福娘童話集 > きょうの百物語 福娘童話集 きょうの百物語 童話・昔話・おとぎ話の福娘童話集
 


福娘童話集 > きょうの百物語 > 10月の百物語 > 死がいをとるもうりょう

10月9日の百物語

死がいをとるもうりょう

死骸を取る魍魎(もうりょう)
東京都の民話東京都の情報

 むかしむかし、江戸(えど→東京都)の(さむらい)が仕事でよその国へ行く時、一人の男を召使いとしてやといました。
 その男が実によく気のつく男で、どんな用事を言いつけても、てきぱきと片付けてくれるのです。
 侍はこの男が気に入って、いつか正式な家来にしたいと思っていました。

 旅の途中で、美濃の国(みのうのくに→岐阜県)のある宿に泊まった時の事です。
 真夜中頃に、召使いの男が眠っている侍の枕元にやって来て言いました。
「旦那さま、旦那さま」
「うん、どうした?」
「まことに申しわけありませんが、もう仕事が出来なくなりました。旅の途中ではありますが、このままおいとましたいと思います」
「なんだと!」
 侍はあわてて飛び起きると、男につめよりました。
「なぜだ? 何か気に入らない事でもあったのか? もしそうなら」
「いいえ、そんな事はありません。
 実はわたしは人間でなく、魍魎(もうりょう)と呼ばれるものです。
  わたしたちはなくなったばかりの人の死骸(しがい)を取ってくる事になっていて、わたしにも順番が回ってきました。
 この宿から一里(いちり→約4キロメートル)ほど行ったところにある、お百姓(ひゃくしょう)さんの母親がなくなり、その死骸を取る事になったのです」
 侍は驚いて男の顔を見ましたが、どう見ても人間で、妖怪とは思えません。
「魍魎なら黙って姿を消せばいいものを、なんだってわざわざ断るのだ?」
「はい、そうしようかとも思ったのですが、旦那さまによくしていただいたので、黙って立ち去るのもどうかと考え、正直に事情を申し上げました。では、失礼します」
 男はそう言うと、なごりおしそうに部屋を出て行きました。

 翌朝、侍が起きてみると、どこへ消えたのか男の姿はありません。
(ゆうべの出来事は夢でなく、やはり本当の事であったか)
 そこで宿の人に訳を話して、一里ほど行ったところにある村の様子を調べてもらいました。

 夕方になると、様子を見に行っていた宿の人が戻って来て言いました。
「おっしゃる通り、村は大変な騒ぎでした。
 今日、その母親の葬式(そうしき)をしたところ、野辺送り(のべおくり→死者をお墓まで送っていく事)の途中で急に黒雲が立ちのぼって空をおおい、気がついたら棺桶(かんおけ)の中の死骸がなくなっていたそうです」
「・・・そうか。いや、ご苦労だった」
 侍は仕方なく、一人で旅を続けました。

おしまい

前のページへ戻る


     10月 9日の豆知識

366日への旅
きょうの記念日
塾の日
きょうの誕生花
杜鵑草(ほととぎす)
きょうの誕生日・出来事
1973年 夏川りみ(歌手)
恋の誕生日占い
想像力豊かな芸術家で、文章や絵の才能があります
なぞなぞ小学校
逆さまにすると、名前が「蚊」になる県は?
あこがれの職業紹介
ストーンセラピスト
恋の魔法とおまじない 283
焼きもちを鎮める
  10月 9日の童話・昔話

福娘童話集
きょうの日本昔話
六つの「子」の字
きょうの世界昔話
海の落ちたピアノ
きょうの日本民話
殿さまとタイの塩焼き
きょうのイソップ童話
難船した男
きょうの江戸小話
物忘れの名人たち
きょうの百物語
死がいを取るもうりょう
福娘のサイト
366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
福娘童話集
世界と日本の童話と昔話
女の子応援サイト -さくら-
誕生日占い、お仕事紹介、おまじない、など
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識