福娘童話集 > きょうの百物語 福娘童話集 きょうの百物語 童話・昔話・おとぎ話の福娘童話集
 


福娘童話集 > きょうの百物語 > 10月の百物語 > 天狗の間の幽霊

10月31日の百物語

新しい殿さまのとんち

天狗の間の幽霊
島根県の民話島根県情報

 むかしむかし、松江城(まつえじょう)の新しい殿さまが、お城の天守閣(てんしゅかく)の「天狗(テング)の間」でくつろいでいると、十二単衣(じゅうにひとえ)をまとって、まっ赤な袴(はかま)をはいた美しい女の人が壁の中から現れました。
 そして美しい女の人は、びっくりしている殿さまに言いました。
「この城は、わらわの城なり。すぐに出て行くように」
 相手がただ者でない事を感じた殿さまは、少し考えて答えました。
「このしろが、欲しいのか? 欲しければ、くれてやろう。しばらくここで待っておれ」

 殿さまは天狗の間から出ると、漁師たちにコノシロという魚を持ってこさせました。
 そして天守閣の天狗の間に運ばせようとしたのですが、怖がって誰も運ぶ者がいません。
「仕方ない、わたしが行くとするか」
 殿さまが自分で持って行こうとすると、久弥(きゅうや)という小姓(こしょう→殿さまにつかえる少年)が申し出ました。
「わたしが、お持ちいたしましょう」

 久弥は三方(さんぼう→神仏または貴人に供物を奉り、または儀式で物をのせる台)にコノシロを乗せると、いくつも階段を登って天守閣の天狗の間まで運んで行きました。
 誰もいない天狗の間に入った久弥が、うやうやしく三方を差し出すと、奥の壁から十二単衣の美女が現れました。
 美女は三方の上に乗っている魚を見て、不思議そうな顔をしています。
「・・・これは?」
 美女の言葉に、久弥が答えました。
「これは、『コノシロ』と言う魚です。さあ、お約束の品を、どうかお受け取り下さい」
「・・・・・・」
「さあ。どうか、お受け取り下さい」
 久弥にせかされて、美女はしぶしぶと三方を受け取りました。
 殿さまは『この城』を『コノシロ』という魚にかけて、美女をだましたのです。

 次の日の朝、小姓の久弥が運んだコノシロと三方が、お城の本丸(ほんまる→お城の中心部)の下で発見されました。
 美女はそれ以後、二度とお城に姿を現しませんでした。

 この美女は城を築いた時に間違えて城の下へ埋められた、前の城主の娘の幽霊(ゆうれい)だと言われています。

おしまい

前のページへ戻る


    10月31日の豆知識

366日への旅
きょうの記念日
ハロウィン
きょうの誕生花
真弓(まゆみ)
きょうの誕生日・出来事
1981年 中村 勘九郎 (俳優)
恋の誕生日占い
上品で控えめな、ニコニコ笑顔を絶やさない女の子
なぞなぞ小学校
小学校の中にある食べ物は?
あこがれの職業紹介
酒造家
恋の魔法とおまじない 305
遅刻をしないおまじない
 10月31日の童話・昔話

福娘童話集
きょうの日本昔話
祭りに参加したキツネ
きょうの世界昔話
幸せの王子
きょうの日本民話
あぐりこキツネ
きょうのイソップ童話
ライオンとワシ
きょうの江戸小話
痛み止め
きょうの百物語
天狗の間の幽霊
福娘のサイト
366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
福娘童話集
世界と日本の童話と昔話
女の子応援サイト -さくら-
誕生日占い、お仕事紹介、おまじない、など
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識