福娘童話集 > きょうの百物語 福娘童話集 きょうの百物語 童話・昔話・おとぎ話の福娘童話集
 


福娘童話集 > きょうの百物語 > 9月の百物語 > 瓜生島(うりうじま)

9月4日の百物語

海にしずんだ島

瓜生島(うりうじま)
大分県の民話大分県情報

 むかしむかし、大分県の別府湾には瓜生島(うりうじま)という島がありました。
 瓜生島にはいくつかの村があって五千人ほどが暮らしており、豊漁(ほうりょう)をもたらしてくれる恵比寿(えびす)さまがまつられていました。
 そして瓜生島には古くから、こんな言い伝えがあります。
《恵比寿さまの像(ぞう)が赤くなると、島が沈む》

 ある日、この言い伝えを知った誰かが言い伝えを試してみようと、恵比寿さまの顔にベンガラ(→酸化鉄の塗料)という赤い顔料を塗ったのです。
 するとその夜、島全体がぐらぐらと大きくゆれ動き、たった一夜のうちに島の人もろとも島は海に沈んでしまったのです。
 それは、1596年9月4日(文禄5年7月12日)だと言われています。

 さて、瓜生島が沈んだ近くに久光島(ひさみつじま)という島があり、この久光島にも瓜生島と同じ様に、
地蔵(じぞう)さんの顔が赤くなると、島が沈む》
と、古くからの言い伝えがありました。
 瓜生島が海に沈むのを見た、久光島の人たちは、
「瓜生島に伝わる言い伝えは、本当だった。
 それにしても言い伝えを試してみるとは、バカな事をしたものだ」
と、自分たちの島も一緒に沈まなかった事に、胸をなでおろしていました。

 ところが、それから二年後の事です。
 地蔵さんへのお参りに来た島の人が、地蔵さんの顔が赤く塗られているのを見つけて大騒ぎになりました。
「誰が、あんな馬鹿な事をしたんじゃ! 瓜生島の時は、本当に島が沈んでしまったというのに!」
「とにかく、今のうちに逃げ出そう」
 そう言って、一部の人が久光島から逃げ出しました。
 しかし多くの人は、
「臆病者め。そんな事で、島が沈むはずがないわ」
と、島から逃げ出す人たちを見て笑っていました。

 しかしその日のうちに鶴見岳(つるみだけ)が大噴火(だいふんか)をして大津波(おおつなみ)が発生し、久光島は大津波に飲み込まれて瓜生島と同じ様に海に沈んでしまったのです。

おしまい

前のページへ戻る


     9月 4日の豆知識

366日への旅
きょうの記念日
くしの日
きょうの誕生花
モントブレチア(Montbretia)
きょうの誕生日・出来事
1980年 島谷 ひとみ (歌手)
恋の誕生日占い
おしゃれ好きで頼れるお姉さん
なぞなぞ小学校
革が化けると何になる? (漢字なぞなぞ)
あこがれの職業紹介
スポーツ審判員
恋の魔法とおまじない 248
勝負に勝つおまじない
  9月 4日の童話・昔話

福娘童話集
きょうの日本昔話
木仏長者
きょうの世界昔話
とまらないくしゃみ
きょうの日本民話
まま母と地蔵さま
きょうのイソップ童話
ラバ
きょうの江戸小話
生まれかわる
きょうの百物語
瓜生島(うりうじま)
福娘のサイト
366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
福娘童話集
世界と日本の童話と昔話
女の子応援サイト -さくら-
誕生日占い、お仕事紹介、おまじない、など
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識