福娘童話集 > きょうの百物語 福娘童話集 きょうの百物語 童話・昔話・おとぎ話の福娘童話集
 


福娘童話集 > きょうの百物語 > 1月の百物語 > 佐野の舟はし

1月14日の百物語

谷ぞこのわらい声

佐野の舟はし
群馬県の民話群馬県情報

 むかしむかしの平安の頃、上野国群馬郡(かずさくるまのこおり)は佐野(さの)というところに、烏川(からすがわ)をはさんで東に朝日の長者、西に夕日の長者と呼ばれる長者がいました。
 この二人の長者は、とても仲が悪かったそうです。

 さて、朝日の長者には那美(なみ)という娘がいて、夕日の長者には小治郎(こじろう)という息子がいました。
 ある時、二人は烏川のほとりで出会い、そしてお互いに一目ぼれをしました。
 朝日の長者側の佐野の里人と、夕日の長者側の片岡の里人は、間を流れる烏川に舟橋(ふなはし→多くの船をならべて作った橋)をかけて往来しています。
 しかし夜は橋を渡る者はなく、那美と小治郎は時をしめし合わせては、この舟橋の上で会っていたのです。

 ある日の事、息子の不審な行動に気がついた夕日の長者は、恋の相手が向こう岸の長者の娘であると知ると、小治郎を一歩も外に出られない様にしてしまいました。
 閉じ込められた小治郎は、父親に言いました。
「両家の仲たがいの、元々財力の競合い。
 里人たちは、そんな両家を笑っております。
 わたしと那美どのが結ばれれば、両家のしこりも解けるではありませんか」
「ええい、生意気を言うな!」
 夕日の長者は、小治郎を外に出そうとはしませんでした。
 一方、那美はいつもの時間になると屋敷を抜け出して、小治郎がやって来るのを待ちました。
 しかし小治郎は、やって来ません。
「小治郎さま、一目でもお逢いしたい」
 那美は小治郎の家に行こうと、橋を渡り始めました。
 そして川の中程に、さしかかった時の事です。
「あっ!」
 那美は小さな悲鳴とともに、烏川に飲み込まれてしまいました。
 舟橋の橋板が何者かによって、はずされていたのです。

 その頃、小治郎がまんじりともせず那美の事を思っていると、風もないのに灯りがふっと消え、一瞬悲鳴を聞いた様な気がしました。
「那美どの!」
 妙な胸さわぎとともに、小治郎は戸を蹴破って舟橋に駆けつけました。
 するとはずれた橋板の上に、那美のぞうりが片方残っていました。
 これを見て、全てをさとった小治郎は、
「那美どの。死の国への旅を、一人で行かせる様な事はしません」
と、烏川に身を投じて、那美のあとを追ったのでした。

 さて、この心中の後、舟橋には夜な夜な男女の幽霊が出没するようになり、誰一人舟橋を渡る者がなくなってしまいました。
 その後、旅の僧がこの二人の為に観音像(かんのんぞう)を刻んで供養を行ってからは、幽霊が出る事はなくなり、舟橋は元のにぎわいをみせました。
 しかし、那美と小治郎の悲恋(ひれん)は都の歌人の心を引きつけ、今でもこんな歌が残されています。

♪かみつけの、佐野の舟橋とりはなち
♪親はさくれど、吾(あ)はさかるがへ

おしまい

前のページへ戻る


     1月14日の豆知識

366日への旅
きょうの記念日
タロ、ジロの日
きょうの誕生花
シンビジューム(Cymbidium)
きょうの誕生日・出来事
1983年 上原多香子(歌手)
恋の誕生日占い
礼儀正しく、気品のある
なぞなぞ小学校
とかしても、とかしても、なくならない物は?
あこがれの職業紹介
料理研究家
恋の魔法とおまじない 014
好きな人に偶然出会えるおまじない
  1月14日の童話・昔話

福娘童話集
きょうの日本昔話
左甚五郎(ひだりじんごろう)の竜
きょうの世界昔話
ウサギのお嫁さん
きょうの日本民話
桃の汁
きょうのイソップ童話
逃げたカラス
きょうの江戸小話
貧乏神
きょうの百物語
佐野の舟はし
福娘のサイト
366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
福娘童話集
世界と日本の童話と昔話
女の子応援サイト -さくら-
誕生日占い、お仕事紹介、おまじない、など
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識