昔話の英語《福娘童話集》昔話の英語 Japanese & English昔話の英語《福娘童話集》 童話・昔話・おとぎ話の福娘童話集
 


ふくむすめどうわしゅう(福娘童話集) >ひゃくものがたり(百物語) >四月

4月7日の百物語

白ヘビのたたり

白ヘビのたたり
白蛇的惩戒

翻訳者 広東省恵州学院  張文燕

にほんご(日语)  ・ちゅうごくご(中文) ・日语&中文

 むかしむかし、ある小さな里に、長さが一メートルほどの白いヘビが二匹一緒に出て来ました。
 很久很久以前,在一个小村庄里同时出现了两条一米长的白蛇。

 二匹の白いヘビはおとなしく、人に悪さをする様な事はありません。
 这两条白蛇很温顺,不会做伤害人的事。

 二匹は、いつも仲良く一緒でした。
 它们关系很好总是在一起。

「このヘビたちは、とても仲が良い」
“这两条蛇关系非常好”

「白ヘビは、神さまの使いだというぞ。
“听说白蛇是神的使者。

 それが一度に、二匹も現れたんじゃ。
 一旦两条蛇出现,

 この里に、何か良い事があるかもしれんな」
 这个村庄也许会发生什么好事”

 里の人たちは、白ヘビたちをほほえましく見守っていました。
 村里的人都微笑地凝视着两条白蛇。

 ところがこの里には、八郎次(はちろうじ)というならず者がいました。
 然而这个村里有一个叫八郎次的流氓,

 自分には何も怖い物はないと、いつも強がりを言っています。
 经常逞强说自己不怕任何东西。

 八郎次は白ヘビの話を耳にすると、みんなの見ている前で二匹の白ヘビを叩き殺してしまったのです。
 八郎次听到关于白蛇的传闻后,就在大家的面前鞭打、杀了它们。

「ヘビが、何をしたというんじゃ! 何もせんのに、殺す事はなかろう!」
 一个农民抱怨说:“这两条蛇什么也没做啊!它们没做错什么事,为什么要杀它们!”

 お百姓(ひゃくしょう)の一人が文句を言うと、八郎次は死んだ白ヘビにつばを吐きかけて言いました。
 八郎次听到后就朝白蛇吐口水,然后说:

「ふん!
 殺すのは、おれの勝手だろう。
“哼,杀不杀它们是我的自由。

 第一、目玉の赤い白ヘビなど、気持ち悪くてしょうがねえ」
 首先,它红色的眼珠让我感觉很不舒服,没办法。”

「白ヘビはな、神さまの使いだぞ。たたりがあったら、どうする!」
“白蛇啊,是神的使者。要是遭到报应的话,怎么办!”

「何がたたりじゃ。そんな物、ちっとも怖くない」
“什么报应啊,那些事情一点也不可怕。”

 八郎次は、そのまま家に帰って行きました。
 八郎次就那么回家了。


 その夜の事です。
 那个晚上,

 八郎次の顔が、まるで皮をむいたトウガン(→ウリの一種)の様に、まっ白にふくれあがってしまったのです。
 八郎次的脸就像完全剥了皮的冬瓜一样,变得纯白而且鼓了起来。

 顔ばかりではありません。
 不只是脸,

 手も足も、体中が白くふくれあがり、全身に激しい痛みが襲ったのです。
 他的手、脚、整个身体都变白、鼓了起来,刺痛袭向全身。

 耐え切れなくなった八郎次は、家から飛び出すと、
 忍不住痛的八郎次跑出了家门,喊道:

「痛え! 痛えよう! 助けてくれー!」
“好痛!好痛啊!救命啊!”

と、叫びながら、里中を走り回りました。
 一边喊一边在村里跑来跑去。

 そして三日三晩苦しみ抜いて、やぶの中で死んだそうです。
 然后,听说他在忍受了三天三夜的痛苦以后就在草丛里死掉了。

おしまい
结束

前のページへ戻る

     4月 7日の豆知識

366日への旅
きょうの記念日
世界保健デー
きょうの誕生花
ディモルフォセカ(Dimorphotheca)
きょうの誕生日・出来事
1984年 Hiro(島袋寛子) (歌手)
恋の誕生日占い
まじめで正直で責任感が強い
なぞなぞ小学校
イカが逆立ちすると、何になる?
あこがれの職業紹介
ケーキ販売員
恋の魔法とおまじない 098
ライバルから好きな人を勝ち取るおまじない
  4月 7日の童話・昔話

福娘童話集
きょうの日本昔話
ニワトリのおなら
きょうの世界昔話
クモにされた女の子
きょうの日本民話
負けず嫌いのアマガエル
きょうのイソップ童話
ラクダとゼウス
きょうの江戸小話
あごとかかと
きょうの百物語
白ヘビのたたり
福娘のサイト
366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
福娘童話集
世界と日本の童話と昔話
女の子応援サイト -さくら-
誕生日占い、お仕事紹介、おまじない、など
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識