゃれこうべ
福娘のサイト
366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
福娘童話集
世界と日本の童話と昔話
女の子応援サイト -さくら-
誕生日占い、お仕事紹介、おまじない、など
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識